FC2ブログ
2016/11/03

人知れずFlickr

tutenkaku99103016デ杯に合わせて初のミラーレス一眼を手に入れてから数ヶ月。今や記事と直接関係のない画像を拙宅に大きく載せて、読者さんを困惑させています。
実際には、もう少し多く撮影していて、ここでの音楽記事更新のペースでは紹介し切れない画像をまとめて別途フリッカー(記事末尾リンク)にアップロードすることにしました。私室の散らかりようを露呈しています。

それまで10数年使ってたニコンのコンデジは思えばほとんどブログのCDジャケ撮影目的になっていた。実際ソフト購入した証明をも意図した紹介用でした。現在のミラーレス一眼はパナソニックのGF7で、いざ撮影してみるとちょっと色んな被写体で試してみようかという気にさせられた。予想より精度が高いと実感した。
一応、一眼レフは25年くらい前、カメラ好きの先輩の口利きでキャノンのEOS kissを割引購入し、当時は撮影旅行までもしていた。モノクロフィルム撮影したものを、後でカラー焼きしてもらいセピア風にしたりして楽しんでいた。しかしその後はパッタリ、生活の変化を伴いながら、すっかり持ち腐れ。

いつのまにかネット時代になり、価格とレビューを見合わせながら、予算以上にはなったがパナのGF7に落ち着いた。当初は電化屋さんのカメラはどうか?と思ったが、決め手は自撮り可能なチルト式モニターで、最もコンパクトな最近商品だったこと。
今のところ自撮りは未だやってないのだが、うちの飼い猫が今年で16才になった。一度も病気したことが無く、まだまだ一緒に居られると思っているが、ニュースで猫の平均寿命を知り、既に人間の年齢では80歳に当たると気づいてから、今から残しておきたいと。以前から、写真館で愛猫との家族写真を撮ってもらいたいとうすうす希望していたが実際は難しいので、一緒のところの自撮りを試行錯誤する予定。

ゆうべフリッカー登録して、他人の写真をついでに鑑賞していたのだが、皆さん凄いわ。プロの風景写真はかのナショジオの世界。自分のが恥ずかしくなる。キャノンの上位機種など、さすがですね。でも惹きつけられるけど、色彩が強すぎるかな。いずれにしてもボディだけで10万以上とか費やせない。こちらはコンパクトに使い倒したい、テクニックはおいおいということで。

https://www.flickr.com/gp/145506829@N04/AHU2ZW

コメント

非公開コメント