TVを通した虚実の対話

kaochan170713
FUJIFILM X-Pro2 XF56mmF1.2 R 2017.07

『やすらぎの郷』は、大抵見逃し用のオンデマンド・サイトで視聴する。これほどマメに日本のドラマを観るのは、倉本作品に愛着を持っていたからで、この番組が終わったらまた海外ドラマしか観ないんじゃないかな。
海外ドラマ贔屓なのは、一種の外人コンプレックスからなのかなぁ、と思ったりもするが、欧米って若い人も演技が巧いんだよね。日本はなんだか事務所推しのイメージが強くて。セリフ覚える以外は鏡ばかり覗き込んでご自分にウットリしてそうな。
『やすらぎの郷』の中で、ニューヨーク帰りの冨士眞奈美が「日本の役者は勉強不熱心、デ・ニーロやホフマンはスターになってもレッスンを受けてる」と言うセリフがあり、頷いてしまった。

音楽もきっとそうで、最近、断片的にかつてバンドで関わった友達の商売について触れたが、何が引っ掛かるかって、ライヴをやるのは本人の勝手だが、誰にも師事せず、我流でギター・ヴォーカルやってるアマが、初心者相手に金取って教えているのがどうも許せないのだ。その技量で? その知識で? 学びの第一歩って肝心じゃないか?と。

先週の『やすらぎ』は主題歌担当のみゆきの既存の代表曲「時代」「ファイト!」も劇中挿入され、まさに"みゆき推し"だった。過去の倉本作品でも彼女の既発曲が効果的に使われる場面があったから、今回は特に(先生、やりたいようにやってるな)という感だった。
しかし、他人のツイートなどによれば、"葬式場面で「ファイト!」は合わない"などという意見もちらほら見かけた。

この場面、裏方スタッフ夫婦の合同葬で、夫婦の愛唱歌だった「時代」の他、「ファイト!」は、とあるドラマ制作に起用されたのが夫婦の知るきっかけだったという設定だから、80歳代でみゆきの曲を知ってるわけなのだ。この「ファイト!」が、あえて葬儀の場において合唱シーンになったのは、恐らく夫婦のうち妻が先立つシーンにおいて、夫が師弟スタッフを集めて瞬くプラネタリウムの装置で見送るという、一般の老夫婦にはあり得ないドリーミーな着想と同様で、「ファイト!」もまた、この業界人のための応援歌だったのだ。だから視聴者が似合わないイメージを持つのもある意味、無理はない。この夫婦と、取り巻く人々にしか解らない空気というものを描いているのだから。

「ファイト!」の詞は作者であるみゆき本人の具体的な解釈提示はなかったように記憶しているが、オールナイトニッポンのDJを務める彼女に寄せられた葉書に基づいたフィクションであるというのが通説だ。いわば放送業界という特殊な舞台装置を通して、視聴者に通底する普遍性への訴えを、倉本先生はこの歌の背景を理解した上で、意図的に起用したのでは無いかと思うのだ。

懐深いアレンジ・ヴォーカル・録音

bridge170627
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF2 R WR 2017.06

フェデラー強いなぁ。マレー敗退、ジョコビッチは棄権、また優勝のチャンスが巡ってきそう。ほんとに大変な厳しい世界。
ウィンブルドンを消音して観ながら、イリアーヌ・イリアスのアルバム『メイド・イン・ブラジル』(2015)を試聴。



ジョビン作「Esse Seu Olhar」を歌うシンガーを探している間、出会った本作。とても耳当たりよい最高の出来栄えですね。彼女のブラジリアン・アルバムは旧作なら試聴していた筈だったが、この新作は特にアレンジ・録音の細やかさに惹かれる。ヘッドフォンで聴くと、めちゃ気持ちいい。やはりアビーロード録音は違いが出るんですかねぇ。

またしてもジャズ畑のアーティストが歌うボッサ・ノーヴァに魅了されたわけだが、イリアーヌのヴォイスは落ち着いたトーンで、なんというか、音楽をわかってるよな、という感じがシンギングから伝わる。そりゃプロならみんなわかってるんだろうけど。
特に個人的に閉店ライヴバーとの付き合いの件があって、自分の出してる音をろくに聴いていない演奏を聴かされるのに嫌気がさしたものだから、ぶっきらぼうな発音で大声出さない、こうしたハーモニーをしっかり聴いて歌っているヴォーカルに尚更傾倒する。いうか、それ、当たり前のことだよね。
ゲストの男性ハーモニー・グループも絶妙。ボッサ・ノーヴァはやはり'60年代録音でないと、という料簡狭い拘りを覆してくれた。

https://youtu.be/O2-E7Y7BkuY?list=RD-1hgRohZYE0

The Answer

hasu170709
Panasonic DMC-G8 LUMIX G VARIO PZ 45-175mm F4.0-5.6 2017.07

開花情報のチェック目的で、植物園のツイートをチェックすると、ハスの花の撮影中、レンズキャップを池ポチャする人が多いから気を付けて下さい、って。そうそう、いったん引き揚げてあらためてレンズ交換すれば良いのに、せっかく場所取りしたから、柵の前で交換しようとして、キャップを落としそうになるんだよね。



