惜敗も見応えあり

FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.04
tulip180507ギックリ腰は一週間過ぎて治まった。GW見事にパァよ。
マドリードの錦織選手の対ジョコビッチ戦は、ゆうべの日本時間午後11時から。観やすい時間帯だったので、BSにかぶりついて視聴。
ウチの集合住宅では、このBSのアンテナはあるんですが、CSは無理。『刑事フォイル』の続きが観たけりゃ工事しないといけないから迷う。こないだ、住環境が悪くなったと文句言って家賃下げてもらった分で、契約しようかしらん。

その試合、内容は競って良かったと思う。錦織の惜敗だったが。第1セット、立ち上がり不安定だったジョコに、早いうちに差を付けられたら乗れたかなぁ、とも思うが。錦織もお付き合いしてしまった。第2セットは両者の巧みなプレーを堪能。勝負どころでの攻めの速さでジョコが一枚上。11連敗となったが、錦織のきれいなテニスが戻ってきたのは確か。

久々の手応え

kao180418
Panasonic DMC-G8 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2017.09

今月は全くといっていいほど撮影に行けていないので蔵出しが続きます。このこも高齢になり体調に異変をきたしてきているが、本人(本猫)にその自覚は無さそうで変わらず元気にはみえる。

パナとフジのカメラを選んだのは全くもって成り行きなのだが、ご年配のプロで同じくこの2社のミラーレスを使っている方のブログを見つけ、楽しく拝読している。時々、デカいレンズで撮り歩くカメラ親父の鬱陶しいグループを揶揄する文章など可笑しくてたまらない。高年層がリタイアしてからカメラを始めると、お金があるだけにいきなりハイエンド・モデルなど買っちゃうみたいで、たまたま遭遇したニコン使いの主婦に「フルサイズってなあに?」と訊かれ、「あんたの持ってるその最高級カメラだよ」などというやり取りに、読んでるこちらまでずっこける。

そのニコンとキヤノンがいよいよミラーレス・モデルに本腰入れるらしいが、こういうのはタイミングで、自分がカメラを買おうとする段で、開発してなかったがゆえに、この2大メーカーとは縁無いままになりそう。揃えてきたカメラ&レンズ丸ごと下取りに出して、メーカーの乗り換えするユーザーはいるらしいが。


今日の錦織選手はよかった。モンテカルロ2回戦での対メドベージェフ戦。ネットプレーが調子いい時は、全体のコンディション自体が良さげ。初戦の対ベルディヒは、錦織苦手なベルディヒ自身が急激に失速したのに助けられた部分があったように映った。まぁ、立ち上がりが遅めなのは毎回だが・・・。
サーブは、両足ともにキックして飛び上がるスタイルに修正。このサーブの調子がもっと上がれば良いのだけど、なかなか大変そうだね。
ジョコビッチも復活してきている。対戦相手のチョリッチはいつのまにか大人っぽくなっていた。

女子の試合

FUJIFILM X-Pro2 XF16mmF1.4 R WR 2018.03
komyo180322先日のインディアンウェルズ大会で優勝を果たした大坂なおみ選手が、現在開催中のマイアミ・オープンの初戦で、あのセレナ・ウィリアムズを下した。素晴らしい。シャラポワ、ラドバンスカも下すわ、世界1位のハレプとは第2セット6-0、なんとベーグルでの圧勝!

ぼくはこれらを観戦できなかった。何故ならNHKは錦織選手に照準して男子試合の放送のみだった。その錦織がいきなり初戦を風邪で棄権。ダニエル太郎選手がジョコビッチを下した放送は喜ばしかったが、勝ち残れる日本男子は居らず、外国選手同士の試合放送になってしまった。それはそれで他選手が観られるからいいんだけどね。

放送権の都合なのだろうね。ただ、男子中心の放送の方向性は変わらないようで、今回のマイアミも男子のみ。それで大坂選手の試合の観戦の唯一の手段は、DAZNというスポーツ専門チャンネルのみらしい。一ヶ月無料視聴が可能とのこと。今夜0時の対スイトリナ戦に向けて加入しようかどうか。続いてNHKでは03時から錦織×ミルマンの試合。

20勝目の涙

nagai180128
SIGMA DP2 Merrill 2018.01

このカメラは、水面の写真が他メーカーに無い美しい写りに感じたので、現在生産終了品だが中古で去年買い求めた。コンパクトカメラながら画素数4600万で、一眼を超えるほど。まぁ、ぼくはスペックの高低について、分かっちゃいないのだけど。

このカメラを三脚で固定して長居植物園で風景撮影を試みていた時、また変なのが近づいてきた。こちらの手のひらサイズのカメラが、よほど貧相に見えたのか、ニヤニヤしながらどでかい機材を持って、ぼくの目の前を妙にチラつく。
最初は、ぼくが邪魔なのかと思って、いったん横へスライドしてみたのだけど、また付いてくる。様子を見てるとどうも"俺のカメラ、凄いだろ、なぁ、褒めろよ・・・"と言いたげ。
気持ち悪いので自分の撮りたい所だけ手早く撮って、「ああ寒っ」と独り言を言いながら、そそくさと立ち去ってきた。

ゆうべは全豪オープンの男子シングルス決勝、フェデラーがグランドスラムのタイトル20勝目を上げた。チリッチ相手に3セット目あたりからさすがにフィジカルが辛そうに見えたが、フルセットにもつれ込むと試合巧者に軍配があがった。ぼくがテニス観戦を始めたのは、この人がウィンブルドン優勝した2012年で、年齢的にみて最後の雄姿を観た思いだったが、この強さ・・・驚異的だ。

女子の初優勝ウォズニアッキは、かつてランク1位ながら、タイトルを獲得していないことで、実力を疑問視されることもあったそうだ。人の目は厳しいもんだね、あんなに頑張ってても、まだ言われる。そして、またもや準優勝のハレプ、セレナやシャラポワが本格復帰するまでに獲らせてあげたいが。

錦織選手の下部大会復帰戦は黒星、次の大会初戦も同じ対戦相手。リベンジなるか。

ベスト16に残った日本人

susuki180120
FUJIFILM X-Pro2 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2018.01

全豪オープンは開催から一週間が経ち、ベスト16が出揃った。今シーズン、ベスト16に残った日本人選手は、大坂なおみ。

20歳になったばかりの彼女、去年の全米では勝利目前にしながらも、地元アメリカのキースに追い上げられ、あれよという間の敗北。泣き出しそうなこの時の彼女はとりわけプレッシャーに弱い子供に映った。
グランドスラムで1.2勝しても、次になかなか駒を進められなかったのが、今年は表情に余裕が生まれていた。地元オーストラリア選手相手のほうが観客が盛り上がるから楽しみだとインタビューで答える。プレッシャーがかかると彼女の中の脆い乙女が出てしまうのでは、というぼくの懸念は吹き飛ばされた。考えてみれば子供だから弱い、ってわけじゃないよね。不慣れな大の大人のほうが、あんな大舞台で大泣きしちゃうよ。

めぐまれた体格、セレナ・ウィリアムズばりと言われる強打。明日、世界ランキング1位のハレプを倒してほしい。ハレプも大好きだけれどね。
全豪も見送った錦織選手は、週明けに下部大会での試合復帰だ。こちらも見逃せない。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示