メアリー・シングス・ジミー・マッカーシー

dahlia171104
FUJIFILM X-Pro2 XF56mmF1.2 R 2017.10

11月10日発売のメアリー・ブラックの新譜、『Mary Black Sings Jimmy MacCarthy』を早速Spotifyで聴きました。まさか年内にもう一度、メアリーの記事を書く機会ができるとはね。
内容は、これまでに取り上げた「ノー・フロンティアーズ」「窓辺のアダム」など、オリジナル録音に、新録と過去のTV出演時においての、作者ジミーとの共演曲が半々の構成。

聴く前から了解していたことだが、かつての名録音から数十年、声質のギャップが長年のファンには少々辛い。が、彼女が声が出づらくなった今なお、歌いたい歌い方の表現というものが、非常にわかりやすい形で届いているとも受け取れる。とてもメッセージ性の強い歌い口なのだ。若い時から、彼女の中では実は感覚的に唱法は変えておらず、声の美しさとメロディアスな選曲に、こちらが表面的に聞き流していたということなのだろうか、ともふと考えた。
アルバム全体の流れのバランスは、とてもいい。ジミーは、ほんと優秀なソングライターだ。

ゆうべ「ウーマンズ・ハート」をブラック・ファミリー総出演で歌う直近の映像を観た。さすがに皆、歳とったねぇ。でもあんなふうに、遠く離れて暮らしながらでも、たびたび集って歌える兄妹は幸せだ。

▼全曲一部試聴可能

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示