ル・シャレーの秘密

bird180429
Panasonic DMC-G8 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S 2018.02

悲観してたよりは腰痛はマシになってきた。どのみちGWは毎年籠っているから冴えないことに変わりなし。

素人ほど鳥をどアップに見せたがる、と拝読しているプロの記述を読んで頷く。鳥は迂闊に近付くと逃がしてしまうだけに、キャッチできたらクローズアップして写りを誇示したくなりやすい。もちろん趣旨にもよるが、トリミングし過ぎて小鳥をアップにすると、怪獣のように膨張して見えてしまう。望遠使うと、つい嬉しいから陥りやすいが、案外シチュエーション込みで等身大にみせたほうがスケール感が出るんじゃないか。

(画像のみ)
netflix180429

ネトフリはアクセスの度、新しいオリジナル・ドラマがアップされていて、しかも一定のクオリティは保っているから凄いね。今のところ、趣味の違いはあっても時間を無駄にしたと思わされる作品は無かった。

今回は『ル・シャレー 離された13人』を鑑賞。そして誰もいなくなった系のミステリー。フランスの奥村の出身男性が婚約者の彼女を連れて、同窓生たちとコテージに宿泊すると、1人ずつ殺され・・・・。
全6話完結でよかった。シーズン2に突入されると悶絶する。引っ張るのも話数によるよね。多数のフレンチの名前が覚えづらくて、登場人物まとめをしてくれてるブログを時折参照しながら観た。さらに、現在と過去のエピソードが交差するため、少年時代と大人時代で取り違えてたキャラに途中で気づくというありさま。

中盤で犯人の目的が見えてくれば、冒頭シーンも後追い理解でき、犯人の目星が早期に付く鑑賞者もそうでない者にとっても、結末の愉しみが損なわれない出来だったと思う。

Whisper Not

korea180426
Panasonic DMC-G8 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 2017.11

これ、いつ治るんだろう? 痛いワぁ。かろうじて歩くことはできるが、靴下穿けない、くしゃみすると患部に響く。遠出などできませんな。

10連休の人もいるんですね。ニュースを見て自分の初めてのアイルランド単独旅行を思い出した。香港~フランクフルト経由で、現在はどうか知らないがフランクフルト空港はゲートが出発直前に変わることがよくあるらしく、実際その通りになり、だだっ広い人気の無い空港内を慌てて移動していると、日本人と思しき3人家族と出会った。
ぼく「あの、〇番ゲートはこちらでいいんですよね?」と旦那さんに尋ねようとすると、その嫁「アナタ、そんな子にかまってる場合じゃないでしょ? どうするのよ!」と激怒。
どうやら、この家族はゲート変更を知り得ずに、乗りそびれてしまったらしい。旦那さん「あなたも気をつけて下さい…」と弱々しい声でしょんぼり。



現代ジャズ・ヴォーカルの試聴で何とか自分の耳に掛かったのが、初めて知ったジェニー・エヴァンズ。近作は良いと感じなかったが、1988年のこのデビュー作を聴くと、プリミティヴなサウンドにスルスルと没入できた。ビブラートのかけ方が少し好みでは無いが、初期のほうがよりピュアに感じられるシンガーのケースですかね。尤もSpotifyではほんの数作しか聴けないので決め付けられませんが。
スタンダード多数収録、リズム感が爽快なフレージング。

断然、フォイル

park180425
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.04

どうやら初ギックリ腰になったらしく、ちょっとした動作もヒッと声上げるほど辛い。きっかけは掃除機かけながらストーブをどかしていた時。これじゃ何にもできないや。仕方ないから片付け物でも、と思い立ってもそれができないんだってば。炎症だから冷やすといいらしいので、試しているところ。
花粉症も引き摺ってるし、この時期だけの皮膚炎症も治らない。加えて蓄膿の排膿はそろそろ一年にもなる。レントゲン撮ったら眼窩は真っ白なのだろうか。



ネトフリ『刑事フォイル』はシーズン4を鑑賞中。めちゃくちゃ面白い。戦時中の偶然の物語がなんとも説得力とユーモアを帯びて感情を揺さぶられる。英国ドラマはあんまりギミックを使わないほうが見応えあるね。カンバーバッチの『シャーロック』とか夢中になれなかった。
本作は是非とも最終シーズンまで日本語版対応してほしい。

