FC2ブログ
2018/09/10

セクシズムより審判

【追記:本記事につき、違和感の元となった記事がこちらになります。
https://mariyoshihara.blogspot.com/2018/09/us.html
当初、一般人の記事に配慮するつもりで、リンク貼付を躊躇いましたが、
相当数のコメントが寄せられているので、参考までにお知らせします。】

うーん、大坂選手の優勝に感激した後、様々な報道や個人の感想をネット上で調べていたが、自分では全く感じられなかった視点で語られている現地在住日本人の記事があり、困惑してしまった。
現地では、セレナの主張する"セクシズムによる審判"との見方が圧倒的だと。ええっ、そうなの?と、海外暮らしを経験したことない自分には、寝耳に水だった。

逆に日本国内での報道は、ニュアンスがまるで違うと。たとえば、大坂選手がスピーチで語った"sorry"は、「ごめんなさい」と謝罪の意向を伝えているが、本当は「残念」という意味だと。
これについては、英語が苦手な自分は常から"I'm sorry"って、汎用性ありすぎ、と思ってた。WOWOWライヴの同時通訳では「試合がこのような終わり方になってすみません」と訳されていたけど?
国内報道では"謝罪"という単語が目に付いたが、大坂選手にとって、アンフェアな戦いをして勝ち得たものでは無いのだから、いずれにせよその点で"残念"とか"すみません"とか感じる必要など全く無いことは明らか。

問題は冒頭に述べた、セレナのセクシズムの持ち出しだ。やはり現地暮らしが無い自分には、肌で感じようもないことだが、少なくともスポーツの歴史に女性に対する偏見があったという認識はあり、ちょうど最近、かのキングの現役時代の物語が映画化され、まさにテニス界のセクシズムが描かれているらしい。

が、男女差別が、あの試合に影を落としていたと、自分には見えない。主審のカルロス・ラモスさんは、比較的他の審判より厳しいというイメージは普段からあった。審判も人間だから、個々に特徴はある。とりわけ誤審の少ない印象だった。
要はセレナの言い分としては、"私はコーチングを受けていない"というのが実質的な主張であり、これが認められなかったため、さらに激高、ラケット破壊以降・・・の行為へと自滅していったはず。

セレナはコーチングによる罰則について理解していなかった、という記述も他で見かけた。彼女の全試合を観てきていないが、このウォーニングを初めて取られたようなリアクションだった。
このコーチングに関するルールについて出典まで遡れないが、本質的に"紛らわしい行動"が最も選手側にとって忌避すべきもので、いずれの選手も、試合中、観客席の陣営と頻繁に目を合わすもので、そこへコーチが紛らわしいジェスチャーをしたならば、その時点でアウトと見なすのは妥当ではないか。

モラトグルー・コーチは米TV局ESPNでのインタビューで自らコーチングを認めたという。だから、この件はセレナ達が事後、中で話し合えばいいことだ。
しかし、このコーチ、"他の選手のコーチもみんなやってる"と言ったらしい。こうなると、セレナの、男性選手にはコーチングの判定をやっていないという言い分と、微妙に噛み合う側面が出てくる。しかしこのコーチの発言は、セクシズム批判の観点の立ち位置によるものでは無いだろう。

確かにもっと充実した内容で誰もが観戦したかった。だが、女性同士の決戦でセクシズムが審判に用いられたなら、主審は、セレナへのゲーム・ペナルティにより大坂にまるまる1ゲーム取得を認めただろうか? 大坂にも不満をもたらすジャッジだったと?

自分はあの試合中、セレナがもしあれほどの実績を築き上げた女王でなく、一選手としてならばという視点で見ていた。現地の感覚では、自らあれほどの騒ぎを起こしても、相手選手に「私のせいで迷惑かけちゃってごめんなさいね」と一言謝る発想は無いのだろうかと。
ただ、そこは勝負の世界、大坂選手にとって長年アイドルであったセレナがああした行為をしても、動じない。集中のみであった。一応ここ数年、自分はTVのみだが試合観戦を続けてきて、選手が激しい抗議をして、ラケットを折り、そこからまた立ち直って一気に勝利するというシーンも少なからず見てきた。特に海外選手は、そうした爆発力をエネルギーに替えて、のし上がるなど平気だ。つまるところ、セレナの勝利への執念、若手に対するプライドゆえ、人権問題の提言へと逸れていくのは部分的に同情してもいいが。意外には思うが、ルールの理解をセレナは今一度しておくべきだろう。ジャッジ後、セレナはコートのチェンジオーバーなど状況が分ってない様子だったから。それだけに"従うこと"自体、反発したのではなかったか?

