FC2ブログ
2006/12/14

メアリー、マクギャリグル・ファミリーと共演

mary8

映画「ブロークバック・マウンテン」の中でジャックが泣きながら運転する車のラジオから流れる「A LOVE THAT WILL NEVER GROW OLD」を歌ったエミルー・ハリス。
エンドロール曲「THE MAKER MAKES」を歌っているルーファス・ウェインライト。そしてルーファスの母親姉妹デュオ、ケイト&アンナ・マクギャリグル。

彼らとメアリー・ブラックが共演していた。曲は「HARD TIMES」。フォーク・ソングとして有名な曲。アイリッシュ系アーティストが海を越えて、エミルーのようなカントリー系歌手とナッシュビルで共演する例は珍しくないようだ。マクギャリグル姉妹は、フレンチ・カナディアンだが、先祖にアイリッシュがいると、どこかで読んだ記憶がある。

映像では、向かって右からケイト&アンナ・マクギャリグル(左右どちらがケイト、アンナかまで詳しくなくて判りません。悪しからず。どちらかがルーファスの母)その左がルーファス、そしてエミルー、メアリー…と続く。
10年くらい前の映像じゃないかな。2コーラス目をメアリー、3コーラス目をエミルーが、リード・ヴォーカルをとっている。
ルーファス、腰細いね~

コメント

非公開コメント

こんばんは*。.・*来店します。
BBMに収録されてるのとは対照的なリンダロンシュタット流れてます。可憐です。
ルーファスもエミルーも、想像してたのとは違い都会的でした。BBMに収録されてるアーティストは、全員「カウボーイハットにギター」ばかりが、頭に浮かんでましたから。
そして こんなにもつながってたとは、驚きです。シャケさん、前世では間違いなくアイリッシュですね。しかも10年前の映像ながらラストのシーンはマウンテン!すでに未来のつながりを、一瞬だけ見せてくれてました。