FC2ブログ
2018/11/15

Deezerにない手持ち盤(7)

keidai181115
Panasonic DC-G9 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2018.11

最近はカメラのレビュー・サイトを覗くことが多いのだが、かねてから薄く疑問だったのが、ユーザーの投稿際に自らプロ・アマの別を名乗るようになっていて、ハイアマを名乗る人がほとんどなのだ。でも、自身をどうやってハイアマと位置付ける判断をしているのだろう? 単に年数から? 受賞経歴アリ?
音楽もそうなのだけど、このハイアマ層は実際はかなりピンキリが混在すると思う。要するにプロで無い以上、アマはアマ。だが、同じアマの中では、あいつと一緒にされたくないという矜持もある。自分にも音楽に関しては内心そういうとこがある。

閉店の音楽バーのマスターに一つ伝え損ねた件があったのを思い出した。そこの店の唯一の手作りメニューのカレー、ご飯が臭かったのだ。
その場ですぐに"マスター、このご飯、臭うよ"と言えば良かったのだが、出されたメシには文句言わないよう、大抵の人が躾けられて育ってきた筈。友人として・客として、どうすべきか迷った末、今回限りはと我慢して平らげた。
これが一見の客なら怒るだろう。言っちゃ悪いが場末ムード漂うビルの一室で、見知らぬ男の唯一の手作りカレーに気軽に手を出す一見客が多いとは思えない。なかなか捌けなかったのだろう、ぼくが食したのは長期間、保存されたものだったに違いない。

いわゆる純粋なバーテンダーを目指した訳では無く、ご自分が歌う場所を持つことが先の理想だった筈で、その目的も気持ちも一通り理解はする。結果的に閉店を決める事になり、マスターが「考えが甘かった」とこぼした時は、同情もしかけた。
が、その後に続けた言葉が、「来る客の質が悪い」とは。はぁ?だ。つまり、客がお代わりをしてくれない事への不満があったそうなのだが、最低限の事やれてから、愚痴りなよ、と言いたい。現実にはミュージシャンではなく、飲食業に手を染めたのだから。千何百円も払って臭うカレー出されたの、後にも先にも其処だけ。安いカレーでも、何十辺通った店でも、そんな経験無い。



マリア・マルダーのこの作品は何故かDeezerには無いんですよ。代表作もこの一連のホリディ・アルバムも大抵揃っているのに。そもそも彼女の熱心な聴き手ではなかったが、この『On the Sunny Side』は、音楽ブロガーさんの記事で教わった。
個人的には、ケイト&アンナ・マッギャリグルを取り上げた代表作のほうには、姉妹への思い入れが強いためか、ピンと来ず、こちらのホリディものがしっくり来た。代表作をおいて、こちらのほうが好きというファンはあまりいないでしょう。

本作は1990年リリース。その後の彼女の近作のホリディ・アルバムも試したが、声が悪くなってる。いや、音楽的には全く問題無いが、だいぶ荒れた。本質的に彼女の声質は、とても柔らかいと思うので、小品も聴き逃せない。

コメント

非公開コメント