翌日、セレナは大会側から罰金を科せられた。これについて、不当であるなら、大会の女性会長の意見はどうあるのか、また、表彰式に立ち並んだ女性レジェンド達にも尋ねてみたい。 
人権感覚でいえば、むしろ日本国内において、選手の肌の色をとやかくいう輩は論外。実際、WOWOWで視聴したのだろうか?と。ほとんど加入していない人口のほうが多いでしょう?

クリス・エバートが"ついに、セレナを倒す選手が出てきた"と実感したという。同感。
2018/09/09

大坂選手の全米優勝

大坂なおみ選手の試合後のWOWOWインタビュー出演を観終わった時点。こちらは放心状態だ。
決勝まで上がってきたのだから、準優勝で充分じゃない?なおみちゃん、と勝手に彼女に訴えながら、落胆しないよう自分に言い聞かせつつ試合を視聴始めた。

えっ・・・セレナが押されてる。こんなセレナは初めてかも・・・。大坂は冷静沈着にリターンを決める。このリターンの深さは、セレナを脅かしていた。セレナは自分から深いショットを決めていたのだが、大坂がそれ以上に深いリターンをしてきて、思わず後ずさりして取り損ねてしまう瞬間が幾つも重なる。サービスも安定して好調。

ほぼセレナを応援する会場も大坂のウィナーに息を呑んでいたのが分かる。これは只者じゃないと。
セレナの陣営の顔色が変わってきたとき、セレナがコーチングによるウォーニングを取られる。セレナは受けていないと激しく主審に抵抗。実際のところ、モラトグルー・コーチのジェスチャーによるコーチングのような映像が認められる。※試合後の現時点で、モラトグルー自身がコーチングを認めたとの情報も。英語なので確約できないが。

ここから会場が異様な空気に包まれていく。1セットを落としたセレナは、一時優位になりつつあった2セット目、大坂にブレークバックを許すと、ラケット破壊。再ウォーニングにより、次ゲームの大坂のサービスゲームに自動的に1ポイントが入った。変わらず主審にコーチングに関する非難を続けるセレナ、「私に謝りなさい」と詰め寄った後、さらなるペナルティにより、大坂選手のサービスゲームは、戦わずして大坂選手のものになる。意外なゲーム取得に大坂も戸惑っている様子。
「冗談でしょ!?」さらに激怒するセレナ、会場は主審にブーイングの嵐。これはやりづらい。しかし、大坂はラブゲームでセレナのサービスを譲った後、落ち着いてチャンピオンシップ・ポイントをものにした。なんという成長ぶり。

試合後のセレモニーも異様だった。司会が進めようとすると会場が激しくブーイング。セレナは自身の挨拶の場面で、なおみを称え、ブーイングは止めて!と制した。大坂の挨拶では、彼女の謙虚さに多くの観客が惹き付けられたことだろう。彼女は、セレナを応援する大半の人々に謝り、夢だったセレナに感謝を伝えた。

ざっ、とこんなとこか・・・。もう、あっぱれで、こちらの頭がフラフラする。WOWOWの番組終了時、大坂の視聴者に向けた挨拶は、優勝挨拶ではなく、日本の災害状況を慮る言葉だった。なんという器だろう。
2018/09/05

電柱やめません?

nakanoshima180904
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.07

長居植物園は臨時休園だそうだ。被害様子の画像がアップされてたが、再開まで相当かかりそう。ウチの住まい自体は、まぁ古い網戸が飛んでったくらい。どうもマンションのBSアンテナが壊れたようで、ちょうど全米オープンのフェデラー対ミルマンの試合の、タイブレーク決着直前に画面が途切れてしまった。
向かいの歯医者さん入口付近に、電線が垂れ下がっていたので診療中に電話で教えてあげたけど、電柱の倒壊と停電戸数が多いようで、電力会社は手が回らないのか歩道にぶら下がったまま。サイレンの音もかなりひっきりなしだ。

電柱の倒壊の復旧が大変だが、ごく個人的に景観上、電信柱はもう止めません?と思う。倒壊せずとも電線に物がかかったり、火災など動画で知るにつけ、そもそも地中に埋めていれば解消できないかなと。撮影動機の発想だから不純極まりないけどさ。

先のフェデラー戦、あんなに辛そうなフェデラーは初めて見た気がする。"試合が終わってほっとした"とは終了後の本人の弁だが、さしものポーカーフェイスも淡白なミスが続き、本当に終わりたそうだった。コートに新しく屋根が付いて通気の悪さが障ったようだ。サラリーマン経歴のミルマンのガッツにも感服。

