知性と情緒の産物

lover180406
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.09

雨降ったせいか鼻腔内の腫れも少し落ち着いた。今年は症状が酷くなる前に桜が観られたのは良かった。毎年、花見なんてできないから。それくらい大丈夫でしょと言われ、無理して誘いにのって後で悲惨な目に何度遭ったことか。やはり罹らない人には解らないもので、職場で仮病では?と噂されたこともあった。自分に今後パートナーができるのであれば、この点は理解してもらえないと。年老いた親きょうだいにまで未だに、この件でからかわれる程。鼻の疾患は、傍目に大したことないと思われがちらしい。



昨年購入のベストに選出したイリアーヌ・イリアス『メイド・イン・ブラジル』は未だ愛聴していて、全く飽きない。ただ、彼女の他作に手がなかなか伸びなかった。ぼくにとって『メイド・イン…』の魅力のポイントがロンドン響の参加でもあったからだ。

それでも、繰り返し聴くうち、やはり彼女のヴォーカル曲がもっと聴きたいと、少しずつ旧作を辿る。近年のヴォーカル・アルバムはどれもいいと思うが、新作はゲスト参加のデュオ相手の男性ヴォーカルが、ぼくには今一つだったが、さらに遡り、2011年の『ライト・マイ・ファイアー』は、ブラジル色もイキイキと、ジャズの優れたバランス感覚を堪能。

トラック(1)「Rosa Morena」は確かカエターノで親しんでいた。イリアーヌのヴォーカルは実に無理のない、歌い手のみに注力するシンガーとは一味違った、アレンジセンスを備えた総合力のあるヴォーカルだと解る。知性と情緒がストレートに表れた素敵な人。

▼(4)表題曲
https://youtu.be/KwbnHjoC8Tk

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示