FC2ブログ
2018/10/30

もしも時代が違っていたなら

kintetu181029
SIGMA DP2 Merrill 2017.12

オランダでは、今時の子供たちは、同性婚が無い時代があったの?と大人たちに訊くという。職場の同僚に、「私、結婚するの」と打ち明けられれば、「相手は男性?女性?」と会話するのが流れだそう。

ヒュー・グラントが初めてTVドラマシリーズに主演したという『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』をWOWOW視聴。青年ノーマンと肉体関係を持った国会議員ジェレミー・ソープが、同性愛が違法とされていた当時、その揉み消しに青年の殺害を目論んだ、実際の事件に基づいた。

▼WOWOWより(画像のみ)
drama181029

英国ドラマは'60年代頃のビジュアル再現が楽しい。グラントのヒヒジジイぶりが見もの。ドラマに登場する主要3人物が同性愛者で、冒頭から、ソープ(グラント)が政治家仲間と、その指向(ここでは嗜好的な会話ぶりだ)について語り合う。そして国民カードを紛失し、家も金も無い知人の青年に情をかけるところから愛憎物語が展開する。

複雑さが無いのでドラマ的な楽しみは今一つだが、タブーとされた当時の政治家の揉み消しは、今やブラックユーモアともいえるドタバタ劇だ。事実通りに描写されているなら、調子者の素人の殺し屋に依頼してしまい、派手に未遂する流れには笑いさえ込み上げるほど。

さて、その暗殺未遂事件の裁判、ラストにおいて裁判長が陪審員にソープらの無罪を誘導するシーン、ノーマンの立場で観れば切ない。現代的な視点では尚更だ。
自宅バルコニーで祝杯を上げるグラントの演技に、彼がキャスティングされたのに納得。滑稽なハンサム。ノーマン役の俳優も、生命力を孕んだ弱者ぶりが見事。
2018/10/28

おおさか影集

osaka181027

フォトジンの半額クーポンをもらったので、半年ぶりにアルバム作りをしました。大阪のあちこちをランダムに。1ページ1点で構成。

http://preview.f-photobook.jp/photobook.php?id=1233

ネット注文なので色校など一切なし。手元に届けば、色味はそれほどイメージが裏切られる事はないが、明度が写真によってニュアンスが違って見える。やはりパソコンの輝度の影響ですかね。

タイトルは"写真集"と名付けると平凡だと思ったので、ふと"影集"という言葉が浮かび、ネット辞書を引くと日本語にあらず、中国語にありました。正に写真アルバムという意味。
2018/10/27

ラストスパートへ、2連快勝

rose181026
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 2018.10

ATPツアーのウィーン大会に出場中の錦織選手は、この2試合、ロシアのカチャノフと地元ティームを、いずれも1時間程度で撃破。観ていて爽快だった。過去記事に、彼の再ピークはいつ?とボヤいたが、ツアーファイナルへ向けてのラストスパートのように、一気に好調に入った。

ぼくは小さなディスプレイ越しでは、スピン量というものがまるで計れないのだが、前回は負けたこの両選手に対し、ハードヒッターを翻弄するが如く今回のリターンの変貌自在で、それほど力まずにスピンをかけて躱しまくっていたように思う。具体的にどういう作戦だったのだろう? なんとなく前回の上海大会での対フェデラー戦の惜敗が、その後のプレイに好影響を与えている気がするが。

ティームはホームということもあって力みもあったか、冴えなかったですね。ただ、錦織は対カチャノフ戦と同じセオリーを貫いて勝ち得たように思う。このラリーのレベルなら、ファーストサーブの入りは、そんなに気にならなかったですね。

話は逸れますが、先日、サッカー選手だったかな、本人に直に声掛けするときは"さん"付けしてほしいとか。それで物議を醸したらしいんだけど、著名人にとってはそうだよね。見も知らぬ相手から突然呼び捨てられるとギョッとする。それが一般人の中には、応援してやってるのにと、理解しようとしなかったりする。この感覚、今賑わしてる安田さんの件とも意外と繋がると思う。
拙宅ではアスリートに関してはテニスのみ取り上げていますが、特に国内選手には"錦織選手"と記すようにしています。ただ、文中ではくどいので、2度目以降の記述では省略させてもらっています。
2018/10/25

