FC2ブログ
2019/10/22

ダウナーな朝に

bird191021
Panasonic DMC-G8 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 II 2018.01

mora qualitasのお試しサービスが近日始まるそうなので、これも並行して試してみますね。こちらはウチの環境ではアレクサ対応機器と異なり、PCからUSB DACを通してのオーディオ出力となるだろう。音質比較が楽しみ。
自分は高音質志向ではあるが、192kHzまでは聴き分けられないと思う。なのでEcho Linkのスペックでも納得したし、先日ダウンロード購入したリヴのアルバムも最も高音質では192/24版も売ってたけど、96/24で充分と。
もちろん価格的な判断も込めているが、192kHzまで求めるなら、そもそもの録音自体がしっかりしてくれていれば良いと思うまでで。古い録音のリマスター盤など幾ら高音質で聴いても限界があるように。



スティーヴィー・ワンダーに関しては、手持ちではベストアルバムが1枚あるだけで、オリアルのほうはストリーミング時代に入って、ようやく聴き始めた程度。
今朝、偶然チョイスした本盤が、ダウナーな気分に、いきなりアップテンポで畳み掛けはせず、ソフトに寄り添いつつ少しずつ意気を上げてくれるプログラムで好感。後で調べると押しも押されぬ大傑作だそうで、好感どころか・・・と認識。コンテンポラリーでも教会音楽のバックグラウンドが見えてきます。やはり'70年代の録音は、この人に限らずサウンドのカオスな感覚が残ってていい。この年代中心にしばらく聴き進めよう。
2019/10/14

バリーよ、もう一度

sunflower190913
Panasonic DC-G9 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2019.08

さしものAmazonも3日前に注文した商品に関するリアクションが未だ無い。プライム会員で無いし急がないので、ゆっくりでいい。大阪南港にも大きなAmazonの倉庫があるが、モノによっては関東からの出荷になるのだろう。
気候が変わってしまった。スウェーデン少女の声高な訴えをこき下ろす人々。被害に遭う人々。物事の繋がりと、切り離して捉えるべき事と、誰が見誤らないだろう?



これ、しまったことした。お気に入り盤だったのにDeezerで聴けるからいいや、と手放してしまったらしい。先日書いた通り、メドレー入りのアルバムは、Amazonではギャップレス対応だが、それでも微妙に繋ぎ目が切れる。CDは手放すべきでは無かった。後悔。
Amazonに乗り換えるなら、Ultra HD音質で重複するアルバムを今後どうするかですね。基本的に音質優先で聴くもので、手持ちCDは明らかに不要になるのだが、、。買い戻しなどという事にならぬよう、よくよく検討しなくては。

ちなみに画像のバリー・マニロウ。これも知人バーが在った頃、可笑しなエピソードがあって、手持ちのお気に入りCDを持ち込んだらかけてくれる、というので、たまたまこのアルバムをセレクトして店内でかけてもらった。その最中、マスターが何気にウィキペディアで、バリー・マニロウを検索したんですね。そしてバリーのプロフィールをどれどれと、音読し始めた。
が、途中で音読を止めてしまった。恐らくバリーが、晩年に自身のマネジャーと同性婚した件を目にしたからだろう。そこから、俄然ボロクソ。"うへぇ、大袈裟な音楽"。吐き捨てるような嫌悪の表情を見せる。さっきまでは、ふつうに聞き流していたのに。
ほらな、分かり易い奴だろ? 此処のどこが音楽バーだよ。
2019/09/01

アレクサと聴くバリー

物理的にモノをあちらからこちらへ移動する、といったロボットにやらせるような役割さえ求めなければ、アレクサは日々の雑用を、少しではあるが整理して効率化を手伝ってくれる。



こちらはリモコンに対応しない家電をコントロールするためのスマートコンセント。ひとまず2個購入。1個目はサーキュレーター用。床面に低いので、いちいちしゃがまなくても"アレクサ、サーキュレーターつけて"と言えば、クルクル回り出す。便利。これにシーン設定を追加して、点ける度に自動的に10分でオフになるようセットした。こうすればオフの命令をせずとも勝手に切れてくれるのだ。

別パターンで就寝時に自動的にオンにするようにも設定してみた。これは、飼い主が寝ている間に、猫ちゃんがトイレを汚した時の臭い対策用だ。昔は蓋カバー付きのトイレを使ってたんだけど、このこ、だいぶ太って窮屈そうなのでもう外しているのだが、年取ってから便がゆるくなるようになり、せめて臭いを攪拌しておきたいのだ。この操作実現だけでも悩み解決といってもいいほど素晴らしい。

2個目はサブウーファー用に。これもリモコン無しだから、基本、スピーカー電源ボタン押しっぱなし状態にして、デバイスを読み取った後、口頭で指示するだけ。もろもろのプレーヤー、アンプ等、音響関連機器の電源オン&オフは、グループ管理で一斉に一声でコントロールもできる。

