FC2ブログ
2015/11/09

FAMEの発掘音源

先日の4枚組『フェイム・スタジオ・ストーリー』、大のお気に入りで、引き続きKentレーベル(Ace)から出ているコンピレーション『HALL OF FAME』も聴いてみました。1964年から1972年の音源が全24曲。

famevol1

これはシングル・アーティスト中心の発掘音源集だそうです。ソウル初心者の僕には、初めて知るアーティストがほとんどですが、当時はアルバムを出せるアーティストは限られていて、こうした2曲入りの45回転盤のみの音源が多数残っているようです。
とにかくこの一連のコンピ、驚くほど音が良い。過去に買ったフィル・スペクターがらみの'60年代集CDと聴き比べると、その差は歴然。リマスタリングの仕事が良いのもありますが、元の音がぶっといのは、やはりフェイム録音の特長でしょう。名立たるミュージシャンがわざわざアラバマの田舎のスタジオまでやってきた理由が、分かる感じがする。

ブックレットの裏表紙には2010年現在のフェイム・スタジオの写真が
スピーカーはたぶん、ウチのと同じ・・・
fame2010

収録曲については既に『フェイム・スタジオ・ストーリー』で耳馴染んだ曲も幾つか流れるが、いずれも別アーティスト、シンガーによるもの。ダン・ペンが手掛けた作品が多い。
なんかドーナツ盤が欲しくなるね。この時代のソウルを当面シンガーを特定せず、V.A.のコンピでランダムに聴き漁っていこうかと思う。

コメント

非公開コメント