ミュージシャン

senbon170324

大阪らしさを感じる風景の一つをご紹介するなら、これかな。実はカメラ散歩するようになって、恥ずかしながら最近知ったばかりの場所。写真右側の千本松大橋は、てっきり高速道路専用かと思ったら、上からぽつり、人が歩いて降りてくるじゃありませんか。
1973年に大型船の通行可能なこの橋が架けられ、渡船は廃止予定だったらしい。が、なにしろ歩行者・自転車が昇るには大変な橋梁の高さで、てっぺんまで2回転ほどループしなければならない。けっこうな運動量ですよ。遅刻寸前の通学・通勤者は大変。それで地元住民の要望を受けて、船は現在も市が無料で継続運行しているということらしい。
観光地ではないので、他府県からの旅行者に一番にお勧めするものではない。周りはほとんど工場ばかり。向こう岸には環境事業局があり、煙突と大きな建物に囲まれた細い道をフェンスづたいに歩くと、奥に動物達の碑が建てられていた。この木津川沿いの渡船場は他にも幾つかあります。



先日聴いた'70-'80年代AORコンピレーションに収録されたアーティストのオリジナル・アルバムを辿っています。画像のシルヴァーのファーストアルバム(1976年)は一度流した時点ですが、1曲目の「ミュージシャン」は、コード進行、メロディもコーラスワークもきれいなんですよ。歌詞は、【ミュージシャンとして生きるのは簡単ではない】というもの。アルバム発表はこの一枚きり。

ちなみに中島みゆきさんにも「ミュージシャン」という曲があります。こちらは男性ミュージシャンの不安と嘆きに、女性側から励ましを送る内容になっています。いい曲ですが、固定ファン以外にはなかなか知られていないような気がします。【中島みゆき「ミュージシャン」歌詞

▼Silver
https://youtu.be/geMC_LDXt1Y

君のハートは僕のもの

tulip170321

長居植物園で足元の草花をマクロレンズで撮っていたら、見知らぬ兄ちゃんが近付いてきて、ぼくの撮影姿をビデオに収めたので、ケーブルTVの地域ニュース放送に使わせてほしい、という。撮る前の許可伺いだと断られやすいから、先に撮ったのだろう。
ネットのオンデマンド扱いは無く、一日の放送限りということなので、ローカルだしまぁいいかと。よくよく聞けば一日三回、週末に総集編でも流れます、だと。そんなに繰り返すの? よりによって和式トイレで突っ伏しているようなポーズを。



ゲイリー・ルイス&プレイボーイズのベスト盤を聴いてみました。1965年全米ヒット曲「君のハートは僕のもの」は、リヴィングストン・テイラーのライヴ盤『持込音源』で知った。
いわゆるグループ・サウンズ。この手のバンドは当時、沢山居ただろうから、競争激しかったでしょうね。中でも彼らは曲もパフォーマンスもクオリティは高い。なんでもゲイリー・ルイスは喜劇役者ジェリー・ルイスの息子だとか? なるほど、親の七光りがデビュー段階からクオリティに反映されていたのでしょうね。

▼恋のダイアモンド・リング
https://youtu.be/H4XI7qUjV8s

'70年代AORコンピ

hamadera170311

チン電(路面電車)の終着駅、浜寺を久々に訪れた。化学工場の夜景を撮影するつもりだったが、水路沿いはまだ寒く、夕刻に引き揚げた。もうちょっと暖かくならないとねぇ。グリップを持つ手が冷たくなる。
ところでアンタ、花粉症の筈だけど、あちこち出掛けて大丈夫なの? はい、カメラを持ったら俄然フットワーク軽くなりました。



先日、ヴァレリー・カーターが亡くなったと知り、ジャケの印象は持ってるが、どんな音楽をやる人か知らぬままだったので、Spotifyで試聴しつつ、彼女を含むこの'70年代コンピレーションに辿りついた。
なかなか縁の無かったAOR、学生だった'80年代、'70年代ロック&ポップスを人並みに平らに聴こうとしつつ、民族音楽の土臭さと暖かさに強く惹かれていた。

