FC2ブログ
2007/05/31

ザ・チーフタンズ来日

週末、ザ・シンフォニーホールでザ・チーフタンズのコンサートがあるのだけれど、行けそうにない。チケットはまだ残っているようだ。ゲストは元ちとせらしい。

アイルランドの長寿バンド、ザ・チーフタンズについては以前の記事でも、ヴァン・モリソンがらみで触れた事がある。グラミー賞を何度も受賞している民族バンドで、初めて購入したアルバムが、クリスマス曲を網羅した「The Bells of Dublin」だった。親しみやすくて、入門用にはいいと思う。

The Bells of Dublin The Bells of Dublin
The Chieftains (1991/07/01)
RCA Victor
この商品の詳細を見る

イリアン・パイプ、ボーランなどの民族楽器編成が特徴。(打楽器のボーランは、過去に趣味で習い始めたが、すぐに挫折してしまった。)インスト・バンドであるが、大御所シンガーをゲストに迎えた企画アルバムも数多くある。マリアンヌ・フェイスフル、スティング、ジャクソン・ブラウン、リッキー・リー・ジョーンズ、矢野顕子、等々。

ライヴには二度ほど行ったが、ダンサーを迎え、アイリッシュ・ダンスも披露される。あの「リバーダンス」で繰り広げられた、いわゆるタップダンスである。これもいつか習ってみたいのだが。

The Chieftains(アイリッシュ・ダンスを交えたライブ映像)



The Chieftains(アイルランド風景とメンバー・ソロ映像)

コメント

非公開コメント