さて、気を取り直して、今夜も錦織選手の応援です。WOWOWオンデマンドのお陰で、PC代替でかろうじて観戦できる。ハードヒッターのチリッチに勝てたら完全復活だと勝手に思ってる。なおみちゃんにも期待。

▼近所の公園
park180904
2018/07/15

最終セットのノンタイブレ

ajisai180714
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 2018.07

G9のハイレゾショットが使いたくて、大雨後に植物園の蓮の花撮りに早朝向かったが、やはり雨の影響を受けていて、去年の壮観な見栄えとは比べ物にならなくて意欲が萎えた。園内の大池も溢れて、周りの歩道が水没してた。上記写真は最後のアジサイ。

少し軽い熱中症のような症状を感じて、ゆうべのイズナー(アメリカ)対アンダーソン(南アフリカ)の試合は、WOWOWを点けっぱなしにして、解説を聴き流しながら眠りについた。しかし、夜明けごろ目が覚めたら、まだ試合が続いている。最終セットのノンタイブレーク方式により、もつれにもつれて長時間に及んだのだ(6時間36分)。

勝者はアンダーソンだったが、直後のインタビューで、このやり方は馬鹿げてると言ってたらしい。なるほど、選手は伝統を重んじルールに対して肯定的に受け止めているものと思っていたが、次に控えていたナダル・ジョコ戦は、アンダーソンの言った通り、案の定順延となり、興行的な側面からみても、プログラムの進行の妨げになってるのは明らかだ。

何より選手のフィジカル、ビッグサーバー同士の対戦は、当のイズナーが過去にこのウィンブルドンで11時間もの最長記録を立てたように、交互にゲーム獲得する単調な運びに陥りがちで、最終のノンタイブレにより、2ゲーム差が付くまでのルールは、彼等の足かせになりやすい。

今日のナダル・ジョコ戦の試合再開は、結果的にまぁまぁいい所で最終セットを終えた。あれを見てると観戦する側からみれば、最終セットはデスマッチを観たい気持ちも分かる。ただ、やはり互いのポイント獲得の運びが複雑で、ビッグ・サーバーと違うんだよね。

こういう考えはどうだろう、第4セット終了時点で引き分けになった際、そこで選手間の意見を汲み、タイブレークか、従来のノンタイブレにするか決める。両者の意向が分かれれば、コイントスで方式を決める、とか。それはそれでまたデメリットが生まれるか・・。
2018/07/08

鮮やかな芝プレー

kaobw180704
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.07

しつこい雨は上がったものの、ネットではゲリラ豪雨予報で、買い立てのカメラはずっと待機中。一応晴れてるが、向こうにモリモリと積乱雲。仕方ないから漂白剤で洗濯物をじっくり漬け込む。日曜夕方から月曜は、パン屋の匂いもタバコの匂いも無くなる絶好タイミングだから、ここでまとめて干さないといけない。

去年のカメラ散歩で出会った中国地方の人のFlickrに被害様子がアップされていて、思わず見舞いコメントを送ったが、折り返し細かな被害状況のレスがあり、予想以上の酷さにいたたまれず、それ以上返せなかった。SNSは言葉のリアクションは素早く出来ても・・・。


日本時間で予定された午後9時の、錦織選手の対キリオス戦は、前試合が押しに押してほとんど夜明け前の開始。しかし眠気も吹き飛ぶ好プレーが観られた。錦織自身も後のインタビューで過去の芝でベストと。
前哨戦の対カチャノフ戦が惨憺たる結果で、プレーのテンポが掴めぬままストレート負けだったので、これでは5セットマッチに間に合わせられないのでは?と絶望視していたが、いやどうして、爽快ともいっていい内容になった。

対戦相手との前後内容でけっこう調子が変わってくるものなんですかね? 前回の同じオーストラリア選手の対トミック戦の苦戦が、今回に良い流れをもたらしたようだ。特に、素人目にももどかしいサーブの入りが、キャリアハイといわれるエース数となり、珍しく(失礼)自身のサーブで窮地を凌ぐ場面が見受けられた。
立ち上がりの遅かったキリオスは、2セット目から盛り返したが、サーブ好調にリターン最強の錦織とくれば、希代の暴れん坊もかたなしだ。
大一番に限ってストレート勝ち。不思議な人だ。欲は出したくないが次のグルビス戦にだけは勝ってほしい。