FC2ブログ
2015/03/20

カーリーが音楽担当のディズニー・アニメ

カーリー・サイモンのリリース情報で幾つか知り得た件を。公式サイトからは、2000年発表アルバム『The Bedroom Tapes』のスペシャル・エディションが近日リリース。新たにボーナス・トラックとして「Grandmother's House」「When Manhattan Was A Maiden」の2曲が加わります。これは多分、買ってしまうなぁ。当初の輸入盤から国内盤に続き、3度目の購入へ。

それから以前も書いた、MOBILE FIDELITYレーベルからの初期アルバム4作品のSACD発売は、国内予約受付が始まっています。ネット上での調べでは安くても一枚3800円~。やっぱり高いね。でもこれらもどうしても欲しい。ハイレゾは避けたいのだ。
他に、SONY LEGACYのツイートによると、去年末の『Greatest Hits Live』に続いて、カーリーにとってジャズ・スタンダード第2集となる『My Romance』がK2HDマスタリング盤で登場予定の模様。こちらは通常CDプレーヤー再生可能だが、販売価格はSACD並みか、それ以上になると思う。

big

そのカーリーがディズニー・アニメの音楽を担当していたのはご存じでしょうか。サントラCDは、『Piglet's Big Movie』(2003)。久しぶりに聴くと、丁寧な制作で、新作が出なくなった彼女の、かつての仕事を慈しむように聴き入ってしまった。

もちろんカーリー自身が主となるプロデュースでヴォーカル入りが結構多い。ギターとパーカッション主体の子供向けの優しい編曲だ。このカーリーのパートに、他人によるオーケストラ・パート、ボーナス・トラックとしてカーリーのデモ・パートを加えた収録内容。

ところでこの作品、日本劇場公開があったのか? 調べたところ、国内DVDのみでの取扱いで邦題は『くまのプーさん/完全保存版II ピグレット・ムービー』。ざっとレビューをみると内容的にも評判良さそうだ。スタッフのクレジットには日本人名がちらほら。レンタルしてみるか。要はプーさんのスピン・オフみたいなものかな?



https://youtu.be/BA4-OdRxHGg

コメント

非公開コメント