FC2ブログ
2018/06/02

真相への怒り

以前から、ここに時折愚痴をこぼしてた上階住人のデカい足音をはじめとする騒音の悩みの件、偶然ネットで調べてある事実に気付いて驚いた。
住人は商売をやってるらしい。知らなかった。男女の連名でフラワー・アレンジメントの通販や指導をしてるらしい。ドアの開閉がバタバタと何度もうるさく、管理会社に苦情を入れたのが、そもそも上階住人から嫌がらせを受けるきっかけだったのだが、要するにあれは商売の邪魔をするな、という警告だったのだろうか?

自分はてっきり夜勤暮らしの独身男性が、鬱憤晴らしに階下に八つ当たりしてる程度だと思ってた。ある日中、うちが掃除機をかけていると、金槌だかトンカチらしきもので、床を叩いて暴れ回っているのが天井越しに響き渡り、それを機に、うちは記録メモを取り出し、どうやら上階住人は昼夜逆転で、昼間は寝ているらしいと分かったのだ。男女二人暮らしの様子は感じられなかった。

複数のサイトによると男女はともに関西の芸大卒で、女が主宰者、男が販売業者としての代表になっている。登録の店の住所記載に、マンション名が省略されているのは、居住区で勝手にビジネスをやってる後ろめたさの表れだろう。実際、1階ポストも部屋の表札にも店名が掲げられてもいない。近所は知らず、ネットでは広められている状況。そう、これは規約違反の筈なのだ。此処の集合住宅は1階全部がテナントで、2階以上は居住区という認識だ。

半年ほど前に変わった管理会社にこの事実を知ってるかメールで確認中だが、平日に終日電話が繋がらず、丸一日経っても私の長文に対して、いったん受け付けたとの返事も無い。確認保留でもいいから何かレスが欲しい。

近所のパン屋にも色々悩まされていたが、実はこれは自分の真下に入居したパン屋のことで、けっこう流行っているらしき店なので、このブログへの詳述は避けていたのだった。だから未明の業務用ミキサーの音は床越しに響き、まるで工場の屋根裏部屋みたいだと文句言って、家賃を下げさせたのだ。

思えば、上階住人への騒音苦情を新しい管理人にも申し入れた時、案外こちらの言い分だけ素直に信じて、即貼り紙対応してくれたのは、こちらが古参住人だからではなく、上階住人のビジネスの事情を知っていたからか?
とりあえず貼り紙以降、上階住人の平生の騒音は止んだ。が、まるで平日我慢してやってると言わんばかりに、今度は週末終日、家具の大移動の音に、強烈な足踏みが響き渡るようになり。
ここで初めて自分から直接、上階部屋のポストに短いダイレクトメッセージを思い切って投函してみた。"週末はあなただけのものではないです"と。余計揉めるだろうか? でもこんなの、最後は相手の受け取り方次第だ。

結果は裏目。上階男性は、月から木は夜8時に出掛け、翌朝の6時台まで戻ってこない筈が、職場が近いのか、自転車で真夜中に一時帰宅してくるようになった。そして、ふだん足音でかい癖に、この時はそーっと帰ってきて、私が居ると思しき部屋の場所を探り当て、真上で突然大きな物を一気に床に叩きつけて、天井越しに脅かしてくるようになった。もしかしてそれするためだけに帰ってきたの??

男は本来イラストレーター、女はフラワーアレンジメントの他に音楽教室をやってるらしい。男は夜勤勤めではなく、この女の所へ毎晩通っているだけなのだろうか。男の姿は、過去に私が部屋の階を間違えて鍵を開けようとし、そこで初めて出くわした。女の姿は一度きり、沢山の花を抱えて上がっていたのを見かけたが、その時はまだ商売の件は知らず。

女はフラワーアレンジメントのブログをやってて、記事を読んだ限りでは女のほうが話が通ずる気がしたので、相方男性との関係と騒音に関する秘密コメントを投稿してみた。秘密扱いにしたのは一応恥かかせないためだ。すると翌日にはレス無いまま、削除され、ブロックまでされてしまった。これは二人ともグルだ。
これでは一個人の鬱憤晴らしのような階下へのいやがらせは、商売拡大のための計画的な嫌がらせだったのではないかとも思えてくる。古参の一般住人を追い出して、常時集客しやすい環境にしてしまえばこちらのものだという事なのか?

現管理会社と連絡が取れないので、うろたえて前の会社に電話してみたところ、案の定けんもほろろだったが、今そちらに管理会社は無いですよ、と言われた。どういうこと?と問い詰めたかったが、さっさと切り上げられてしまった。
このままでは管理者側が、上階住人を規約違反とみなすどころか、目先の家賃収入にとらわれて何の対処もしない可能性も出てくる。
上階の、思えば、しきりに家具を動かすような音は、住居から商売仕様へのセッティング転換であり、確かに植物を栽培してるフシもある。上階のエレベーター出口の床には泥土で汚れており、部屋のベランダには生花店のような瀟洒なひさしが掛けてある。男にしては・・・、とずっと思っていたのだ。やっと合点がいった。
早朝や深夜の男の絶叫は・・・? 仮に勤務後のハイテンションだからといって、あそこまで奇声を発するだろうか。植物は一体何育ててる・・・・?といった疑念がどんどん渦巻いてしまうのだ。

コメント

非公開コメント