FC2ブログ
2020/12/25

マティスのファースト

20201224

今年の冬は、使用頻度の低かったオイルヒーターを引っ張り出した。オイルヒーターは立ち上がりが遅いが、いったんぬくもると極端過ぎない暖かさが丁度いい。本来は一室に籠って使うのが理想的なのだが、猫ちゃんを締め出すわけにもいかず、ドアを開放して使うのでどうしても気密性がそがれる。それでも洗面所のドアをマメに閉めるだけでも、暖房機能は高まるようだ。立ち上がりだけ電気ストーブを併用すれば今のところ凌げる。
ここ数年、ガスストーブを使ってきたが、出先でふと気掛かりになった事が何度かあった。室内カメラを付けてスマホでチェックできるようにすればいいんだろうけど。私はWi-Fiオンリーの人なのであった。

エアコンは夏しか使わない。ムッとした風がイヤなのと室外機の音がうるさいので。ただ、室外機を使う時期のほうが、近所のパン屋の騒音が紛れるので、どっちもどっち。ゆうべ深夜の2時頃、突然機械が回り出す音に驚いて苦情を言いに行ったら、作業場からスキンヘッドのおっさんが出てきたので、まくし立てて止めさせた。
体にエネルギーが残っていたなら、こういう時、どう対処しようか何て言おうかあれこれ考えるのだが、いっそ疲れ切ってしまったほうが突撃できるもんだね。コロナ禍のお陰で面も割れにくいし。

ジョニー・マティスのボックスセットの全68枚をリッピングしてfoobar2000で絶賛シャッフル中。1950~2010年代まで10年毎のプレイリストを作って聴いてる。それくらい区切って聴かないと、聴きたい曲が巡って来ないほど。よくこれだけ録音したものだね。
特に初期の1950年代はジャズ基調のポピュラー歌唱がベトつかず爽やかで、後年ほどビブラートがいやらしくないのがいい。ファースト・アルバムはミゲリート・バルデースでお馴染みの「ババルー」も表情豊かに、若手のデビュー期とは思えない実力を発揮。
2020/03/05

The Hollywood Musicals

20200304
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2019.12

ゆうべの深夜頃、イタリアでの全国一斉休校(大学含む)のニュースを受けて、ほら国内の判断は正しかった、との意見を見かけたが、イタリアの場合、状況に鑑みての印象だが、国内のは都道府県のうちほとんどが感染者数ゼロの時点だったはず(大阪で1人)。
早目の判断を評価するなら、台湾でしょう。トランスジェンダーの若いIT大臣がマスクの在庫数を地図上に落とし込んで随時知らせるアプリを頒布、かたやオイルショックの再現よろしくトイレットペーパーまで買い急ぐ様を演じるオリンピック開催予定国。
尤も台湾にしてもSARSの教訓があっての取り組みだから、予想するに、国内の検査体制については次の新たな感染症の局面までに整うくらいにつもりしておいて心落ち着かせるしかないんじゃないの(岡田教授が告発してた一部の感染研OBの利権絡みの件は気になるが)。

平日昼間の近所の団地前の狭い公園では、子供が沢山集まって遊んでる。まぁ、手洗いしてりゃ大丈夫だと思うが、この機会に、休校中の子供の実態について休校明けにアンケートを取るなどして、学習の遅延状況とともに、人の密集を回避し分散するための判断材料となるデータを仔細に溜めてはどうか(若者に限定されるけど)。こういう人の動向の調査は、社会学分野に当たるのだろうか?



ジョニー・マティス1986年の『The Hollywood Musicals』、ヘンリー・マンシーニ共演の映画主題歌集。これも'90年代録音のミシェル・ルグラン共演録音と同様、なんか大家に遠慮した抑え目の録音になってますね。ルグランよりは聴き応えはあります。
この優美なオーケストレーションは、マティスのデビュー当初の'50年代なら似合っていたかもしれないが、既に脂の乗った'80年代においては、ワイルドでパンチの効いたフレージングを発揮したいところ。
実際、別ライターによる「ブラジルの水彩画」のほうが、ラフだが表情のダイナミズムが出ている。惜しくもボーナストラックだが。
2020/01/23

マティスの風のささやき

20200122
SIGMA DP2 Merrill 2020.01

テニスの全豪オープンが始まった。日本人選手は健闘しているものの、3回戦へ駒を進めるのは大変そう。厳しいトレーニングを積んできた筈だろうに、少しずつ相手選手と差が開いて負けてしまう。明日、西岡選手には対ジョコ戦、やり切ってほしいね。



ジョニー・マティス、58枚目のオリジナル・アルバム『How Do You Keep the Music Playing』(1993)。ミシェル・ルグラン集で、ルグラン自身のアレンジ、プロデュースに、作詞家コンビのアラン&マリリン・バーグマンもプロデュースにクレジットされています。が、これもそんなに相性が良くないアルバムに感じた。