イリアーヌのラ・マンチャ

hamadera180423
FUJIFILM X-Pro2 XF56mmF1.2 R 2017.05

最近、ヤフーのトップページに頻繁に出てくる保険のCMで、徳光さんに歩み寄る櫻井くんの、後ろに手を組んだ態度が妙に官僚臭くみえて若いだけに鼻に付く。他の演出は無かったのだろうか。



イリアーヌ・イリアスの最新作『Music from Man of La Mancha』がSpotifyで聴けた。こちらは全編インストだった。
現代女性ジャズ・シンガーを幾つか試聴していたが、なかなか好きなのが見つからない。皆、歌唱スタイルが確立しているだけに、1曲目を聴いて合わないと思うと、次曲以降引き続き聴けば聴くほど確信は増すばかり。
なんというかシンガーとしての自意識が強過ぎるというか。そう考えると、やっぱりジューン・テイバーの立ち位置はユニークだと思う。

イリアーヌのこの新作、アレンジのバランスが良いのはヴォーカルもののアルバムといい一貫している。彼女のピアノがまるで自身のヴォーカルの音色で歌われているような、理論に裏打ちされた自在な遊び心が、このジャンルに慣れないぼくの耳にも伝わってくるようだ。

https://youtu.be/1YNqdS_6qeE

ささやかなトゥワイライト

twilight180420

先週、フォトジン第2弾を注文して手元に届いたので、ネット・プレビューをこの記事で紹介するつもりだったが、何故かアルバム中のテキスト(文字)情報だけ欠落する事象が起き、現在フジに問い合わせて確認してもらっているところだが、一週間経っても直らないので、まぁれっきとした刊行物じゃなし、メインの写真だけでもお目にかけてもらえれば、と以下リンクご案内。ほとんど過去記事で既にアップした画像ばかりですが。
日暮れの時間帯を主とした日常スナップ集です。

http://preview.f-photobook.jp/photobook.php?id=1057

成り行きで"岡島泰明"を今度も使用。この大いなる偽名にも、自分なりに由来がありまして、
「岡」は、むかーし付き合った相手の苗字からチョイス。歴代(?)の中で最も沢山一緒に旅行に行った思い出深い人で、相手の転勤を機に自然消滅。「島」は長年ファンである中島みゆき氏から拝借。「泰」は本名の靖から置き換え。

「明」は、かつて郷里の同級生が偶然、阪急電車でぼくと乗り合わせたのに気づいて、連れの同じ大学と思しき仲間に「あいつ、中島みゆきばかり聴いてた暗い奴や、気が付かれぬ間に行こうぜ」と逃げて行った件を思い出し、その反動から。
その同級生、中学時代に「ダビングしてくれ」とせがんでくるから、みゆきのレコード、カセットに入れてやったのに、よくあんなこと言うよ。まぁ、クラスの中心グループに毎度くっつくコバンザメみたいなせせこましさは相変わらずだった。

久々の手応え

kao180418
Panasonic DMC-G8 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2017.09

今月は全くといっていいほど撮影に行けていないので蔵出しが続きます。このこも高齢になり体調に異変をきたしてきているが、本人(本猫)にその自覚は無さそうで変わらず元気にはみえる。

パナとフジのカメラを選んだのは全くもって成り行きなのだが、ご年配のプロで同じくこの2社のミラーレスを使っている方のブログを見つけ、楽しく拝読している。時々、デカいレンズで撮り歩くカメラ親父の鬱陶しいグループを揶揄する文章など可笑しくてたまらない。高年層がリタイアしてからカメラを始めると、お金があるだけにいきなりハイエンド・モデルなど買っちゃうみたいで、たまたま遭遇したニコン使いの主婦に「フルサイズってなあに?」と訊かれ、「あんたの持ってるその最高級カメラだよ」などというやり取りに、読んでるこちらまでずっこける。