Deezerにない手持ち盤(5)

river181024
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.07

春から利用開始していたDeezerは、ここで一旦一休みして、手持ちCDと映像作品の視聴に移行。Deezerラインナップと重複するCDは、既に60枚以上売り払った。大好きなアルバムも容赦なく、です。でも手放した喪失感は無く、自分の頭の中を占めていることが大事なのじゃないか、と。



こちらはDeezer、Spotifyでも聴かれません、ジューン・テイバーの貴重なハンニバル・レコードからの'90年代録音。『サム・アザー・タイム』。国内盤ではミディから出てました。
英国トラッド・シンガーの彼女、オール・トラックがジャズのアルバムは、実は本作のみで、近作のECMですらトラッド数曲混ぜてます。
本盤は、ミディの日本語解説では、やや編曲が地味すぎるといった意見もあったが、ECMの静謐で深遠なパフォーマンスを知った後では、装飾過多に陥らず全くもってスムーズに聴ける。さすがにヴォーカルは今より若干浅く、録音の質感も今では密度不足だが、いまだに他方では見当たらない異色のヴォーカル・アルバムだろう。異色といっても、超自然なのだ。
2018/10/23

ズレにみる愛と死

rose181022
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.10

風邪は良くならない。夜中に腕が痺れて手の感覚が無くなる。これも蓄膿のせい。今回の風邪で出尽くして欲しい。



WOWOWにて海外TVドラマ『アフェア 情事の行方』シーズン3を全話視聴終了。妻子を捨てウェイトレスと結婚した主人公ノアが、轢き逃げ事件による服役からの出所以後のストーリー。

このシーズンは全体的に物語が停滞した印象を受け、少々ダレたような印象も受けたが、ファイナルシーズンを見据えた上での、キャラクターの掘り下げに取り組んだものとみるべきだろう。
随所に、服役中のノアが同郷出身者の看守からの虐待によるPTSD、さらにケガの痛み止めによる依存症からくる看守のストーカーの妄想シーンが挿入され、従来シーズンとは異なったサスペンスフルな演出。
全話観終われば、この看守は本シーズン限りの登場のようで捨てエピにも思えるが、各登場人物の視点から描かれるこの特異な作風に、唯一、この看守はノアの視点のみに登場するので、それゆえ、ノアが決着を付けようと実際に看守の自宅を訪れたシーンでの、看守のプライベートの素顔が興味深い。看守は、障がいを抱える息子を持つ子煩悩な父親だったのだ。
また、新たな出会いとなるフランスからの客員教授の女性との絡みもどうやらこのシーズンのみだったようですね。

男女の仲の曖昧さというものを、視聴者にヤキモキさせつつ、人の心の不可解さというものを見過ごせない、誰かの死によって展開するありがちなドラマのようでも、よく練られている。ノアがアリソンと再会し、外風呂で語らうシーンなど、アリソンが離婚を決め、ノアを避けつつも、彼の苦労育ちなど聴くにつれ情が移るプロセスなど、理屈では説明できないものがある。ドラマならではのゴタゴタと他人事のように片付けられないクリエイティビティだ。

唯一、リアリティが無いとすれば、ノアの精力ぶりか? しかし、貧乏育ちの長男のキャラクターをリアルに造形している。なんというか長男らしいハチャメチャさを抱えている。彼にとってヘレンは母性的な理解者で、アリソンは刑務所にピンナップを貼るほどのアイドルか?
しかし、ノアがアリソンに向かって、彼女の元夫コールの非難目的に「あいつは君のことを欠陥品だと思ってる」と言い放ったシーンは、きつい。その言葉はノア自身がアリソンをそのように見ていたことの証明に他ならなかったのではないか?
2018/10/21

Deezerにない手持ち盤(4)

dahlia181020
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.10

ようやく青っ洟が出るようになって風邪も治癒の兆し。白っ洟も混ざって、鼻の中どうなってんだか。後鼻漏の影響からか、近年の風邪症状は、胸詰まりを感じながら、ゲップと咳が交互に出たら、最後に巨大な痰を嘔吐する。



なんか大貫さんの新譜のライヴ・アルバム、辛口評価されてますね。
まず今回の作品、予期せぬ新譜だったと、ぼくは捉えています。たぶんNHKドラマの挿入歌がらみで、作曲家のサントラをリリースする縁で、コロムビアからもう一枚、大貫さんのライヴ音源をリリースする話を彼女サイドから持ち掛けたのでは?と推測しています。だからタナボタくらいでファンは喜ばないと。
純粋に新曲を聴きたい気持ちも理解できますが、彼女は働き者でもう充分に作品を発表してきているくらいです、海外アーティストと比べれば。

