FC2ブログ
2019/03/04

グリーンブックの宿に二人

amemura190302
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2019.02

公開中の『グリーンブック』をレイトショーで鑑賞。初めてムビチケ利用してみたのだが、このシステムの利点がよく解らない。WOWOW契約時に、前売り1500円分を1200円で買えるプレゼント券を購入し、公開前迄に作品指定して利用したのだが、普段からレイトショー狙いで映画を観る人には特段メリット無いような。
それに長らく行って無かった近所のアポロシネマ、平日いつでも大人は1100円になってたわ。ほとんどシニアと変わらない扱い。そのシニアに、もう10年経たぬうちに自分も対象になるという・・・。

その『グリーンブック』、上映2時間超えにも拘わらず、楽しめた。もちろん手放しで楽しめる内容ではないけれども。二人はいわばアウトサイダー同士の出会いなんですね。
ヴィゴ・モーテンセンの風貌には本当にびっくり。それでも素が男前なだけに、デカパン穿いて粗野な仕草をしても何だかカッコイイです。受賞は逃したが、お見事。マハーシャラ・アリもこれまた目を瞠る物静かな所作ぶり。ピアノの鍛錬も相当重ねたんでしょう。

ハリウッドの王道というべきロード・ムービーで、巧みなユーモア含むセリフで二人の距離が縮まっていく悦びを感じさせてくれる。
一箇所、ここが気になったのは自分だけだろうか、マハーシャラ演じるピアニストが車を飛び出して、"はぐれ黒人だ"と喚いたシーンで、ヴィゴ演じる用心棒のリアクションが、ちょっと芝居し過ぎた印象。がさつなイタリア男で、感情が分かり易い役柄だが、このシーンくらいは、中性的な演技に抑えて、どう感じるかむしろ観客に振ってしまったほうが、観客をより取り込めたように思った。そのへんが、ハリウッド式なのか、総てどう感じるべきかキャラクターに説明させてしまうところが良くも悪くもかな。明るい音楽と美しい平原が救い。

コメント

非公開コメント