フィンランドのアコ

cokacola170213

こちらも入手してから記事にしてませんでした。フィンランドのアコーディオン奏者、マリア・カラニエミ『Vilda Rosor』(2010)。来日は過去に東京のみであったと記憶している。
アイリッシュなどケルト系とはテイストは違うが、どう説明したらいいか・・・、北欧ならではの陰影がマイナー・キーに漂う。アイリッシュは喜怒哀楽の表情がハッキリしていて、マイナー・キーでも明快な旋律性を持っている。フィンランドのこの彼女が鳴らすサウンドには、陰影といっても、淡白な感じ。そこにアコ独特のリズムの刻みの感触が加わり。

  

ロマ系の香りも感じる。アコのこうした混じりっ気が好き。マリアのシンギングは、ヴォーカル単独でのマイクをセッティングせず、アコと同時に一本で音場の空気を伝えているようだが、個人的にはこの録り方は好みではなかった。あくまでアコがメイン。

▼収録外ライヴ映像

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示