それから従来の彼女のポップス・ファンがピュア・アコースティック活動にどれだけ理解を示しているかにもよるでしょう。あの編成では、基本的に選曲の幅が限られてきます。それに生楽器との共鳴を非常に神経使って互いに聴き合って紡ぎ出すスタンスなので、同じ曲を何度も練り直すこと自体に意味を含みますし。
ピュア・アコースティックの全編ライヴ音源のCDは実は初めてではないでしょうか。ライヴ録音の聴感に慣れていない面もあるかもしれません。少なくとも、大貫さん自身が最近のインタビューでも発言しているとおり、今が一番しっかり歌えていると僕は思います。
ただ、過去記事にも触れましたが、キーが下がっているので、これに気づかず違和感を覚えた人がいるんじゃないでしょうか。

画像の『UTAU』は、ご存じ教授との共演作。このアルバムはSpotifyにはあるがDeezerでは聴けないので手元に置きます。またディスク2の教授のインストゥルメンタルは、サブスクリプションでは何れも聴けない筈です(追記:Spotifyでインストも込みで聴けます。訂正します。)。ピアノとヴォーカルが醸し出すアンビエントな湿り気が魅力。
2018/10/20

チェンジリング

kao181019
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.07

先日の年賀状返送の件を書いた記事に、なんだかアクセスがいつになく集中していたような気がしたので補足ですが、自分が賀状を突き返した相手の同僚とは「うん、私、他人からよく無神経っていわれる。自分でそういうとこ気に入ってる」と、自ら言ってのける程の普段からそうした行状がある人物性だったということです。無神経な自分を気に入ってる、とは珍しいと思いましたね。とにかく謝れない人で、メールのやり取りを寸断するかのように年始にはケロッとした賀状が送られてくると、アレッ?っとこちらは首を傾げるわけです。そこに一筆何かフォローする文言でもあればマシですが毎年「~へ行ってきた!」だけですから流れに釈然としない。一括処理の印刷で深く考えず撒いただけなんだろうけどね。



1920年代のロスで起こった実際の事件に基づいたというイーストウッド監督映画『チェンジリング』(2008)をWOWOW視聴。主演はアンジェリーナ・ジョリー。

2時間を超える上映時間だが、見応えあった。5歳の息子が行方不明になり、約半年経って、警察が探し出し引き合わせられた子供は別人だった・・・。
母親(アンジー)は、別人を主張し息子を探しなおすよう懇願するが、当時のロス市警はギャングとの蜜月関係に、汚職、と信用失墜しており市民を少しでもなだめようと、好材料となる筈だったために、母親を逆に精神錯乱と決めつけ、警察部長の権限で彼女は精神病院に強制入院させられてしまう。

話の軸は、子供捜しを発端とした当時のロス市警の権力濫用を正す直情的なストーリーとなっていて、分かりやすいし、事実関係をリサーチしたフェアな作りが窺える。
個人的には、すり替わったニセの子供の存在感が気になる。この時代のドサクサとはいえ、当人に成り代わったこの子供の異様な素行にもっとスポットを当ててみたい。アンジーに向かって「ママ、おやすみ」などと平気で言い、彼女の逆鱗に触れ、学校のクラスでは先生の名前を「忘れました」の一言でかわし、すまし顔で空いてる席に着席する。後にこの子供は本当の母親に逢うが、どういう親子関係だったのだろう。正義感に溢れるアンジー親子の健全な関係以上に気にかかった。
2018/10/18

ビージー・ウィズ・ジェイミー

daria181017
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.10

USB充電式のカイロを使ってみたところ、なかなか温かいですね。使い捨てより温度が一定していて二段階設定で便利。プラスチック製なので、マウスを握っているような感覚だけど。



引き続きジェイミー・ポールの音源を聴いた。こちらはピアノ奏者、ビージー・アデール名義のアルバム名となっています。『マイ・ピアノ・シングス with ジェイミー・ポール』(2012)。
ジェイミーのヴォーカルが全トラックにフィーチャーされています。両者は師弟関係なのでしょうか。とにかく伴奏は申し分なし、旧作のアデールのピアノとオーケストラのセッションもセンスよかったし。ジェイミーのアルバムがいずれも成功しているのは、このアデールの尽力によるところも大きいでしょう。

