Deezer試聴~決断

semba180509
FUJIFILM X-Pro2 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2018.03

一両日ほどDeezerを試して、結局Deezer対応のネットワークプレーヤーを設置することにしました。既にネット注文済。ヤマハの3万円台。オーディオ機器のハードは、もう拡張する予定は無かった筈なんだけどね。

それでここに大きな決断。
・所有CDで、Deezerのラインナップと重複するアルバムは全て手放す方向で考え直した。
以前Spotifyを利用始めた際は、この考えはさらさら無かった。それが今回、音質への不安が解消される点で変わった。PC用ミニ・スピーカーでも、FLACファイルの質感が伝わったので、これならオーディオ機器でのリスニング環境にステータスを上げたい、と。
楽曲ラインナップ数は他社より劣るものの、ぼくは実際それほどマイナーなアイテムばかり所有してるわけでは無いので、既に重複チェック作業を始めているが、ダブリは多い。
・所有するSACDはそのまま保存。手放す対象はあくまでCD。

最近入手した新品同様のCDでも、ここは思い切りよく手放すつもり。過去には捜し歩いたり日数かけて取り寄せた経験もありました。モノという捉え方が最もシンプルではあるし、それなりに悩みました。愛着はありますし。いざとなればパッケージがあったほうが…という場面がやはり訪れるかも。
ただ、実質的なリスニングの頻度を顧みるとどうか? 年間満遍なく聴く機会はそれほどなく、月単位のストリーミング契約機会をいっそ軸にして、たまには契約解除して映像サービスに乗り換えて、交互に集中利用する、というルーティンもアリだと思いました。

従来のアルバム購入の出費から考えると、当初はハード機器が要るものの、月額1960円なら、かつてのCD購入頃のほうがもっとかかっていた。アルバム1-2枚分といったところか。それにプレーヤーはSpotify対応でもあるので、切り詰めたいなら980円に落としてもいい。
これは大袈裟なようだが、自分のライフスタイルに大きな変化をもたらすといってもいいほどだ。

個人的に写真を始めた事も影響している。デジカメ周辺への出費がここ数年集中し、今年に入っておさまったが、CD購入意欲は金欠もあって減退している。Deezerの出現は乗り換えの好タイミングなのでは、と。
もともとDeezerは、無料試聴放題で、かつて当ブログでもYoutubeのように貼り付けまくっていたものだった。たしか著作権絡みで、いったんサイト閉鎖した筈だったが復活していて、こんな形で巡り合うとはね。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示