FC2ブログ
2020/03/05

The Hollywood Musicals

20200304
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2019.12

ゆうべの深夜頃、イタリアでの全国一斉休校(大学含む)のニュースを受けて、ほら国内の判断は正しかった、との意見を見かけたが、イタリアの場合、状況に鑑みての印象だが、国内のは都道府県のうちほとんどが感染者数ゼロの時点だったはず(大阪で1人)。
早目の判断を評価するなら、台湾でしょう。トランスジェンダーの若いIT大臣がマスクの在庫数を地図上に落とし込んで随時知らせるアプリを頒布、かたやオイルショックの再現よろしくトイレットペーパーまで買い急ぐ様を演じるオリンピック開催予定国。
尤も台湾にしてもSARSの教訓があっての取り組みだから、予想するに、国内の検査体制については次の新たな感染症の局面までに整うくらいにつもりしておいて心落ち着かせるしかないんじゃないの(岡田教授が告発してた一部の感染研OBの利権絡みの件は気になるが)。

平日昼間の近所の団地前の狭い公園では、子供が沢山集まって遊んでる。まぁ、手洗いしてりゃ大丈夫だと思うが、この機会に、休校中の子供の実態について休校明けにアンケートを取るなどして、学習の遅延状況とともに、人の密集を回避し分散するための判断材料となるデータを仔細に溜めてはどうか(若者に限定されるけど)。こういう人の動向の調査は、社会学分野に当たるのだろうか?



ジョニー・マティス1986年の『The Hollywood Musicals』、ヘンリー・マンシーニ共演の映画主題歌集。これも'90年代録音のミシェル・ルグラン共演録音と同様、なんか大家に遠慮した抑え目の録音になってますね。ルグランよりは聴き応えはあります。
この優美なオーケストレーションは、マティスのデビュー当初の'50年代なら似合っていたかもしれないが、既に脂の乗った'80年代においては、ワイルドでパンチの効いたフレージングを発揮したいところ。
実際、別ライターによる「ブラジルの水彩画」のほうが、ラフだが表情のダイナミズムが出ている。惜しくもボーナストラックだが。

コメント

非公開コメント