FC2ブログ
2020/03/30

リタのピーター

20200329
Panasonic DC-G9 LUMIX G 42.5mm F1.7 ASPH.POWER O.I.S. 2020.03

大変な年になってしまったが、更なる正念場は来年なのではと。今のうちは未知のウイルスのせいなんかで、と食いしばれたとして、コロナ終息後、困窮だけが残った時の心理的負担を憂う。文化イベントの事業者や関係フリーランスは軒並み総崩れしそう。
手掛かりは、世界で同じ問題が同時進行していること。他国の対策との徹底比較だ。



リタ・クーリッジに関しては、バック・ヴォーカルでの参加盤しか持ってなくて、カーリー・サイモン『人生はいたずら』(1975)と、中島みゆき『歌でしか言えない』(1991)。後者は、プロデューサー瀬尾一三氏の縁ですね。

最近のピーター・アレン試聴中、代表曲「Don't Cry Out Loud(あなたしか見えない)」を、リタが画像のアルバムで取り上げていたので、どんな感じだろうと聴いてみた。
リタのヴォーカル、こんなに淡白でしたっけ。もっと張って歌う人だとイメージしてた。この曲も作者オリジナルのバランスが好きですね。秀逸な楽曲を音楽性を汲んで淡々と演奏したものが好みですが、淡白なのはちょっと。聴き手のわがままですね。
2020/03/28

ピーターのミュージカル

20200327
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 2020.03

五輪の開催年の2020をそのまま継続使用するのは良いとして、大手食品メーカーの商品パッケージに来年になっても"応援しよう2020"とか記載が残ってたら賞味期限切れと勘違いしそう。
来年開催できるとして、チケット当選分の振り替えの問題があるが、いったん払い戻して今年の損失分を巻き返すべくチケット料金改定も有り得るのではと思う。そうなれば、附随する諸々の物価も連鎖的に吊り上がることに。

大阪府下にも再度、外出自粛要請があり、今回は"兵庫に行くな"じゃなくなってた。最初からこうシンプルにしとけば良かったのに。でも、学級委員じゃないんだから、毎回前日夕方の通達はどうなの。あまり小刻みにやり過ぎると、いよいよの緊急時に堪えられなくなりそう。
結局、兵庫知事の"阪神間および他府県への外出自粛"のほうが一貫してた訳だ。しかも来月7日までの設定だし。



ピーター・アレンの生涯を描いたミュージカル『The Boy From Oz』のキャスト・レコーディング盤をSpotifyで一通り聴いた。ピーター役にはヒュー・ジャックマン、本作でトニー賞主演男優賞(ミュージカル部門)を受賞したという。ストーリー概要は親切な方の日本語サイトを参考にさせていただいた。

さすがミュージカル俳優らしい舞台映えするアレンジと歌唱になってますね。だけど、ぼくがピーターのアルバムを聴き始めた初段階のためか、どうも違和感あり。作者のオリジナルを聴き直したくなる。
ピーターの楽曲が秀逸なだけに、音だけ拾うとヴォーカル表現が感情的過ぎて。もっと淡々とした歌唱が好きだな。やはりミュージカルはライヴで観たほうが良いのだろう。

もっとピーターの楽曲を知り得てから鑑賞すべきだが、親しみつつある「She Loves to Hear the Music」など、女優の歌唱が振り幅ありすぎて。今時の言い方でいうとエモ過ぎる。コンサート・アーティストの演奏再現で聴きたい。
2020/03/26

捜査官のハニートラップ

ライブバーのマスターやってた元友人が最近Twitter始めたのを見つけてしまった。本名アカウントでプロフィール欄は"猫とおっぱいが好き"だって。
"男と女、どっちのおっぱい?"と突っ込んでやろうか、と思ったが止めた。"僕に連絡取ろうとしても無駄ですよ"などと不振を客に当てつけた閉店挨拶をサイトに残し行方をくらました人に、声掛けする由も無いのだ。
恐らく、心機一転、ユーチューバーとしてギャラを狙ったものの、再生回数が伸び悩み、Twitterを併用することにしたのだろう。多数、自作がアップされているが、経緯が経緯だけに、こちら1曲も聴いてあげる気にならない。日本語をわざわざカタカナ表記するタイトルのセンスもいただけない。

画像のみ
20200325

先日から視聴始めた『オザークへようこそ』、やっとシーズン1を終了。面白かった。ローラ・リニー出演が視聴動機だったが、意外なエピソードに受けた。

カルテルを追跡するゲイのFBI捜査官が、囮捜査で罠を仕掛けたヘテロ男性相手に不意にキスをしかけてブン殴られるシーン。そりゃ殴られても、、とハラハラ観てると、そのヘテロ男、しばらくして捜査官の部屋を訪ねてきて、"俺はホモじゃないぞ"と断わりつつ、抱き付き返して来た! また風貌が髭もじゃの男臭さで。キレイキレイじゃない組み合わせが最高。
事が終わった後の二人の会話、
ヘテロ男「誰かに喋ったらぶん殴るからな」と凄むと、捜査官「ピロートークの練習しないとな」。これにヘテロ男、大笑い。で、二人は親密に。

後で、ヘテロ男が過去に未成年の男娼の買春していた犯罪歴を、予め捜査官が知っての行動だったと分かるのだが。息子を持つ男性が、なんで同性と?などと野暮な疑問を持つことなかれ。
2020/03/24

故郷、オーストラリア

20200323
FUJIFILM X-T30 XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 2020.01

今朝TV出演していた専門家会議メンバーによると、「国としては大阪・兵庫合わせてのお願いだったが、府知事さんが両間の移動制限として解釈された」と苦笑気味に。
なのでやっぱり誤読だった訳だ。さらに、一部メディアによると府の方針転換に兵庫を利用した、という説も。
結果的にスケールの小さいほうの判断をした訳だから、各方面への影響は少ないか、と思ってたが、連休直前にあの要請アナウンスを受けて、急遽、県立美術館が臨時休館したりと、各業界への補償問題が浮上することになるので、府知事はミスとして認める事は無いだろう。
どうやら阪神間の往来の代わりに人足は京都に向いたなどと聞く。これじゃ厚労省の提案と真逆の結果じゃ?と首を傾げるが、根拠の元となる文書が公開されたにも関わらず、雑味な肯定意見も多い。



三拍子の曲でイイ曲を書くアーティストは大概惚れ込んでいく。カーリー・サイモンしかり。
カンタス航空のテーマソングに起用されたピーター・アレンの「I Still Call Australia Home」は、上記ベスト盤をSpotifyで初めて聴いた。オリジナル収録盤は確認できていないが、現時点では彼のCDのほとんどが廃盤になっているので、入手可能なベスト盤一枚くらいはいずれ買っておこうかと思う。

https://youtu.be/tuBlc1TL1ak
2020/03/20

アレンのThe More I See You

20200319
FUJIFILM X-T30 XF16mmF1.4 R WR 2020.02

ニトリ通販購入の第2弾はラグマット。ささくれた畳の上に敷いてみたんだけど、倉庫の臭いがする。あまりに匂いがきついので芳香剤を振ったが、それでも臭い。

ゆうべ突如アナウンスされた大阪~兵庫間の移動自粛の件、今日流れてきたツイートで、"大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛"の旨記された会議資料を読み違えて、"大阪・兵庫間の移動自粛"としたのでは?という意見に自分も1票かな。ただそうなると、勘違いにも関わらず是正する人が周りに居なかった?という疑問も残る。
どうも、関西のうち感染者数の突出したこの府・県に住む者は他地域に行かないように、という解釈のほうが全体論的に辻褄合う気がするのだけど。



引き続きピーター・アレンのアルバムをSpotifyからランダムに。『Taught by Experts』(1976)を聴いた。
この方、ぼくはAOR路線のつもりで聴き始めたのだけど、本作など非常にヴァラエティ豊かで、ミュージカルの素地がある人なのだと分かってきた。
ある意味、現代録音だと盛沢山で散らかって聴こえるかもしれない。'70年代の素直でストレートな音が疲れない。

ワルツの切ない(3)「Back Doors Crying」、ラテン・フレーヴァーの(4)「I Go To Rio」、後日、歌詞チェックしたい(6)「Quiet Please, There's A Lady On Stage」、アコーディオンをフィーチャーして歌い上げる(9)「Harbour」など。
びっくりしたのが名スタンダード(8)「The More I See You」。この曲の軽快なアレンジは初めて。

シンガー&ソングライターとは思えないほどヴォーカルが安定していて、そのぶんバッキングにも耳を傾けやすい。ヒュー・ジャックマンが彼に扮したミュージカル作品にも俄然興味出てきたね。
2020/03/18

春の水夫

20200317
Panasonic DC-G9 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2020.01

TVとネットのニュースで温度差を感じたのが、韓国での対策法。TVでは大邱の医療崩壊をしきりに報じていたが、SNSでみられる海外報道ではドライブスルー&ウォークスルー検査の実施等評価が高い。そうこうするうち、TVニュースはイタリアのほうに話題が移り、医療崩壊のストーリーはそちらに流れていった感。
先刻のG7のテレビ会議内容も参加他国の公文書には、五輪完全実施の記述など無いというし、何がなにやら。



現在、ジュディ・ガーランドの人生を映画化した作品が公開中ですが、ガーランドの娘ライザ・ミネリの元夫、ピーター・アレンについて、長年ノーチェックだったので試聴開始。
今回、サブスク加入にあたりSpotifyを久々に選択。去年、高音質サブスクを聴ける環境を作ったのに、あえてSpotifyにしたのは、ニトリ通販で最近買ったミニ・ファンヒーターが、ドライヤー並みにノイジーで、これを点けて音楽聴くなら音質に拘れないや、と。

小学生の頃、洋盤として初めて買ったシングルがクリストファー・クロス「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」でした。この曲の作家陣にピーターの名前もあったのですが、連名だったせいでバカラックしか憶えられてませんでした。
リヴィングストン・テイラーのカヴァーで親しんだ「Fly Away」の作者でもあるピーター、この曲が入った代表作はラインナップに無く、代わりに『I Could Have Been a Sailor』(1979)を。

きれいなアルバム。すんなり聴けた。プログラムが良いうえ、各曲練られて精度が高い。それでいて過分な緊張感を強いられず、安らぐ。自然だが、音楽的なエッセンスは実にヴァラエティ豊かだ。
どういうわけか、ハーモニー感覚に優れていても、マイケル・フランクスとかスティーブン・ビショップあたりはなかなか縁を感じない。ピーター・アレンは、自分の感覚ではリヴィングストン・テイラーの延長上でスッと入れた。同時代のA&Mではポール・ウィリアムズが浮かぶが、ウィリアムズも良い曲書くけど聴いててちょっと憂鬱になる。

表題曲の印象的なサビ、他人のカヴァーも是非試したい珠玉バラード「Don't Cry Out Loud」など。
Spotifyでは聴けないピーターの代表作『Bi-Coastal』については動画サイトで数曲試聴したが、プロデュース内容的には、今回の『I Could...』のほうがしっくりきそう。今から時間を取り返すようにピーターを聴き進めなければ!
2020/03/15

突然、オザーク

20200314
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 2020.02

花粉症なのでマスクのストックは去年の余りが少しあったが、これほど欠品が長引くとは思わず。近所のマツキヨは営業短縮、よほど問い合わせが多いのだろう、入口にも売り切れの張り紙。
植物園も休園延長で、どこ撮りに行こうかねぇ。

市内では新年度からの学校再開が発表されたが、これ以上延ばす訳にはいかんといったアナウンスが如何にもオサーンな印象。台湾の学校再開に向けた整備条件のきめ細かなことよ。一人も感染者が出ていない段階からここまで詰めているとは。

画像のみ
20200315

ネトフリの『グレイス&フランキー』のシーズン6の視聴合間に別のドラマも試そうかと『オザークへようこそ』のシーズン1を視聴開始。ユーザーマッチ度は低めだったが、ローラ・リニー出演に興味。

マフィアの財務顧問が共同経営者の使い込みをボスから問い詰められ、口から出まかせで資金洗浄計画を持ち出すと、実行させられることに。夫婦は命からがら子供達を連れミズーリ州オザークへ。

ごく普通の風貌の主人公のトラブル事情が、ドラマとしては淡々と描かれるのだが、いきなりのリンチシーンに呆気にとられ忽ち惹き込まれる。まだ1話のみ視聴だが、生々しいエピソードが続々観られそうだ。

2020/03/12

THE TOKYO ALBUMS

20200311
FUJIFILM X-T30 XF16mmF1.4 R WR 2020.02

一ヶ月ぶりに天王寺に用件で出向いたら、人通り減ってたわ。まるで元の垢抜けない地方都市らしい光景に戻った感じ。ちょっとホッとする。迷い込んだ遊郭通りから固まったような表情で出てくる白人夫婦もしばらくは見かけないだろう。

野球には関心無いので高野連の経緯をよく知らないが、確かいったんクッションを置いて最終決定するという旨に、各校の監督・球児達は、無観客でも試合が出来ると喜んでたんだよね。あの反応のニュースを見た時点で、偉い方は伝え直すべきと焦らなかったんかしら?