ジェイミーは、おそらく全てのアメリカン・ミュージックを歌いこなせるでしょう。それほど巧いだけに、個人的にはヘビロテするほどには至らず、付かず離れず聴き続けそう。親近感では、ごく最近知ったエリン・ボーディーのほうがタイプで、自分でも頑張ったら手が届きそうな気がする素直な表現なんですね。とにかくゴスペル要素が自分には無いので。むかし少年少女合唱団には居たけれど、クラシック寄りだったしね。
2018/10/14

名だたる歌姫へのトリビュート

poppy181013
Panasonic DMC-G8 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S 2018.05


鼻風邪はお約束通りノドへ。老人のように足腰がだるく、声は低くしゃがれた婆さんみたい。というかかつて50代って子供の頃は老人の域みたいに見てたっけ?
調子を落としている間にどんどん時間が経つ。あれよという間に年末じゃん。
ちなみに賀状は書かなくなりました。一切もう送っていないと、下さった方には伝えるようにしていますが、前職場の数人が未だに送ってくれるのに困惑。くれるだけマシと受け取るべきだろうが、当時たいして親しくもしていないのに、子供の進学や一戸建ての購入や海外旅行の報告ばかりくれる。たいてい何年も返さないと止めてくれるようになるが、長期旅行の写真を刷ってまだ送ってくる人には、耐えかねて封書に入れて返送した。「あなたにはキツイことやっても大丈夫」と、恥かかされた経緯が山ほどある同僚だったので。特に仕返しなど意識しなかったが、自然に気が入らなくなるもんです。それに賀状に旅行報告って変じゃないですか?新婚ならまだしも。



ジェイミー・ポールの『ジェイミー・ポール・ウィズ・ビージー・アデール ~シングス・スタンダーズ』を聴いてみました。名だたる13人の女性シンガーの十八番を取り上げた。彼女のピアノ伴奏を務めるビージー・アデールとオーケストラにより、しっとりした歌唱を楽しめる。

彼女のヴォーカル、一聴してビリー・ホリデイを聴きやすくした感じ、と捉えました。プレスリリースを読むと、アデール自身が、【ジェイミー・ポールは往年のシンガーの曲を聴き、吸収してきましたが、それがエラ(フィッツジェラルド)であり、ロージー(ローズマリー・クルーニー)であり、リナ (ホーン)であり、ビリー(ホリデイ)と既に認識していました。】とコメントしているように、いいとこ取りで、自分のモノにしている。とにかくうまい。個性はあるがクセとして耳障りは無い。

去年の秋、彼女は来日してたんですね。惜しいことした。まぁサブスクリプション(Deezer)で、ライヴに行こうかという気にさせてくれるのだから、アルバム本体は持たなくても、知る機会には良いサービスですよね。
2018/10/13

ヒッチコック目線なら…

bridge181012
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 2018.10

WOWOWオンデマンドで視聴できるスウェーデンTVドラマ『凍てつく楽園』はシリーズ6と7まで観た。以前は3話完結だったが、新作では1時間半の単発モノに変更したらしい。このほうが結果的にテンポ良く犯人捜しの謎解きにのめり込めた。
何組か、視聴者の気を逸らすための紛らわしい人物やエピソードが交差し、素直に見てれば結構はぐらかされる。シリーズ6で殺された少年が、両親の知らないドラッグ中毒で、怨恨との関連性を裏切るショッキングな真相に新味を感じた。シリーズ7では、最も事件に無関係そうな人物の打ち明け話が、捜査に関連するヒントとして散りばめられていたり。毎シリーズ、どれくらいのインターバルで制作しているのか不明だが、主役刑事を取り巻く環境・生活の変化も窺えて、なかなか楽しい出来である。



ゆうべの深夜放送でヴェンダース監督の『アメリカの友人』を初めて観た。毎週金曜深夜の放送は普段ならスルーしていたが、本作は原作がパトリシア・ハイスミスとのことで、気合入れて視聴。
『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』は良かったけど、本作はサスペンス要素に自分が期待し過ぎたようです。加えて自分の"イラチ"な性格が、登場する男達の関係性にじっくり付き合えなかったのだ。
特急列車内のバイオレンス・シーンは、ヒッチならもっと上手に撮るだろうな、とか。完結するストーリーを求め過ぎたようで、主人公の病状の真実は、もっと楽観できるもので、それを後で知った主人公が、妻子のため人を殺めた事を烈しく後悔する絵など想像していた。
この詩情がくみ取れなかった自分。また単発ドラマに戻るか。
2018/10/11

