FC2ブログ
2020/03/08

ジェイムスの到着

20200307

通っているスポーツジムは、元々そんなに混むほど人気は無いが、週末にしては少なくなった印象。このところライヴハウスやライヴバーなどが特定されるところをみると、飛沫がかかりやすい密集地を避けるのが一番みたいだから、閑散としてればジムでも問題無しとみている。
仰向けでダンベルを上げ下げしていると、いつもはダンサブルで硬質なBGMがかかるのに、俄かにマイルドなギターとコンガが流れ出して、思わず力が抜けて顔に落としそうになった。

そのジェイムス・テイラー『American Standard』、いざディスクで聴くと、かなりリミッターのかかった音圧感で、広いバーで流すとマッチしそう。ウチの部屋には、ちょっとそぐわないが、各パートは音がしっかり前に出て、低音も充実している。
ジェイムスが築き上げてきたスタイルに、そのままスタンダードが乗った感じ。共同プロデュースに名を連ねるジョン・ピザレリが、7弦ナイロンとアコースティック・リズム・ギターで活躍。ジェリー・ダグラスもドブロで参加。ルーツ・ミュージックとして捉え直した側面も感じ取れるサウンド作りだ。

ジェイムスは映像で見ると、あまり口を開けず頬骨を上げて笑顔で歌うスタイルを決め込んでいるようで、これが彼のブランド力にもなっているが、良い意味で表情のムラは、実弟であるリヴのほうが豊かであると思うので、このアルバムのフォーマットのままリヴが歌う様も脳内でシミュレーションするのであった。

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます