FC2ブログ
2018/07/16

感動へと導くハーモニー使い

kobe180715
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.07

さぁ撮りに行くぞと意気込みたいところ、猛暑続きで終日撮影なんて出来ない。夕方を待って久しぶりに神戸元町を数時間ぶら歩き。考えてみたら、震災以降訪ねるのは初めて。メリケンパークの一角に、陥没したままグニャグニャの地面が保存してあった。
上記写真は新たな名所らしい。記念撮影の外国人旅行者を便乗して遠目に撮らせてもらった。G9の画質、やはり良いわ。しかし今回、神戸到着までに、カメラ設定を弄り過ぎて、元に戻せなくなり焦った。まだマニュアル必携ですな。



ウィンブルドンが終わって、再びDeezerライフ。一度しか聴いてませんが、エルトン・ジョンの近作。この人の音楽はエネルギーに溢れすぎて、凄いと分かりつつ敬遠しがちなのでした。だから代表曲一つも口ずさむまでに至らない。
ジャケの雰囲気で選んでみたこの作品、やはりコード進行の運びがズバ抜けていて、感動へと導くスケール感を醸し出すのが巧いね。
これだけ考え抜かれているなら、ヴォーカルはもう少し淡々としていてもいいくらいだが、作者本人だし力も籠るか。というか、ぼくがロックを聴く頻度が低いのが原因だね。

コメント

非公開コメント