ジェイミーのクリスマス・アルバム

robai181010
Panasonic DMC-G8 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.01

今、暑いんでしょうか寒いんでしょうか、鼻風邪で感覚がマヒ。耳が詰まる。くしゃみが起爆剤になったかのように蓄膿の排膿が続く。これが全部抜け切るまでは片頭痛と倦怠感とずっとお友達。



ジェイミー・ポールは、最初に出会うアルバム次第で印象が異なるシンガーかも。最初に聴いたジョニー・マーサー集がお気に入りだが、その後、カントリー・ロックやR&B系のアルバムを聴いて、表現の幅に驚かされた。マーサー集では、いかに余裕で抑制を利かせて歌っているかが解った。
サブスクリプションではパーソネルが把握しかねるが、彼女、相当のブレーンが付いてると思われる。本作のクリスマス・アルバムもホリディアルバムにありがちな下世話なアレンジに陥らず、録音もヴォーカルをひけらかさない弾力のある音響で上品にまとめ上げた。
2018/10/09

Deezerにない手持ち盤(3)

▼飛田百番
tobita181008
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.10

むかし遊郭だったという居酒屋さん。中はまだ入ったことないんです。このショットは勝手口側かな。自分の昔の職場がここでかつて飲み会やったそうですが。内装は検索画像で見られるようですよ。
こないだ撮影散歩ついでに、もう一つ有名な新地の場所を確認がてら初めて訪れたが、ある意味そちらのほうが、商店やマンションが混在していて、普通に会社帰りや買い物帰りの人々の通り道になっているのが凄い。どちらも区画されているが、飛田のほうが窪地だけあって犇めき合ってる。



モーラ・オコンネルのグラミー・ノミネーション作『Helpless Heart』。これもDeezer他、ストリーミング系でのラインナップに無いので、手元に残しておく。ぼくの所有品は、これと違うジャケで、収録曲順も若干異なる、アルバム名も『ウェスタン・ハイウェイ』となっています。どういう経緯で、異名同アルバムが2種リリースされたのか知りませんが、現在も流通するのは、上記分になるようです。

このアルバムは、例のマスターに貸したところ、大それたことに「別に」というリアクションしか無かった。たぶんこういういっけん淡々とした演奏は、彼には淡白で単調に聴こえるんでしょう。音楽的なメリハリの捉え方が根本的に違うようで。
飛田からの帰り道に、むかし通った飲み屋があるので、そこでまた飲みなおすことにするか。そこでなら馴れ馴れしく「コイツ」呼ばわりされることもない。
2018/10/07

Deezerにない手持ち盤(2)

▼神戸元町にて
kobe181006
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.07

バンド関係の友人のバーでは、一度だけ週末のアマチュア集まりの弾き語りを聴かせてもらいに行った事がある。当時、こちらの体調が悪くて、このコンディションでアマの演奏を聴くのはちょっと、と普段は平日にしか訪れていなかったのだ。
案の定、といっては悪いが、想像以上に詰まったり、止まったりする演奏者ばかりで、ここに割り込むようにしてマスターが歌い出すのは、自身が引き立つようある程度計算してのメンツだったのか、今となっては分からないが。

本来、チャージ料を払うのも不本意なところ、あえて了解した上で感想をいえば、初めてライヴに臨んだという明石からやってきた若者が、最も下手だったけど逆にピュアで良かった。このことをマスターに伝えるとノー・リアクションだった。
面白いことに他の日、別の若い人がプロ・ツールスを使って録ったというデモを店内に流してもらおうとやって来たところに居合わせた時、マスターが流し終えた瞬間、ぼくが酷評すると思ってたらしい。「ああ、いいね、いいと思う」と口を開いたものだから、エッと突かれた顔をしていた。マスターのほうは細かい点を本人に指摘していたが、ぼくはフォローすべく、「まぁ、マスターとぼくみたいな、"ザ・昭和"な者のアドバイスなんて気にしないでいいから」と、何故かこちらが気を遣ってさり気なく笑いを取る。