エアコンも電源だけは使えるところまで漕ぎ着けた。テレビで困っているのが、チャンネル切り換えは出来るものの、地上波とBSの切り換えが出来ない。このへん機種の限界なのか、調べればマニュアルでできるのか。

失敗だったかな、と思ったのが、本日届いたフィリップスのhueライト。これ、専用ブリッジが別途要ると気付かず。手持ちのコントローラー、REMO miniで代用できると思い込んでた。別にふつうに電源コードつないだら充電してコードレス使用できるが、アプリを使った多様なコントロールは不可(なんでも音楽に合わせて調光するとか?)。これはいずれ、他のLED照明の寿命がきた頃に、一斉に照明システムをhue路線で行くかいずれ検討したらいいと思う。はっきりいって、照明をそこまで一括制御する甲斐があるのは、もっとでかい家だと思うんだよね。



Echoスピーカー、単体なのに広がり感があり、従来からあるBluetooth対応のパソコン用スピーカーよりも音が良いような。買ったばかりで無理やり満足しようと心理が働いてるせいかな? 悪くないと思う。
画像のバリー・マニロウの2006年アルバム、以前試聴した際、それほど良いと思わなかったのに、アレクサと応答しながら流していると、軽い選曲とアレンジが、シチュエーションに合ってたためか、急激に気に入ってきた。特にアソシエーションをフィーチャーした「Cherish/Windy (Duet With The Association)」に雑事中の手が思わず止まった。

https://youtu.be/NobLudmMRSU
2019/03/18

ブラジルAORの美魔宮

mitumata190311
FUJIFILM X-Pro2 XF23mmF1.4 R 2019.03

先週、ブリの照り焼きを作って食べた後、猛烈な腹痛がきて、一週間ほど辛かったのだが、ブリってアニサキスいないよねぇ? それで他に中毒症状を検索してみたら、いろいろあるみたいで怖くなって見るのやめた。加熱加減が悪かったのか?



ちょいちょい気になるエヂ・モッタは2002年のアルバム『Dwitza』。スモーキーというか少しくぐもったようなクールな本人のヴォーカルと、華やかな管楽器のサウンド展開が眩しい。間奏で各管のソロがたっぷり楽しめる。歌詞が付いてても、ほとんどスキャットみたいに聴こえる。エレピの残す余韻といい、休日の白昼夢のような感覚でスッと聴けた。
2019/03/16

ロドニーのクリスマス

cabin190312
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 2018.12

上階住人の騒音の件は、Twitterのほうで屋号と経営者名を明らかに、迷惑している旨をツイートした。当然ながら近所に住む自分の場所もおのずと知れてしまうリスクが伴うのだが、数年辛抱して様子見した上で起きた事実をただ記しておいただけなので内容的な問題は無い。彼らのサービスやレッスンを今後受ける客達の参考の一部になればいいと思う。しかしながら、客の中に万が一、信奉者など居て、妙な立ち回りされるようになると、引っ込めざるを得なくなるかもしれない。こちらは居住用に住まう一住人に過ぎないので。
当人が目にすれば、また逆切れするだろうね。でも、本当、なんで逆切れできるのか理解できない。管理人通じてさぞ恐縮しきりかと思いきや、束の間、大人しくしてやると言わんばかりに、ドッカーンと最後の一撃の物音を床(自分からは天井)にぶつけてくる。そして短期間を経て頃を見計らったように、また元通りの騒音。もう前の管理人から数えて通算5回はクレーム入れているが、同じことの繰り返しだ。元々人気の無い物件だから、家主も追い出す気は無いのかもしれない。
カップルで運営しているのも、タチが悪い要因かも。二人の世界ですっかり物の考えなど完結していて、外から意見されると"僕たちの邪魔しやがって"とすぐカッとなる。そんなところじゃないか。知りたくもないけれど。



なぜかクリスマス・アルバムばかり聴いていますが、ロドニー・クロウェルも去年、アルバムを出していた。『Christmas Everywhere』(2018)。
まさしく、カントリーのクリスマスってテイストで、内容は良い。が、音の処理が好かない。音響について詳しくないのだが、なんかコンプレッサー?でもかけ過ぎたかのような、シャリシャリに奥まった鳴り。Deezerがおかしいのか?と思うくらい。まぁ、ギター弾きが好みそうな音像ではある。
彼の音楽は、もっと好きになりたくて色々アルバムをつまんできたのだけれど、どうしても最初に買った『Ain't Living Long Like This』が、今でもレパートリーに残されてる名曲群で一番好き。ストレートな歌唱は今でも素敵だが、初期の声質はやはり綺麗だった。