作曲家自身のバックアップにマティスがとても遠慮して歌ってるように聴こえてしまう。ルグランのヨーロピアンなポピュラー・オーケストラのアレンジは上品で細やかだが、囁くように歌うマティスは、例のビブラートが変に立ってしまい、逆にオケを引き立てているかのような存在感の薄さ。
まぁ、マティスはアメリカン・ポピュラーがホームであるわけで、この企画がどういう経緯で持ち上がったのか、ルグランは、マティスの特長をいかに引き出そうとしたか、謎に思う。
気になるのは、作詞家夫妻も録音に参加している事。音楽面でどういう関与を実際にしたのだろうか。歌詞の面によるアドバイスにより、マティスが委縮してしまったなどという事は無かったのだろうか? また、セルフ・プロデュースを行わないマティスは、どの程度まで、プロデューサーとの意見交換をして掘り下げているのか。
「風のささやき」はいい。…でも、ちょっと違うかな、という感じも。

▼ライヴの別アレンジのほうが自然ですね
The Windmills of Your Mind
https://youtu.be/27Y7e9vt5v8
2020/01/18

マティスのゴッドファーザー

20200117
FUJIFILM X-T30 XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS 2020.01

ジュース用のミキサーをAmazonで買ったら現物が小さくてびっくり。携帯用になってて、USB給電で飲み口も付いている。容量は少ないが一人用としてはこれで充分だろう。



ジョニー・マティスの29枚目のオリジナル・アルバム『The First Time Ever (I Saw Your Face)』(1972)。ヒット曲のバラード中心としたカヴァー集。
甘やかながらも今の感覚では古さを感じさせるアレンジは、ゴージャスで硬質な'80年代のマティスを知ってからでは、今ひとつ聴く気にならなかったが、'70年代の気分に浸るつもりで繰り返すと、このムーディなサウンドも、'60年代を経て時代が必要としていたんだな、と理解できてくる。

リバーブ量の多さに興が幾分醒めるものの、1曲洒落たジャズ・アレンジの良い曲を本盤で知った。レニー・ウェルチの代表曲という「Since I Fell for You」。レニーのオリジナルもSpotifyで試聴しましたがこちらも素朴な歌唱が魅力的。
ゴッドファーザー愛のテーマで知られる「Speak Softly Love」、このへんの歌い上げはお手の物。オクターブ飛躍するサビが印象的な「Without You」、ぼくはハリー・ニルソンの歌唱が好きかな。

バカラックの香りがするがクレジット確認すると他のライターだったりするのも、この時代ならではですかね。フィフス・ディメンションの「(Last Night) I Didn't Get to Sleep at All」も絶品。ルグランの「Brian's Song」もいいね。なんだ、どれも好きじゃないか。

▼Since I Fell for You
https://youtu.be/zpvHvGqErbs
2020/01/05

マティスのエリントン・アルバム

20200104
SONY DSC-RX1R Carl Zeiss Sonnar T*35mm F2 2020.01

ソニーの中古RX1Rにファインダーのアクセサリー追加。これも新品だといい値段するのでやはり中古で。ただ、このファインダー、カメラボディの機能と連動しないのでAFなど一切反映しない、あくまで覗き窓でしかないという。使用頻度低かったりしてw



去年から拙宅で話題にしてるジョニー・マティス、こちらは『In A Sentimental Mood Mathis Sings Ellington』(1990)。エリントン集ですが、歌唱力を誇るマティスにしてはミスマッチに感じています。去年も首を傾げながら聴いたんですが、今年に入って気を取り直してみても、やっぱり変。

もちろん駄作では無く一定の評価はできますが、まずマティスのビブラートがいやらし過ぎる。デビュー当初からビブラートは目立ってましたが、本アルバムでは意識的に抑えるべきだったように思う。
しかし、オーケストラとの相性が悪くない筈の彼、どういうわけかビート感覚が、エリントンの曲と合致しない感じです。これなら、マティスほど巧いと思えないピザレリのほうが、弾んで気持ちいい。

(9)「Solitude」あたりのバラードならかろうじてだが。このへんがマティスが名歌手にして、メイントストリームの陰に隠れたイメージの要因なのだろうか。ジャズ歌手ではなく、ポピュラー歌手が歌うジャズの居心地の悪さ。
しかし、拙宅にて昨年のベスト10枚に挙げた『Isn't It Romantic: The Standards Album』(2009)は、見事だった。多分にアレンジの塩梅に左右されるものがあるようだが、本質的にエリントンの楽曲が合わないのかもしれない。Amazonでのユーザー評価は高いけどね。