FC2ブログ
2018/05/11

抑制が楽しいロン

matsu180510
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.08

ほとんど即決だったネットプレイヤーの導入。そろそろ音源のコレクションとオーディオ機器の環境を落ち着かせたかったんだよね。
今もCD整理中だが、たとえば4段分のCD棚を、Deezerのアルバムと照合していくと丁度半分スペースが空けられた。
もし来客があっても、自分の棚を自己紹介がわりに一覧してもらうコレクションは今後無くなる。が、自分の作品じゃないからね。いずれDeezerのリンク付きのフェイバリット・リストを作って、このブログにアップして残そうと思います。それがいずれ遺品代わりとなるかも?



ひとまずPCスピーカーで聴くDeezerから、久々にロン・セクスミスを試した。これがとても良かった。『Forever Endeavour』(2013)。
一応、初期のころから注目していて、アルバムはCDで5枚ほど買って聴いた。ライヴも一度行ってきた。
ただ、曲の優しさは好きだけど、ヴォーカルのちょっと倦怠な歌い口が慣れなくて、サウンドもだんだんバックトラックがソリッドになり、冒険してるのは分かるんだけど、ヴォーカルがやっぱり浮いてる感がした。
プロデュースが久々のミッチェル・フルームらしい。アレンジが素晴らしくて、抑制が楽しい。穏やかな楽曲群に多彩な施しがしてある。結果、ヴォーカルがスッと馴染む。聴き込み甲斐があります。

コメント

非公開コメント