FC2ブログ
2018/10/07

Deezerにない手持ち盤(2)

▼神戸元町にて
kobe181006
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.07

バンド関係の友人のバーでは、一度だけ週末のアマチュア集まりの弾き語りを聴かせてもらいに行った事がある。当時、こちらの体調が悪くて、このコンディションでアマの演奏を聴くのはちょっと、と普段は平日にしか訪れていなかったのだ。
案の定、といっては悪いが、想像以上に詰まったり、止まったりする演奏者ばかりで、ここに割り込むようにしてマスターが歌い出すのは、自身が引き立つようある程度計算してのメンツだったのか、今となっては分からないが。

本来、チャージ料を払うのも不本意なところ、あえて了解した上で感想をいえば、初めてライヴに臨んだという明石からやってきた若者が、最も下手だったけど逆にピュアで良かった。このことをマスターに伝えるとノー・リアクションだった。
面白いことに他の日、別の若い人がプロ・ツールスを使って録ったというデモを店内に流してもらおうとやって来たところに居合わせた時、マスターが流し終えた瞬間、ぼくが酷評すると思ってたらしい。「ああ、いいね、いいと思う」と口を開いたものだから、エッと突かれた顔をしていた。マスターのほうは細かい点を本人に指摘していたが、ぼくはフォローすべく、「まぁ、マスターとぼくみたいな、"ザ・昭和"な者のアドバイスなんて気にしないでいいから」と、何故かこちらが気を遣ってさり気なく笑いを取る。

そのデモは確かにライヴ慣れしていない、宅録にありがちな、声量に乏しいヴォーカルだったが、ダビングを重ねながら疑似的にグルーヴを探る作業は、一人で音楽を作る人ならトライすべきで、下地を作らず、ライヴ回数ばかり雑にこなす声張り上げ自慢のマスターとは違う魅力なのだ。
閉店後、以降のマスターとの付き合いは無くなったので確かめようもないが、なぜ自身の音楽にそれほど自信があるなら、お金をかけないのだろう?と。
レッスンにも付かず、指導者を名乗る人も珍しい。スタジオ・ミュージシャンとしての実績があるわけでもない。機材を使ってデモを録る過程で、おのずとスキルのチェックもできるのに。あのような経営なら、徹底してあるジャンルのレコード・コレクションしてるバーのほうが、変にマスターの矜持を見せつけられることもなく、互いにプロを賞賛し合えるだけよっぽど会話が楽しい。

もちろんこれは、お金をかければよいというものじゃない、という前提だが。この話は、マスターと音楽の共通項に乏しいのが分かった今となっては、唯一の猫好きという点にも奇しくも重なる。先に猫の飼育経験があるマスターには、ぼくの飼い方について、それはおかしいだの、眉をしかめて指摘されたものだった。が、実際よくよく話せばオーガニックに拘ったフードを使っているのは、こちらであり、あちらは、猫の死骸を近所の公園に埋葬している。
要は、金を惜しんでのことだろうと思う。彼のプライベートに理解を示すなら、少しでも近くに墓を作って、いつでも参れるようにしたい、との飼い主の思い入れゆえのことだろうが。この説明が何処まで赤の他人に伝わるものか、これをとっても彼の音楽姿勢と重なってみえるのだ。



こちらはDeezerのラインナップに無いリヴィングストン・テイラーの1970-1980年のベスト。既に廃盤かと思われます。オリジナル曲がDeezerのラインナップに網羅されていれば中古に出しても良いですが、彼の初期録音はレーベルとの契約終了によって扱われていないようです。現行契約の最近作品のみリスニング可能のようです。
彼の初期は声が若い代わりにやや硬い、現在はしゃがれてきたが柔らかい、感性はいつまでたっても瑞々しい。こんな音楽家が傍にいたらなぁ。ついでに自家用ヒコーキにも乗せてもらって?

コメント

非公開コメント