そのニコンとキヤノンがいよいよミラーレス・モデルに本腰入れるらしいが、こういうのはタイミングで、自分がカメラを買おうとする段で、開発してなかったがゆえに、この2大メーカーとは縁無いままになりそう。揃えてきたカメラ&レンズ丸ごと下取りに出して、メーカーの乗り換えするユーザーはいるらしいが。


今日の錦織選手はよかった。モンテカルロ2回戦での対メドベージェフ戦。ネットプレーが調子いい時は、全体のコンディション自体が良さげ。初戦の対ベルディヒは、錦織苦手なベルディヒ自身が急激に失速したのに助けられた部分があったように映った。まぁ、立ち上がりが遅めなのは毎回だが・・・。
サーブは、両足ともにキックして飛び上がるスタイルに修正。このサーブの調子がもっと上がれば良いのだけど、なかなか大変そうだね。
ジョコビッチも復活してきている。対戦相手のチョリッチはいつのまにか大人っぽくなっていた。

やめられない刑事フォイル

▼四天王寺にて
sitenno20180413
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.03

お墓の写真をアップしてもいいのか分からないが、桜との対角線構図を狙ってみました。こういう山型に墓が犇めくように積まれているのは、自分は今まで他所で見たことがない。



『刑事フォイル』のネトフリ視聴は、第2シーズンへ。これは素晴らしいドラマ。海外ドラマながら身につまされる場面も多い。今の時代にこそ観るべきとお勧めしたいくらい。

戦時中の、敵と味方の二者関係の下で、殺人・強盗はれっきとした罪であると、同胞の悪を取り締まるまっとうな刑事の人間味は、この設定ならではの効き目がある。
クリエイターが"ホロヴィッツ"という名前なので、実際、生き証人なのではないか? ドラマとはいえ、教わる要素は多々あると思う。
久々にボックスセットに手を出したくなりそうな作品に、遅まきながら当たった。

▼テーマ曲にも親しみが
https://youtu.be/l338p2nDzS4

モースとフォイル

honbo180414
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.03

ネトフリに『刑事モース〜オックスフォード事件簿〜』の第2シーズンまで配信されていたので視聴。第1シーズンは全て過去にNHKで観たエピソードばかりだったが、ストーリーはきれいに忘れていた。シーン毎のイメージは残ってるのにね。

第2シーズンは全て初視聴だった。この若き日のモースのセンシティヴなキャラが当初は苦手だったが、それでも英国の1960年代のムードを味わううちに嵌っていく。
ただ、どのエピも話がデカ過ぎるのが、ぼくの趣味からやや逸れる感じ。さすが90分モノだけあって登場人物も多く、それぞれの行方を追ううち、犯人当て推理を攪乱されてしまう。しかし、どれも絶対、まず推理は不可能といっていいほどの相関関係だ。理屈抜きで思わせぶりなカメラワークに注意するのが関の山。
事件に、警察内部の人物と悉く関係あるのは、どうもわざとらしくて好きじゃないんだよね。単発で淡々と私情抜きで捜査する刑事モノがいい。しかし時代的に汚職・戦争絡みは致し方がないか。

もう1本、これはシーズン1の第1話しか観ていないが、こちらのほうが趣味に合いそうなのだ。やはりNHKでも放送していた『刑事フォイル』。こちらは初視聴。
1940年代の第2次世界大戦中からの始まり。対戦関係等の基本的な歴史認識はあるにこしたことはない。こちらは『モース』に比べりゃ、制作年からして派手さは無いものの、主役刑事と被疑者は線引きされているだけリアルに感じる。年配役者の滋味ある演技が楽しい。寝る前の読書代わりになりそうだ。

合唱団による"レット・ザ・リバー・ラン"

keitakuen180411
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.03

もう何年も前に、カーリー・サイモンの公式サイトで、彼女がオスカー獲得した曲「レット・ザ・リバー・ラン」が、後年、合唱団によって録音されたというニュースがあったのを思い出し、Spotifyにあれば…と探してみると、あった! 当時はストリーミング無かったからね、助かるワ。

