FC2ブログ
2018/04/08

潔いソングライティング

port180408
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.09

たとえば自分がバー経営に興味があるとして、店を興したとするならば・・・、なかなか厳しいんじゃないかと思う。ともすれば閉店した友人の音楽バーよりさらに短期に店を畳む状況に陥る気がする。
ただ、ぼくだったら・・・商売に着手するなら自身の出演機会は諦めると思う。利益のことを考えると練習してる余裕など無くなるから。
それに、店の主人にあまり出張られると客はやりにくいんじゃないかな。自分が出演するためにはマスターを褒めないとなんか居心地悪い、といった気詰まりを与えそうで。

ネットで軽く"成功するバー・失敗するバー"の例を試しに探ると、どのサイトにも"店主のプライドが高い"というのが失敗例として真っ先に挙がる。悪いが、友人はこの典型例に当て嵌まると思う。
友人がプロフェッショナルな仕事をしていれば、ぼくとしては彼が営業時間を終えたのを待って、遅遅(おそおそ)の時間帯でも結構なので、時々別の店で酌み交わして互いに気晴らしする、といった当たり障りない付き合いが続けられたのにな。他の人々は、周囲の知り合いが自営を始めた際、開店祝いを贈った後、どういう付き合い方をしてるのだろう。興味ない品物買うにも限度あるよねぇ?



こちらは記事紹介済みのダン・ペンのコンピだが、ぼくのイチオシ・コンピであるブラジルの『ジョアン・ジルベルトが愛したサンバ』に次ぐ、愛聴コンピといっていいかも。
全曲ダン・ペンのライティングゆえ、提供先の各シンガーによる音源集だが一貫した聴き心地。どのトラックも、基本的な巧さを備えている。一部ダン本人の歌唱も。
シンプルな作風、というより潔いと言うべきか。シンガーの丁寧なフレージングも良いが、ダン本人の歌唱のほうが1曲毎の入魂に、感情の迸りが一気に伝わるのは確か。ほんと、デモ集もいいが、完全なアルバム・レコーディングを今一度望みたい。

コメント

非公開コメント