FC2ブログ
2011/01/03

エラ・ウィズ・チック・ウェブ

いっときエラ・フィッツジェラルドのCDを大量に購入しすぎて、つぶさに聴いていなかったので今般取り出してみました。

ella
エラの初期の歌声が聴ける『Ella Fitzgerald With Chick Webb Band』。22曲入り。
エラは、ハーレムのアポロ・シアターに出場したコンテスト優勝がきっかけで、チック・ウェブのバンドで歌うようになった。10-20代の初々しいヴォーカルがここで聴けるわけだ。

サラ・ヴォーンにしてもそうだが、歌唱力抜群の歌手は後期の貫禄のヴォーカルより、若年期の歌い口がイキイキしてて、かえって新鮮でもある。
ここでのエラは、突き抜けるように元気いっぱいで、ちょっと子供時代の美空ひばりさんを思い起こした。チック・ウェブズ・バンドのインストもラグタイムっぽい小洒落たノリで、なんとも軽やか。これは拾い物(元々所有していて拾うも何もないが)です。向こう一年、幸先が良くなりそう。
→部分試聴

ついでにお気に入りの古いアルバムをピックアップ。
ella1

画像左『ソングス・イン・ア・メロー・ムード』。これはとってもきれいなバラード集。
ピアノとヴォーカルのみだが、ゆうべ久しぶりに聴いて、やはり思わず溜息が出ました。エラの艶やかに抑えられた歌声。
伴奏のエリス・ラーキンスがまた秀逸なのです。彼は、画像右の『エラ・シングス・ガーシュイン』でも弾いています。こちらは、当時10インチLPで発売された曲数に、別の機会にオケ共演したナンバーを追加している。後年、ヴァーヴから集大成となるガーシュイン集を再録音しているが、オケが豪奢すぎるので、個人的にはこちらの素朴なデッカ盤が好きです。

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

おやぢ さま

あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

> しかし素晴らしいですねぇ、初期のエラは。
> You Tubeで「A-Tisket, A-Tasket」をチェックしましたが別人のように痩せていてまたビックリ。
> どうもサッチモとのデュオ・アルバムのジャケの印象が強すぎて(笑)。

「A-Tisket, A-Tasket」は初期のヒット曲ですね。
かなり長く歌えた天才歌手ですが、糖尿病で苦しんだようです。
初期は絶頂期ほどまったりした歌い口ではないので、とっつきやすいかと。
デッカ時代のバラードは絶品です!

Re: Happy New Year

Azumiさま

こんにちは、コメント有難うございます。
良い年にしたいですね。できればいいなぁ。

> Ellaをまとめ買いですか
> まぁ
> 時間をかけて聴かれたほうがいいですよ
> まとめ聴きは
> やめられたほうが
> 体力
> 聴力
> のためにのいいですからね♪

最近はすっかりシブチンになっていますので、
もうこんな買い方したくても出来ないですね(笑)
確かにまとめて聴くのは体力的にも大変で、
一枚ずつ丁寧に聴きたいものです。

シャケ様

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

しかし素晴らしいですねぇ、初期のエラは。
You Tubeで「A-Tisket, A-Tasket」をチェックしましたが別人のように痩せていてまたビックリ。
どうもサッチモとのデュオ・アルバムのジャケの印象が強すぎて(笑)。

Happy New Year

遅くなりました
今年一年が
素晴らしい
一年でありますように
祈っております♪

Ellaをまとめ買いですか
まぁ
時間をかけて聴かれたほうがいいですよ
まとめ聴きは
やめられたほうが
体力
聴力
のためにのいいですからね♪

God bless you...