ジョニー・ハートマン、1972年来日公演を収録した『The Tokyo Album』をSpotifyにて試聴。これも既に廃盤で、ライヴ音源は音質に不足しそうだからと後回しにしていたが、充実内容に驚かされた。70分強、全15曲。

パーソネルはAmazon説明から引用すると、菊地雅洋、益田幹夫、鈴木良雄、池田芳夫、村上寛、日野元彦、2曲で日野晧正が客演、となっている。終盤、見事な輝きを放つペットプレイは日野氏だったんだ。
2020/03/10

カラー・コントロール

20200309
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2020.02

ネトフリで2つ番組視聴しました。



映画『ゲット・アウト』(2017)は、公開当時関心あったが劇場に足運べなかった作品。白人女性の恋人の実家で休暇を過ごすことになった黒人男性の主人公がリベラルな彼女のご両親や周囲人物の好意的だが不穏な素振りに不信感を抱く…。
終盤、主人公が彼女の実家を脱出するシーンは、やや安直ではあるがスピーディーに描かれ痛快。しかし"乗っ取り"には恐怖心を抱かされる。
この作品鑑賞して、中島みゆきの「春までなんぼ」の節を思い出した。

【自由の歌が親切顔で
そういうふうに誰かを喰べる】
(中島みゆきアルバム『はじめまして』(1984)「春までなんぼ」より)

画像のみ
20200310

こちらは『親友のカミングアウト』(2015)。幼馴染の4人の男達のうち、主人公がゲイをカミングアウトすることから始まる周囲とのエピソード。初めはドン引きされるが、シャイな主人公に彼氏を見つけてあげようと後押しする展開が、'90年代のようなエイズ絡みの障害も無くコメディタッチで描かれる。家族との関係は、母をポイントに置いて父・妹は省略されている。終わりよければ総て良しの後味。
一つ難を挙げるなら、主人公が振られた相手男性の車に親友がイタズラするシーン。車の特徴を話しに聴いただけであそこまでやる?
2020/03/08

ジェイムスの到着

20200307

通っているスポーツジムは、元々そんなに混むほど人気は無いが、週末にしては少なくなった印象。このところライヴハウスやライヴバーなどが特定されるところをみると、飛沫がかかりやすい密集地を避けるのが一番みたいだから、閑散としてればジムでも問題無しとみている。
仰向けでダンベルを上げ下げしていると、いつもはダンサブルで硬質なBGMがかかるのに、俄かにマイルドなギターとコンガが流れ出して、思わず力が抜けて顔に落としそうになった。

そのジェイムス・テイラー『American Standard』、いざディスクで聴くと、かなりリミッターのかかった音圧感で、広いバーで流すとマッチしそう。ウチの部屋には、ちょっとそぐわないが、各パートは音がしっかり前に出て、低音も充実している。
ジェイムスが築き上げてきたスタイルに、そのままスタンダードが乗った感じ。共同プロデュースに名を連ねるジョン・ピザレリが、7弦ナイロンとアコースティック・リズム・ギターで活躍。ジェリー・ダグラスもドブロで参加。ルーツ・ミュージックとして捉え直した側面も感じ取れるサウンド作りだ。

ジェイムスは映像で見ると、あまり口を開けず頬骨を上げて笑顔で歌うスタイルを決め込んでいるようで、これが彼のブランド力にもなっているが、良い意味で表情のムラは、実弟であるリヴのほうが豊かであると思うので、このアルバムのフォーマットのままリヴが歌う様も脳内でシミュレーションするのであった。
2020/03/05