ポピュラー曲を扱っている団体だから、軽めのサウンド傾向かと予想してたら、とんでもない。なるほどグラミー・ノミネーションも頷ける。
選曲はカーリー以外には、ドリー・パートン、エンニオ・モリコーネ他、「ウォーター・イズ・ワイド」等のトラディショナルなど。各ソリストもしっかり聴かせてくれる。



潔いソングライティング

port180408
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.09

たとえば自分がバー経営に興味があるとして、店を興したとするならば・・・、なかなか厳しいんじゃないかと思う。ともすれば閉店した友人の音楽バーよりさらに短期に店を畳む状況に陥る気がする。
ただ、ぼくだったら・・・商売に着手するなら自身の出演機会は諦めると思う。利益のことを考えると練習してる余裕など無くなるから。
それに、店の主人にあまり出張られると客はやりにくいんじゃないかな。自分が出演するためにはマスターを褒めないとなんか居心地悪い、といった気詰まりを与えそうで。

ネットで軽く"成功するバー・失敗するバー"の例を試しに探ると、どのサイトにも"店主のプライドが高い"というのが失敗例として真っ先に挙がる。悪いが、友人はこの典型例に当て嵌まると思う。
友人がプロフェッショナルな仕事をしていれば、ぼくとしては彼が営業時間を終えたのを待って、遅遅(おそおそ)の時間帯でも結構なので、時々別の店で酌み交わして互いに気晴らしする、といった当たり障りない付き合いが続けられたのにな。他の人々は、周囲の知り合いが自営を始めた際、開店祝いを贈った後、どういう付き合い方をしてるのだろう。興味ない品物買うにも限度あるよねぇ?



こちらは記事紹介済みのダン・ペンのコンピだが、ぼくのイチオシ・コンピであるブラジルの『ジョアン・ジルベルトが愛したサンバ』に次ぐ、愛聴コンピといっていいかも。
全曲ダン・ペンのライティングゆえ、提供先の各シンガーによる音源集だが一貫した聴き心地。どのトラックも、基本的な巧さを備えている。一部ダン本人の歌唱も。
シンプルな作風、というより潔いと言うべきか。シンガーの丁寧なフレージングも良いが、ダン本人の歌唱のほうが1曲毎の入魂に、感情の迸りが一気に伝わるのは確か。ほんと、デモ集もいいが、完全なアルバム・レコーディングを今一度望みたい。

知性と情緒の産物

lover180406
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.09

雨降ったせいか鼻腔内の腫れも少し落ち着いた。今年は症状が酷くなる前に桜が観られたのは良かった。毎年、花見なんてできないから。それくらい大丈夫でしょと言われ、無理して誘いにのって後で悲惨な目に何度遭ったことか。やはり罹らない人には解らないもので、職場で仮病では?と噂されたこともあった。自分に今後パートナーができるのであれば、この点は理解してもらえないと。年老いた親きょうだいにまで未だに、この件でからかわれる程。鼻の疾患は、傍目に大したことないと思われがちらしい。



昨年購入のベストに選出したイリアーヌ・イリアス『メイド・イン・ブラジル』は未だ愛聴していて、全く飽きない。ただ、彼女の他作に手がなかなか伸びなかった。ぼくにとって『メイド・イン…』の魅力のポイントがロンドン響の参加でもあったからだ。

それでも、繰り返し聴くうち、やはり彼女のヴォーカル曲がもっと聴きたいと、少しずつ旧作を辿る。近年のヴォーカル・アルバムはどれもいいと思うが、新作はゲスト参加のデュオ相手の男性ヴォーカルが、ぼくには今一つだったが、さらに遡り、2011年の『ライト・マイ・ファイアー』は、ブラジル色もイキイキと、ジャズの優れたバランス感覚を堪能。

トラック(1)「Rosa Morena」は確かカエターノで親しんでいた。イリアーヌのヴォーカルは実に無理のない、歌い手のみに注力するシンガーとは一味違った、アレンジセンスを備えた総合力のあるヴォーカルだと解る。知性と情緒がストレートに表れた素敵な人。

▼(4)表題曲
https://youtu.be/KwbnHjoC8Tk

ルームの"内と外"

dusk180404
Panasonic DMC-G8 LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 2017.09