ボズ・スキャッグスは『シルク・ディグリーズ』が好きで、高校時代「ハーバーライツ」とかリピートしてましたね。今も現役だが、やはりこのころのほうが、自在に歌えてますね。
聞き覚えのある曲、これTOTOだったんだ。ジョージ・マイケルのヴォーカルかと思った。J.D.サウザーのトラックは輝かしいドゥワップ時代の再現のよう。商業ベースに乗りつつ、どのアーティストも心から楽しんでプレイしているように聴こえる。
他にネッド・ドヒニー、カーラ・ボノフ、ケニー・ロギンス、ホール・アンド・オーツなど。コンピレーションは好き嫌いが極端に分かれてしまうので買うのはいつも躊躇うが、このアイテムは違和感が無かった。

Somebody to Love

bicycle122816

今月から通い始めたジムは24時間営業で、スタッフ不在でも予め渡されたキーをかざすと、深夜でもトレーニングできる。プールもスタジオ・エクササイズも無い代わりに、フリーウエイトのエリアが充実してるのが良い。まだ会員が多くないのか、時々、お留守番してるような心許ない気分に。人が少ないほうが好きではあるけれど。



一応、G・マイケルの2枚組ベストは持ってますが、ほとんど聴いてなかった。急な訃報に驚いて、久しぶりに取り出した。
'98年盤ということもあるからか、意外にサウンドはそれほど贅沢な作りでもないんですよね。ヴォーカルにエフェクトかけ過ぎなのは、基本的に好きではないし。
唯一、アストラッド・ジルベルトとの共演「デサフィナード」では息をのんで耳を傾けたり。やはり趣味の違いかな。
ところが、ディスク2の最後のどん詰まりで、クイーン共演のライヴ音源「Somebody to Love」が突き抜けてる。彼の肉感的なパフォーマンスがよく出てる。こういう音像なら、ぼくでももっと聴けそう。

オン・ブロードウェイ

kao112616これはパナの42.5mm F1.7で撮ったもの。膝の上に乗ったタイミングで、ギリギリまで寄りました。ボケ味を試したくて絞りは開放ばかりですね。大抵、このレンズかパナライカを使い分けていますが、単焦点レンズを一つでも買う以上、複数そろえたくなるのは仕方ないもので、やはりあと一本は増やそうかと。

  

雨の日は'70年代盤が似合う? バリー・マン『レイ・イット・オール・アウト』(1971)。このアルバムは、大貫さんご推薦のアルバムだと記事で目にして、既に廃盤だったのを中古で求めたもの。バリー・マン自体は、ライチャス・ブラザーズのヒット曲の作者であることは一応認識していて、他に『Soul & Inspiration』(2000)を聴いています。

本盤は貴重なCDリイシューだが、リマスタリングされていないようで音が痩せているのが残念。ただ、内容的には提供曲を中心に贅沢で、名うてのミュージシャンとのセッションは盛り過ぎないで淡々と。オリジナルは1963年、ドリフターズがヒットさせたリーバー&ストーラーとマン&ワイル共作「オン・ブロードウェイ」は、ぼくはリヴィングストン・テイラーのカヴァーで親しんできている。分かりやすいフォーキーなスタイル。

【ブロードウェイではネオンがまぶしいと人は言うよ
いつも魔法の空気が流れていると人は言うよ
けれど、あの通りを歩く者には
ろくに食べれるものもない
きらめきは すぐに剥げ落ちて 打ちのめされるのさ

ブロードウェイの女は よくしてくれると人は言うよ
けれど彼女たちを見ていると憂鬱になるだけさ
シケたダイム一枚だけで
口説けるわけないじゃないか
シケたダイム一枚じゃ靴磨きもしてもらえない

ブロードウェイじゃ そう長くは持ちこたえられないさ
と人は言うよ
故郷行きのグレイハウンド・バスに乗ることになるさ
と口を揃えて言うよ
けれど みんな てんで間違ってるね 絶対にそうさ
だって僕は こいつが このギターが弾けるし
ブロードウェイでスターになるまでは決して諦めないよ

みんな てんで間違ってるね 絶対にそうさ
だって僕は こいつが このギターが弾けるし
ブロードウェイでスターになるまでは決して諦めないよ】

ティー・ワイ・オー国内盤より引用

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示