そのデモは確かにライヴ慣れしていない、宅録にありがちな、声量に乏しいヴォーカルだったが、ダビングを重ねながら疑似的にグルーヴを探る作業は、一人で音楽を作る人ならトライすべきで、下地を作らず、ライヴ回数ばかり雑にこなす声張り上げ自慢のマスターとは違う魅力なのだ。
閉店後、以降のマスターとの付き合いは無くなったので確かめようもないが、なぜ自身の音楽にそれほど自信があるなら、お金をかけないのだろう?と。
レッスンにも付かず、指導者を名乗る人も珍しい。スタジオ・ミュージシャンとしての実績があるわけでもない。機材を使ってデモを録る過程で、おのずとスキルのチェックもできるのに。あのような経営なら、徹底してあるジャンルのレコード・コレクションしてるバーのほうが、変にマスターの矜持を見せつけられることもなく、互いにプロを賞賛し合えるだけよっぽど会話が楽しい。

もちろんこれは、お金をかければよいというものじゃない、という前提だが。この話は、マスターと音楽の共通項に乏しいのが分かった今となっては、唯一の猫好きという点にも奇しくも重なる。先に猫の飼育経験があるマスターには、ぼくの飼い方について、それはおかしいだの、眉をしかめて指摘されたものだった。が、実際よくよく話せばオーガニックに拘ったフードを使っているのは、こちらであり、あちらは、猫の死骸を近所の公園に埋葬している。
要は、金を惜しんでのことだろうと思う。彼のプライベートに理解を示すなら、少しでも近くに墓を作って、いつでも参れるようにしたい、との飼い主の思い入れゆえのことだろうが。この説明が何処まで赤の他人に伝わるものか、これをとっても彼の音楽姿勢と重なってみえるのだ。



こちらはDeezerのラインナップに無いリヴィングストン・テイラーの1970-1980年のベスト。既に廃盤かと思われます。オリジナル曲がDeezerのラインナップに網羅されていれば中古に出しても良いですが、彼の初期録音はレーベルとの契約終了によって扱われていないようです。現行契約の最近作品のみリスニング可能のようです。
彼の初期は声が若い代わりにやや硬い、現在はしゃがれてきたが柔らかい、感性はいつまでたっても瑞々しい。こんな音楽家が傍にいたらなぁ。ついでに自家用ヒコーキにも乗せてもらって?
2018/10/05

南さんのスタンダード・カヴァー

beach180921
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2018.09

以前にストレスになってた上階住人の騒音の件は、管理人に対処してもらい、1ヶ月だけ治まったが、その後また業務を再開し、毎週末は毎日ガタガタやってる。頭にきたので、フラワーレッスンが終わる頃を見計らい、上階に駆け上がり丁度レッスン担当の女と、弟子が談笑しながら賑やかに出てきたところを、傍で冷ややかに観察したら、そそくさとそれぞれに帰っていった。一応、それを最後にレッスンはようやく外部会場を借用することにしたようだ。

もう一方、無頓着な階下のパン屋の喫煙習慣、こちらが嫌がっているのを知ってて、今度は喫煙用の椅子まで据えてきた。なんでこの広い地球の中で、よりによってウチの洗濯物の真下に居座るかねぇ。これはもう、こちらも気遣わなくていいんだと、マットの埃をベランダから叩かせてもらうことにした。



南佳孝さんのアルバムを幾つかSpotify試聴。その中で、ジャズ・スタンダードとボッサ・ノーヴァなどの名曲カヴァーした『NUDE VOICE』(2001)を。
選曲もアレンジも良いですが、歌い方がちょっと受け付けません。うまいのですが、どのフレーズの入りも、やさぐれ風に喉に当てながら摺り上げていて、個性なのだろうけどいったんクセが掴めると、気になり出す。この歌い方に馴染まないとなかなか楽しめないです。
これならオリジナルのほうが良いと思いますね。デビュー・アルバムはクセのない綺麗な声だった。
2018/10/03

In Rainy Sky

october181001
Panasonic DC-G9 LUMIX G MACRO 30mm F2.8 2018.10

せっかく陽水さんが聴き放題になったのに、各アルバムの冒頭数曲聴いて止めてしまう。どうもフォーキーな曲に耳を傾ける気分になれないみたい。もちろん「少年時代」のメロディは好きだし、アルバム『LION&PELICAN』も大好きなんだけど。昭和歌謡は、ハーモニー自体はシンプルなのに、結構こってりと楽器群にオブリガードを付けて、カラフルに聴かせるものが多く、これが今となっては忙しくかえって古びて聴こえてしまう。
陽水さんのロックって、フォーキーですよね。



