直近の購入(2)

前回同様、最近購入分をまとめて報告。メモ程度に淡々と書きます。

jt2
いずれも、まだまだ聴き込んでいない時点です。
左上は届いたばかりのニルソンの『Nilsson sings Newman』、'70年作。ランディ・ニューマンの音楽を理解したいと、うすうす思いつつ、本家の歌唱がやや不得意なので、ニルソンのカヴァー・アルバムに手を出したら、これが別世界に引き込まれそうな素敵なサウンド。ランディ自身のピアノを基調したシンプルな編曲。
ニルソンの歌唱力は、つかみどころがなく、それでいて只者じゃない。歌詞をもっと理解すれば、より好きになれるでしょうね。

右上は、エル・スールから購入のキューバの老舗バンドの2CD『Septeto Habanero 90 Anos』('09年)。これは暑いムシムシした季節がきたら、じっくり聴こうと思います。

下はご存知JTことジェイムス・テイラーの「カヴァーズ」。先日の東京でのキャロル・キングとの共演ライヴがとても評判が良く、行けなかった悔しさの代わりに購入。近日発売の彼女との共演ライヴCD&DVDも予約しました。
こちらはいわゆるカヴァー集だが、ドラムのスティーヴ・ガッドはじめ余裕の伴奏&歌唱。ただJTのR&Bって、あまりぼくの耳にフィットしないのは、もともとR&Bを聴かないからか。
彼の名盤として'70年代を推す方は多いと思うが、ぼくは初めてリアルタイムに聴いた「オクトーバー・ロード」('02年)がベスト。
兄弟間では、リヴの音楽性のほうが好きだが、JTの場合はプロダクションへのコストがかかっているのか、さすがに一級としかいいようのない上質さ。

↓『オクトーバー・ロード』収録の「マイ・トラヴェリング・スター」のライヴ映像。別録りのコーラスと同期させています。


そうそう、先のニルソンですが、『ハリー・ニルソンの肖像』('69年)もお気に入りの一つになっています。
nilsson

直近の購入

ご無沙汰してました。

最近は別宅中心の更新に移行しました。ツイッターも始めています。
このツイッターに慣れてくると、あまり長い作文ができなくなってしまいます。
それを言い訳に、最近の購入CDを詳細ハショッって報告。
この一ヶ月で3枚だけ。

chieftins

左上はエル・スールから購入した、ぼくが今まで聴いたことのなかった、ワイルドなアフリカのアカペラ。
右上はチーフタンズの新作。メキシカンとのコラボ。ライ・クーダーが噛んでいます。リンダ・ロンシュタットが一曲歌唱。
下は加川良さん『アウト・オヴ・マインド』。'74年作。これは別宅で紹介したとおり、ぼくが住んでる最寄駅のイラスト・ジャケがきっかけで購入。アメリカン色の強いサウンドで、ちょっとラスト・ショウとかも聴いてみたくなりました。

手短ですが以上(笑)

おっと、もう一枚あった。
frank
フランク永井さんの2枚組スタンダード・ナンバー集。そういえば低音の魅力を発揮するソロ、近頃見かけませんよね?

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示