シンフォニック・コンサートDVD入手

keshi170314

一連の企画モノのアイテム購入を見送り、久々に手に入れた大貫さんのシンフォニック・コンサートのDVD。まずはCDから鑑賞しました。



音の処理は良いと思う。一通り聴いた時点では、あまり気持ちが躍らなかった。昨年のビルボードでのツインドラム編成すら過剰編成と感じたぼくですが、彼女と弦楽器の相性は良いから本作は楽しみにしてた。でも、弦カルの長期活動のイメージからは、飛躍的な大編成規模なので、従来のスタイルを崩さない、クールとさえ感じるほど淡々としたヴォーカルは、けして大人数を牽引しながらリズムをグイグイ引っ張るタイプではないだけに、曲の山が伝わりづらい。
ただ、ぼくの場合、オリジナル音源に囚われやすいので、逆にこの作品で彼女の音楽に初めて触れる人にとって、理解の入り口となり得るのだろう。ところどころ装飾過多に感じるものの、オリジナル自体がオーケストラだった「Tema Purissima」には違和感を感じなかったから、やはり編曲に対する慣れ次第なのか。

ミックスは当然ながら大貫さんのヴォーカル中心となっているため、オケのダイナミズムはかなり抑制されている。このへんは、当日、ナマで鑑賞した方々の比較感想を伺いたいところ。ライヴではもう少しオケが前面に出てたのじゃないでしょうか? 「ピーターラビット・・・」など聴くと、ラヴェルの『マ・メール・ロワ』の10人程度の小オーケストラ編成のほうが、もっと力の抜けたメルヘンチックな雰囲気が出るように感じた。

あくまで企画コンサートですからね。あらたな編曲で聴くと、お一人で実に様々なタイプの楽曲作りに取り組んでこられたのを再認識する。
先日、久々に『LUCY』を聴くと、やっぱり今のほうが歌が上手いと思った。大貫さんのハーモニーをじっくり聴きながらアジャストしていく歌い方は、それまでエモーショナルな歌い手ばかり聴いてきたぼくには新鮮で、織物のような味わい方もあるのだと、自分の大雑把な聴き方に気づかされる思いだった。

'70年代AORコンピ

hamadera170311

チン電(路面電車)の終着駅、浜寺を久々に訪れた。化学工場の夜景を撮影するつもりだったが、水路沿いはまだ寒く、夕刻に引き揚げた。もうちょっと暖かくならないとねぇ。グリップを持つ手が冷たくなる。
ところでアンタ、花粉症の筈だけど、あちこち出掛けて大丈夫なの? はい、カメラを持ったら俄然フットワーク軽くなりました。



先日、ヴァレリー・カーターが亡くなったと知り、ジャケの印象は持ってるが、どんな音楽をやる人か知らぬままだったので、Spotifyで試聴しつつ、彼女を含むこの'70年代コンピレーションに辿りついた。
なかなか縁の無かったAOR、学生だった'80年代、'70年代ロック&ポップスを人並みに平らに聴こうとしつつ、民族音楽の土臭さと暖かさに強く惹かれていた。

ボズ・スキャッグスは『シルク・ディグリーズ』が好きで、高校時代「ハーバーライツ」とかリピートしてましたね。今も現役だが、やはりこのころのほうが、自在に歌えてますね。
聞き覚えのある曲、これTOTOだったんだ。ジョージ・マイケルのヴォーカルかと思った。J.D.サウザーのトラックは輝かしいドゥワップ時代の再現のよう。商業ベースに乗りつつ、どのアーティストも心から楽しんでプレイしているように聴こえる。
他にネッド・ドヒニー、カーラ・ボノフ、ケニー・ロギンス、ホール・アンド・オーツなど。コンピレーションは好き嫌いが極端に分かれてしまうので買うのはいつも躊躇うが、このアイテムは違和感が無かった。

正統派カルロス

mitumata170308

今、大阪の私学の件が取り沙汰されているが、関係者の物言いが揃ってベッタベタ過ぎて、大阪から一歩も出た事ないんか?と思ってしまう。



カルロス・ヌニェスで、手元にある盤は例のブラジリアン・アルバム『Alborada Do Brasil』だけなので、ケルト寄りのアルバムもSpotifyで聴いてみた。こちらは『Inter-celtic』(2014)。
ブラジル盤のピシンギーニャの曲の比較でもわかる通り、彼は卓越したフレージングを持つ。さすがの優等生。彼の盤にハズレは無いでしょう。
本作は、Spotifyでは16曲中、8曲のみリスニング可能。これはアーティスト側の意向か。半分だけの選曲でも充分楽しめるので、アルバム全曲聴きたい人は別途CDを買うような動線を敷き直しても良いのでは?とも思う。一枚ずつ買わないと音楽の有り難味は染みてこないもの。アルバム半分試聴できれば、それだけ他の試聴にも時間が割けるしね。

▼収録曲のライヴ

ピシンギーニャのトリビュート・アルバム

sasanqua170309

このタイミングでミラーレス・カメラに手を出して良かったんじゃないか、と。ここ10年間でマイクロ・フォーサーズのレンズは徐々にラインナップを増やしてきて、ユーザーの要望を取り入れながら選択肢もまずまずある。畳ほどのサイズにプリントするわけでも無いなら充分だ。でも、やっぱりメーカーによって、描写の魅力が異なるんだよね。メイン機とサブ機を使い分ける人がいるのも納得。



こちらも"Pixinguinha"で検索してみつけた録音集。ジャケの雰囲気からイケそうと試聴始めたら、これまたドンピシャ! 楽しい。
Ze da VelhaとSilverio Pontesの金管デュオ(トロンボーンとトランペットの組み合わせか)をメインとするショーロ。
フルート・ソロもいいが、金管になると骨太さが増し、ジャズっぽさを醸し出す。音色と曲調、さらにアレンジのヴァリエーションも豊かに、2拍子を自在にこなす。
これは一回通して聴いただけで大満足。CDで欲しいが、ブラジル盤は入手困難だね。だんだんストリーミングに割り切ってシフトするしかなくなっていくような。

▼このデュオによるライヴ動画がありました(約50分)

ピシンギーニャのトリビュート・ライヴ

mingo170228

出来るだけ檻が写り込まないように動物に焦点を当て撮影を試みる。フラミンゴのエリアは細い網の仕切りだったので、距離をとれば撮り易かったが、その代わり背景が二線ボケみたいになってしまう。



引き続き、他のピシンギーニャの盤を聴き続けてます。こちらもピシンギーニャの当時の古い録音かと思いきや、最近のライヴ録音らしく、2012年発売となっている。CDでの販売は見当たらず、ストリーミング以外にはダウンロード販売のみのようです。
ストリーミングは、クレジット詳細の記載が一切無く演奏者不明。これで実入りすらないとなればミュージシャンが気の毒。トラック間のMCで、メンバー紹介されるのみ。
演奏は中ホール並みの観客のリアクションを受けながら軽快そのもの。音が新しいだけ聴き易い。『ベスト・オヴ・ピシンギーニャ』なんて、紛らわしいタイトルになってるが、一息に楽しめるトリビュート盤だ。ラストは、かの「生きてゆく」。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示