それで陽水さんはいったんスルーして、こちらも一挙配信となったユーミンのほうは、Deezerでも全曲聴ける。このクラスの国内アーティストでDeezerてんこもりはユーミンが初でしょう。すごいわ。
でも、色々聴くほどに、やはり手持ちのレコードの曲に戻っていく。『OLIVE』(1979)は、才気ほとばしるメロディと歌詞が揃う。このアルバムについては、過去にも取り上げ済みだが、ぼくは彼女の全曲の中で、本収録「ツバメのように」が一番好きかもしれない。

親しかった知り合い女性の自殺を歌った内容だが、今聴いても洒落たサウンドで、たとえば近い内容を歌った中島みゆきの「十二月」と比較するのも興味深いかも。
ユーミンのほうは、メジャーとマイナーを巧みに使い分けながら、さらりと歌って一見シリアスに聴こえないくらいだ。今般あらためて歌詞を確認すると、知人の自殺理由は"裏切った恋人のせいじゃない"となってるんですね。誰かのせいじゃないんですね。じゃ何故彼女は死んだのか? これが作品をいっそうミステリアスにしている。
また、一人称である私(ユーミン自身?)が、飛び降りた彼女について"生きてゆく私には 綺麗だわ"と呟くところも、密かに自殺願望を覗かせるようで、深い物語だと感じ入る。

J-popは、なまじ日本語が耳に付くぶん、メロディのフレーズと言葉の文節が合っていないと、居心地悪くなったりするが、特に本曲など、歌詞カードを読まずとも物語が明快にスッと入ってくる。後年、ビデオクリップ化された『コンパートメント』では、同曲の映像も最後まで凝ってる。VHSからDVDリイシューされた際、パッケージのデザインを新しくしたんだね。
2018/10/01

昭和歌謡を聴かなくなった

minatomachi180925
FUJIFILM X-Pro2 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2018.08

渚ようこさんが亡くなったんだね。驚いた。年齢非公開だったが、まだまだ若かった筈。手持ちの彼女の作品はアルバムが2枚と、ライブビデオが1本ほど。近年は棚から取り出して聴くことは全く無くなっていた。彼女のやや素人がかった歌い口に昭和の懐かしさを感じたものだった。



そういえば、拙宅の当初の音楽記事は、まだ昭和歌謡を扱っていたが、今では振り返りたいと思わなくなってきた。国内ポピュラー界自体に、元々関心が薄く、限られたアーティストしか聴いてこなかったことも大きいが、不思議なことに震災を節目にしたかのように、ぱったり聴かなくなったのだ。直接被災した訳でも無いというのに。まるで脳内の一部が他にコンバージョンしたかのように、自分の中の昭和はイレースされたかのよう。自身でもうまく説明できない。そしてその間、心身の具合が少し悪かった。父を亡くした影響もあったかもしれない。

それから、明らかに(自分は昭和を懐かしく振り返ることはないだろう)と感じた節目が、同い年のバンド絡みの友達のバー起業だ。「今は、大衆のための歌が無い時代」と、マスターは言った。ぼくは内心、そうかな?と。彼の音楽観には、何処かしら芸能界のギミック絡みの幻想があるような気がした。彼はミナミのほぼど真ん中に店を開いた途端、「弾き語りのうまいマスターが居る」との評判を呼ぶことを夢見ていたようだったが、叶わなかった。当初からぼくは彼の音楽面も経営面にも首を傾げたが、閉店するまで一応顔には出さなかった。

昭和って今より窮屈じゃなかったっけ?と。今より公害問題も多かったし、庶民の喫煙マナーは悪かった。子供の頃、父が車の窓も開けずにプカプカ吸ってて嫌だったなぁ。何が良かったんだっけ? 中国ファンドの利率が高かったことくらい?
そうそう音楽でいえば、ちあきなおみさんの実力は時代が変わろうともぼくの中で評価は変わらない。というか大衆が平成に入って彼女を失ってから俄然追いかけてきたような憶えがあるんだけど、気のせい?
その彼女の歌でさえ、今はどうも気分じゃない。身の回りの空気感にフィットしない。洋楽については依然、懐古趣味的なリサーチを続けているというのに、どうしたことなんだろうね。