こちらも遅まきながらネトフリ・ラインナップからの鑑賞。アカデミー賞で話題となった『ルーム』。以下、ネタバレありだが、粗筋は知られていると思うので支障無いのでは。



母と息子の内面にスポットを当てたのがよかった。ともするとクライムサスペンスの方向性で取り上げられがちな題材だが、7年間監禁された母と、誘拐レイプ犯によってその期間に出産した息子との、監禁中とその救出後の心理の動きに一貫して的を絞った。レイプ犯の逮捕後の動静は一切描かれなかった。

対になるテーマを多く孕む。ルームの内と外を物語の機構に、心の内と外、大人と子供、親と子、強者と弱者、自分と他者。
重要なシーンの一つが、救出後の母親へのインタビューで"なぜ、子供だけでも早く逃がそうとしなかったか"と問われる箇所だ。この時の彼女の表情は、家族と共に黙り込む様子しかスクリーンに描かれない。そして直後の自殺未遂。
彼女の感情はいかなるものだったか。息子を愛し、守ってきたつもりが、母親としての最善を尽くさなかったことへの自責の念が、後になって押し寄せたのだろうか?
私が、もし監禁されていなかったら、レイプ犯の息子を愛せただろうか? 私はひどく退屈で鬱屈した辛さに耐えるための相手が只欲しかった?
救出されたにも関わらず、解放感のない落ち着かない日々。隔てた年月は残酷で母親の両親は既に離婚。息子は時折"ルームに帰りたい"とまで言い出す。
しかし子供の想像力と成長ぶりは絶大だ。母親が息子を豊かに育てられなければ、ラストのように息子自ら過去に区切りを付けるなど足跡を辿れなかったことだろう。

トム・ムーア

dusk180402
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.03

ここ数日ぐったり。雨降ってほしい。今月・来月のブログ更新はペースダウンします。目を開けてるのも辛いので鑑賞ままならず。

近所のパン屋が未明どころか夜通し作業するようになり、夜勤する従業員のタバコの匂いに更に苦慮する羽目に。もう何度も繰り返される事なので、こちらも躊躇わずベランダから消臭スプレーを真下に向けて吹き付ける。
夜中まで吸われるのはたまらない。試行錯誤に、隙間を埋めるスポンジ付きの粘着テープをガラス戸に張り巡らせてみたところ、案外効果はあったようで、夜中の駐車時の騒音の防音も含めて、匂いは完全にとまではいかないがかなり軽減されたようだ。
花粉の侵入も防いでくれてたら一石二鳥か。もっと早く導入すればよかった。その代わり扉の開け閉めはいちいち重たいけどねぇ。

プリントした写真は蛍光灯よりも自然光に当てて鑑賞すると美しい。紙の質感とともに本をめくる味わいが増す。
以前に、幾つかリング綴りのカレンダーやパネルも作ったが、最も繰り返し眺めたのは今回の文庫仕上げ写真。自分は本作りが合ってるかもしれないと、別のコンセプトで第2弾を計画中。それには素材写真をもっと撮らないと。しかし出掛けられん。



メアリーの公式サイトに、"トム・ムーア"と題されたニュースが挙がっていて、内容をチェックしたところ、先月17日に亡くなったそうです。ここのところ彼女のサイトは、仕事で関わった周辺の人物への追悼文が続く。彼女のアルバム・ジャケットの多くを手掛けた人物など。

トム・ムーアは、ジミー・マッカーシー、ノエル・ブラジルに次いで、メアリーが多く曲を取り上げたソングライター。しかも出世作となった『ノー・フロンティアーズ』制作中の1989年、ほぼアルバム・レコーディング終了際、ムーアがスタジオを訪ねてきて、自作「カロリナ・ルー」「モンテレーの霧」をギターで歌い出したのが、メアリー自ら録音するきっかけとなったという。もし、彼が訪ねてこなかったら、どんな選曲になってたんでしょうね。
ムーアのソロ・アルバムは一枚だけ持ってるけど・・・、あまり聴いてなかったな。フォークにAOR色が合わさったイメージ・・・・聴き直してみよう。

▼Carolina Rua-Mary Black
https://youtu.be/UOS_DxyBPRQ

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示