FC2ブログ
2014/12/22

我が家の定番クリスマス・アルバム

過去にも同じような記事がありますが、手持ちの中から定番のクリスマス・アルバム、もしくはオリジナルのクリスマス・ソングが入ったアルバムを挙げてみました。

JTから時計回りに紹介
christmas

■ジェイムス・テイラー/at Christmas
ベストセラーのJTのクリスマス・アルバム。JTはオリジナル・アルバム『オクトーバー・ロード』と、このアルバムあたりが好きですね。
http://grooveshark.com/s/Go+Tell+It+On+The+Mountain/4Ff49p?src=5

■カーリー・サイモン/This is my life
ノーラ・エフロン監督のコメディ映画のサントラ。カーリーには他にドン・ウォズがプロデュースしたクリスマス・アルバムがあるが、そちらはあまり好きではない。全面彼女がプロデュースした本盤のほうが、クリスマスらしさを感じる。
https://soundcloud.com/carly-simon-official/the-night-before-christmas

■ザ・チーフタンズ/The bells of Dublin
アイリッシュ音楽に傾倒するきっかけにもなったアルバム。この伝統バンドは本作あたりから華やかなゲスト参加のアルバムが多くなった。
http://grooveshark.com/s/I+Saw+Three+Ships/3saZgE?src=5

■マリーナ・ロセール/Nadal
カタルーニャのシンガー&ソングライター。僕が好きな女性ヴォーカルは皆60歳過ぎてパワーダウンしてしまったが、彼女だけは声質が全く変わらず加齢に阻まれないのではないか。楽しいアルバムです。
別収録ライヴ
http://youtu.be/gz4Yl8waekw

■リヴィングストン・テイラー/Last Alaska moon
リヴのペンによる美しいスタンダードといってもいい「Christmas is almost here」。先にカーリーのカヴァーで出てずいぶん後から本人により発売された。この曲は本人ヴァージョンをおすすめしたい。
一部試聴
http://www.nimbitmusic.com/livingstontaylor/#lastalaskamoon

■セリア・クルース/クリスマスのフィエスタ
古いラテンのクリスマスはいかがでしょう。いなたいリズムだけど、よくよく聴けばラテンの美しさに惚れ込んでいきます。
http://youtu.be/F_2zzt2fhMk

コメント

非公開コメント