FC2ブログ
2009/01/18

やっぱりJTもいい

最近、すっかりリヴに傾倒していた管理人ですが、ジェイムスもいいですね、やっぱり。

jt1'97年作『Hourglass』。グラミー賞受賞アルバムを、このブログで取り上げるのは、後にも先にもこれ一枚きりじゃないかな(笑)。
購入自体は'98年の受賞からずいぶん後になってから。'02年の『オクトーバー・ロード』が大好きになって、遡って前作を、となった。

固定バンドにゲスト・プレイヤーを迎えたアコースティック主体の落ち着いたサウンド。たぶんこのアルバム後に行われたと思われるライヴDVDを持っているのだが、このツアー・メンバーとほぼ同じじゃないかな。なんか若いコーラス・ガールが、JTをウットリ見つめる視線が印象的だった。一緒に仕事をして、なおさら尊敬が深まったのかもね。

アルバム・ゲストはチェロ奏者のヨーヨー・マ。交流が深いのか、最近でも2人は共演していた。ハーモニカにスティーヴィー・ワンダー。
そしてプロデュースはフランク・フィリペッティ。カーリーのアルバムでも多くを手がけています。

久々にジェイムスのアルバムを聴いてみて、昔よりヴォーカルが明るくなったような気がした。若い頃は蒼白き青年、って印象が強かったから。いまのほうが僕は好き。テイラー兄弟は年をとるほど味わいを増し、それでいて少年性が失われていないままのような。

全曲JTのペンによる。うち1曲が弟リヴ作「Boatman」。この曲がまたいいんですよ。
↓収録曲「Another Day」のライヴ。フランシス・ブラックがカヴァーしてました。

※おやぢさんが既に記事にされています。→コチラ

コメント

非公開コメント

おやぢさま

こんばんは。コメント有難うございます。

>このアルバム、しみじみといい味出してますよねぇ
まろやかで、あったかい響きがいいですよね。

>全曲JTの作品だと思い込んでました。
あはは~、僕も「自転車と僕」を買ってからも同じ曲とは
しばらく気づきませんでした。
元奥さんのマギーとの共作みたいです。

シャケ様

こんばんは。
文中リンクありがとうございました。
このアルバム、しみじみといい味出してますよねぇ。
大好きです。

>うち1曲が弟リヴ作「Boatman」。
あちゃ~、やっちゃいました。
記事には「いかにもJTらしいメロディが素晴らしい」
なんて書きましたが、リヴの作品ですよね。
全曲JTの作品だと思い込んでました。
しかも、「自転車と僕」を聴いていながら気づかないとは(笑)。