FC2ブログ
2018/02/22

変わる・変わらない

back180221
Panasonic DMC-G8 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2018.02

14~15歳の時に聴いた音楽というと、たとえばこれですね。(小生の具体的な年齢をお知りになりたければ、発売年で分かるでしょう。)



何日前だったか、目覚めの時、何故かこのアルバム収録の「ばいばいどくおぶざべい」の歌詞の一節を思い出していた。

【挨拶をきりだすのは こちらから】(中島みゆき「ばいばいどくおぶざべい」より)
※歌詞全体はこちら

ライヴハウス出演を馘になったであろう男が、次に店を訪れる頃には、すでに誰からも自分は忘れられているという現実。今更ながらこの節を思い出して妙に痛くなったのだ。

本作発表当時、彼女のファンの多くは、抒情的なフォークの作風を好んでいた筈だったから、本曲に関しては意表をつかれたというより、"かったるい"などという感想も少なからず目にした。なにせ前作『寒水魚』のイメージからさらに趣向が変わったものだから。

ぼくはこの曲、好きだった。今振り返れば、A面全てのバンド・アレンジを彼女自身が担当したのは、後にも先にも本作のみ。しかもこの「ばいばい・・・」は、ベースが細野晴臣ときている。
本作をひっさげたツアー・パンフレットの写真と、この曲の印象が被るのだ。モノクロで、薄暗い舞台袖から客席を少し窺うように佇む彼女。

「ばいばいどくおぶざべい」は、かの有名曲「ドック・オブ・ザ・ベイ」と「ライク・ア・ローリング・ストーン」が、それぞれ平仮名表記で登場。
あらためて詞を読み返すと、冒頭3行目迄と、4行目以降の一人称と二人称の関係性が、一聴しただけですぐには分かりづらい。けれども当時、無意識に聴くだけでも、この歌の悲哀というか、深い情感は伝わってきた。

彼女のミュージシャン絡みの作品といえば、他にすばり「ミュージシャン」があり、こちらも私(女性)とあなた(ミューシジャン男性)が、互いに呼応する形で登場し、関係性でいえばこちらのほうが分かり易い。
「ばいばいどくおぶざべい」は、時代背景的にみて、彼女の経験が基になっているとすれば、まだ彼女のデビュー前のアマチュア時代の出来事となる。
変わりたくない自分と変わりゆく時代。変わらざるを得ない自分。曲名の平仮名表記から漂う拙さが、実はこの物語の救いなんじゃないか。

コメント

非公開コメント