メル・トーメの1944-1960

penguin170318

身近に自ら音楽をやりたい連中は、大抵は仕方なくケチで、自分にかけるお金(楽器・楽譜・衣装etc.)だけでもキツいから、それ以上に他人のコンサートには渋って出掛けなかったりする。でも、これも本来自分への投資になるんだよね。良い音楽を聴けば、刺激を受け自らの感覚も磨かれる筈。ぼくも比較的都心住まいなのだから、もっと体感すべきなんだけど。

悪い例として度々引き合いにしている去年閉店のバーのマスターは、音楽をネタにアルコール提供する商売を立ち上げたわけだが、開店準備に向けて、他の幾つかのバーに足を運んで他人の商売の様子を観察するなど、いわば日常的に研修する行動が、一切なかったのじゃないかと思う。ただ自分がライヴ出演する時だけ店を訪れ、以外はお金がもったいないから、出掛けない。それで自分がいざ始めた時だけ、みんな通い詰めてくれる、などという期待は甘いのだ。バー経営は、頭が良いとかより、コミュニケーション能力が問われる。このマスター、ご自分のことは一生懸命しゃべるが、他人の話はあまり聴かない。ライヴをやりっぱなしなのと何処か似ているのだ。音楽に関しても我流なのだから、せめて宅録してチェックするほどのお金くらいはかけないと。若い子でも当たり前にやってるのだから。



Spotifyの契約は、ひと月単位で、映像サービスと交互に利用しようと思ってる。あと一週間。次々聴くべきなのに、過去に登録したアルバムを何度も繰り返す。買わないと、先に進めないよ、これは。
メル・トーメはマーティ・ペイチとの共演による2イン1のCDを一枚所有するだけなので、もう少し欲しいとリサーチがてら試聴していくと、名盤多い'60年代には既に声の鮮度が失われているのに気づいた。もちろん音楽性が損なわれている訳では無いが、'50年代中心に聴くと、わりとキャリアの早いうちから声嗄れしているな、と。
それで、画像の'40-'50年代集、音は当然古いが、ぼくの聴きたい彼の声質がコンパイルされている。Spotifyでは2枚組みとして2種ラインナップされているが、CDでは4枚組ボックスとして売られているようだ。先のフランク・シナトラの'40年代4枚組みに対して、トーメはこちらをゲットしようか。

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示