FC2ブログ
2015/11/25

詐称癖の恋

引き続き、プライム・ビデオで映画鑑賞。2009年アメリカ・フランス映画『フィリップ、きみを愛してる!』、製作総指揮リュック・ベンソン、主演はジム・キャリーとユアン・マクレガー。

iloveyouジム演じる詐称癖の男は、服役中、同じゲイの男(ユアン)に恋し、出所後、二人は同棲生活を送るが、ジムの詐欺罪により、二人は引き裂かれる・・・。
面白い作品だったが、実話がベースだから、主人公の極端なキャラクターに釈然としなくても仕方無いか。

まず妻にカミングアウトした主人公の、正直に生き直す姿勢が、あんな豪奢なゲイライフに取って代わるのが謎。まぁ、好きな人に金を注ぎ込むパターンはストレートの男でもありがちだが、、。

同棲生活の、蜜月期間はあまり描かれず、ジムを軸としたスリラーに重点が置かれる。ユアンのほうはいわゆる専業主夫におさまった、夫の帰りを待つような日々で、完全に受け身の立場だ。これをいじらしいと見るとしても、パートナーの犯罪が発覚する動機となる存在で無いだけに、展開上の比重は占めていない。

ラストは、ユアンも観客も根負けする感じだが、恋愛の希望が、主人公の詐称行為の回転を単に加速させているようで、病的な怖ささえ感じるのだった。その後味悪さを救うのが、ユアンの驚くべき自然な演技。ラヴシーンとしては、序盤の服役中がきれいだったね。

コメント

非公開コメント