先日のステイシー・ケントを試聴してから、あらためて彼女とマルコス・ヴァーリのデュオ・ライヴ・アルバムを再度試聴してみた。最初に聴いた段階では、マルコス・ヴァーリの初期アルバムしか知らない頃で、近年どんな演奏なの?という興味からだった。
ニューヨーク、バードランドでの本録音、先週のステイシーの記事に載せた参考動画のとおり、アレンジとバンドが実に素敵ですね。選曲は、マルコスが'60年代に奥様とデュオしたアルバムから幾つかあり、ステイシーとマルコスのデュオがここで聴ける。ステイシーのヴォーカルは、まだぼくは今のところ必ずしも彼女のヴォーカルでなくてはというほど魅力は感じていないが、完璧なライヴ歌唱ですね。
特に管ソロもたっぷり味わえて、オリジナル当時よりオーセンティックなアレンジのように身近に感じられる楽しさがあります。

X-Pro2活用本

  • 2017/07/10 19:37
  • Category:
container170709
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF2 R WR 2017.07

引き続き、さきしまコスモタワー展望台からの夜景。あまり撮りどころがない方面で地味ですが、コンテナ写すのが何故か好きです。暗い海も合わせて撮りたかったのでこの構図に。先にFlickrにアップしたところ、宇宙船が浮かんだような構図だとコメントもらえて嬉しかった。
▼拡大版
https://www.flickr.com/photos/145506829@N04/35000546003/sizes/l

今回の夜景撮りでは、パナよりフジのほうが趣向に合っていた気がする。パナは色々遊べて楽しい写りだが、フジはもっと大人っぽい締まった描写になる。
しかし、今回初使用したデルキンのカメラ台座、ピンぼけもそこそこ量産してしまったのは、ぼくがしっかり固定しなかったからなのか、あるいは展望台のガラス窓が振動していたからなのか。少なくとも吸盤が外れたり、カメラごと落下するなどトラブルは無く、しっかり撮れることは撮れるので、もう少し確率を上げるよう慣れないといけませんね。



パナのG8同様に、フジのX-Pro2の実践本を入手。立木氏をはじめ、プロのサンプルと、カラー満載の操作説明。特にフィルム・シミュレーションの比較サンプルが充実して分かり易い掲載になってる。実機の設定モードとにらめっこしていても、イメージ湧かない使い始めの段階では、助けになるガイドブックです。ハイライトトーン、シャドウトーンなど応用セッティングの実写サンプルもあり。

トミックの「飽きた」

bluegreen170707
Panasonic DMC-G8 LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 2017.07

昨日は晴れ間が出ていたので、かねてからうすうす計画していた南港のさきしまコスモタワー展望台からの夜景撮影に臨んだ。ほんとは錦織選手の試合放送があり、彼を30位以内の頃からほぼ欠かさずライヴで観ているのだが、この日は撮影への欲求が高まった。

ここの展望台へは10数年ぶりか。初回だった前回は昼間昇った。子供の頃はジェットコースターが大好きだったのに、すっかり高所は苦手で、前方を真っすぐ見渡すくらいならまぁまぁ耐えるが、俯いた時、足元がスケルトンだと怖い。
今回、三脚代わりに吸盤型の窓ガラスに直に取り付けるカメラスタンドを携行。リュックに入る物で、来場者の中でこれ使っているのは自分だけで、皆さんやはり三脚だった。

斜めに見下ろすように張り巡らされたガラスに腰が引けつつも、この吸盤スタンドを取り付け、例の工場撮りと同じ方法で撮影をあれこれ試す。この日、花火の催し物が近辺であり、偶然、花火夜景の撮影もついでに行えた。展望の客が多めだったのは、花火目当てだったのだね。

閉館直前まで粘ったが、撮影枚数自体はノイズ除去自動処理の時間もかかるので、限られた。足を踏ん張りっぱなしだったらしい、帰りは足が痺れっぱなし。帰宅後、錦織選手の試合をオンデマンドで観るつもりだったが、負けを知ると後回しにした。
バウティスタもベテラン域の粘り強い選手だが、その彼に負けを喫したのは初めてではないか。既にいろいろネットに書かれているが、アスリートのフィジカルの件は、一般視聴者が遠巻きに幾ら語っても意味が無い。

しかし、先日、WOWOWで2014年のあの全米の快進撃の試合の再放送があり、なんとなく観返したのだが、あの頃イキイキしてるんだよね。プレイが楽しくて仕方ない感じ。以降、他のトップ達から警戒され攻略され、さらにそれを上回る能力を要求され、応えきれるかどうかが試される苦しい時期に今は当たるのだろう。
トミックが「モチベーションが下がった、テニスに飽きた」という発言をしたことも番組で話題になっていた。どの道も一つ成し得るまでの大変さを物語っていると思うが、プロがいったんそうした発言をすると、その波及がさらに自身を盛り返し辛くさせることになりはしないだろうか。まぁコーチを始め彼を支えるチームがいるわけで、これも無用の心配か。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示