FC2ブログ
2016/01/16

ヘイデン・ファミリー

Apple Musicの再契約をしました。1ヶ月だけ利用。また耳が忙しくなるね。前回、利用した履歴は完全にリセットされたようです。

charlieチャーリー・ヘイデンという名前だけでも予め知っていたかどうか。いや、現代ジャズはマイケル・ブレッカーを1枚持ってるだけだしなぁ。知ったかぶりは出来ない。
ジャズ・ベーシストの彼が家族と友達でセッションしたフォーク&カントリー・アルバムを試聴。Charlie Haden Family & Friends『Rambling Boy』(2009)。

きっかけは天辰氏のブログで、ヘイデンの3人娘のカントリー新作が紹介されていて、その繋がりで遡って辿り着いた。彼のジャズ・ファンにとっては異色だろうが、「Shenandoah」「Down By The Salley Gardens」などアイリッシュが収録されているこちらのほうが、僕にはスムーズなのだ。

演奏全体が繊細な温かさで、数回繰り返してかなり気に入ってる。三人娘のヴォーカルもクセが無く、マナー良い。参加はヴィンス・ギル、エルヴィス・コステロ、パット・メセニー、ロザンヌ・キャッシュ、リッキー・スキャッグス他。

コメント

非公開コメント