The Hollywood Musicals

20200304
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2019.12

ゆうべの深夜頃、イタリアでの全国一斉休校(大学含む)のニュースを受けて、ほら国内の判断は正しかった、との意見を見かけたが、イタリアの場合、状況に鑑みての印象だが、国内のは都道府県のうちほとんどが感染者数ゼロの時点だったはず(大阪で1人)。
早目の判断を評価するなら、台湾でしょう。トランスジェンダーの若いIT大臣がマスクの在庫数を地図上に落とし込んで随時知らせるアプリを頒布、かたやオイルショックの再現よろしくトイレットペーパーまで買い急ぐ様を演じるオリンピック開催予定国。
尤も台湾にしてもSARSの教訓があっての取り組みだから、予想するに、国内の検査体制については次の新たな感染症の局面までに整うくらいにつもりしておいて心落ち着かせるしかないんじゃないの(岡田教授が告発してた一部の感染研OBの利権絡みの件は気になるが)。

平日昼間の近所の団地前の狭い公園では、子供が沢山集まって遊んでる。まぁ、手洗いしてりゃ大丈夫だと思うが、この機会に、休校中の子供の実態について休校明けにアンケートを取るなどして、学習の遅延状況とともに、人の密集を回避し分散するための判断材料となるデータを仔細に溜めてはどうか(若者に限定されるけど)。こういう人の動向の調査は、社会学分野に当たるのだろうか?



ジョニー・マティス1986年の『The Hollywood Musicals』、ヘンリー・マンシーニ共演の映画主題歌集。これも'90年代録音のミシェル・ルグラン共演録音と同様、なんか大家に遠慮した抑え目の録音になってますね。ルグランよりは聴き応えはあります。
この優美なオーケストレーションは、マティスのデビュー当初の'50年代なら似合っていたかもしれないが、既に脂の乗った'80年代においては、ワイルドでパンチの効いたフレージングを発揮したいところ。
実際、別ライターによる「ブラジルの水彩画」のほうが、ラフだが表情のダイナミズムが出ている。惜しくもボーナストラックだが。
2020/03/03

日蝕の傷

20200302
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2019.12

近所の植物園も臨時休園に入っちゃった。広大な敷地だから、団体客だけのお断りくらいでいいんじゃないかなぁ。人を密集させない目的の筈が、横並びの措置になっているだけにも思えるが。
関係無いが、この一連の感染問題でコメント出演されている久住医師、可愛いね。

画像のみ
20200303

ネトフリに再加入。以前の契約時に途中まで観てそのままになってた、スティーヴン・キング原作『ジェラルドのゲーム』の映像版を視聴。
中年夫婦が別荘でSMプレイに興じようと、妻の両手をベッドに繋ぐが、バイアグラを服用した夫が心臓発作で死んでしまう。手錠で繋がれたままの妻は・・・。

原作未読だがキングらしい内容だ。全編ほぼベッドから動けない状態の妻が映され、その間、夫やもう一人の自分の妄想に囲まれ、脱出までの葛藤を描く。
核心は、妻の少女時代の日食のエピソード。この強烈な体験が彼女の結婚にも影を落としていることがわかるようになる。心の傷を克服すべく彼女は新たな人生を踏み出すが、、。
解りやすい内容でもあり、いっぽう、心の傷に向き合えない期間に出会った夫との関係は、全く不毛のものだったのか、という疑問も残る。夫の立場が少々気の毒な気もするが、結果、男女という主従関係から彼女は解放されたのだと解釈した。
2020/03/01

ハートが入っている

20200229
FUJIFILM X-T30 XF23mmF1.4R 2020.02

総理って、自治体の長を招集するテレビ会議のようなネットワーク・システムを持っていないんだっけ? 自治体の柔軟な対応に任せるという説明が追ってなされるくらいなら、合議を取る機会は有り得たような。学校はとうに閉めて親御さんに通達出して、お子さんに荷物持ち帰らせてるよ。



ジェイムス・テイラーの新作『American Standard』は、AmazonからCD発送の通知が未だ無く、Spotifyで全曲聴いてしまった。期待通りの素晴らしい内容。
「ムーン・リヴァー」は、元々ふわっとロマンティックなイメージの歌曲だったが、矍鑠と希望に満ちた歌い口で、少々意外。
「ペーパー・ムーン」は、逆に弾ませずアルペジオで。「きみの友だち」のようなコンガを配した小規模編成。リード・ヴォーカルに馴れた中盤頃には、熟練のバッキング・ヴォーカルが盛り立てる。

ホント、何?この万年青年の輝きは。楽し過ぎるよ。到着が楽しみ。