悪気の無い音

june180606
FUJIFILM X-Pro2 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2018.06

今朝早くに、ドッカーンという大きな物音で目覚めた。ほらねぇ、また始まったよ。今回のは新たな音色。液体が入ったような大きな業務用のボトルを床に落としたような。いくら販売用の植物栽培してるからといって、こう満遍なく手が滑ったりするものかね? ドカドカ歩きのような、連続性のある騒音ではないから、こうした瞬間の音は録音準備もできない。
どうも微妙なやり口で階下に心理的圧迫をもたらしてきているとしか思えないが、どのみち状況があらかた判った以上、ウチとしては彼らが今後どうするのか静かに見届けるしかない。ビジネス・サイトの動きを度々チェックするようにしなければならないのが面倒。
管理人は一度会って"そんな人に見えない"と言ってたが、店子が家主に悪感情を出すわけがない。ぼくの感覚だと、初対面の人の性格を掴むまで、2週間はかかる。それも仕事等の共同作業付きで。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示