心の識別

suisaen010817

ネトフリドラマ『ザ・クラウン』がゴールデングローブを受賞したそうで、納得。近年、近い傾向のドラマでは『ダウントン・アビー』があるが、キャスト降板により脚本に影響が出ている感じがするだけに、史実に基づいた『ザ・クラウン』はシーズン物として安心して観ていられる。英王室の歴史に特に関心は無かったが、映画『英国王のスピーチ』を思い出しながら、併せて楽しめた。

視聴一ヶ月の期限が来たので、駆け足で『ナルコス2』と『グレイス&フランキー2』を観終えた。『ナルコス2』は、麻薬捜査官を演じる2人をヒーローに据えて進行するが、マーフィー役の俳優(マコーレー・カルキン似)が、妻子が突然帰郷して落ち込む役柄のため、途中から精細を欠いてみえた。が、実際の、麻薬王パプロを仕留めた捜査官の記念写真を見ると、意外に線の細い男で、史実に基づいたキャスティングのようだ。相棒ペーニャ役のラテン系の色気が人気出そう。

g&f『グレイス&フランキー2』は、夫同士が同性婚し、取り残された元妻役のジェーン・フォンダとリリー・トムリンの新たな恋人作りの展開が楽しい。フォンダのかつて好き合ってた男性とのレストランでのそわそわした待ち合わせ演技が可笑しい。軽い女に見られたくなくて、でも首を長くしてワクワク。相手男性が見えた時の素っ頓狂なフォンダの声には大笑い!
トムリン演ずる家庭に、白人と黒人の養子が居ることも、このコメディに含みを持たせる。トムリンもまた新たな男性に惹かれるが、黒人の息子が相手男性に疑心的で、白人息子は好意的。相手男性は黒人なのだ。また、白人息子が生みの母親と連絡が取れ、ブランチに実母を迎え入れるが、息子が「僕もそちらの家にいつ伺える?」と訊くと、白人母親は「あなたのことは誰にも言ってないし、これからも言う気はないの」と拒絶される。
『奥さまは魔女』の時代と変わらないようなセットとロケの低予算で、現代のハート・トゥ・ハートを知性たっぷりに描く。シーズン3も楽しみ。

ネトフリ三昧

nankou120316先日からのネトフリドラマ『ザ・クラウン』のシーズン1は楽しめた。英国王ジョージ6世の実兄にあたるデイヴィッド、離婚歴のあるアメリカ女性との恋愛を選び、王位継承を放棄した彼のエピソードは興味深かった。どの程度脚色されているのか知らないが、放棄しても彼女と贅沢したいんだよね。外国でエリザベス2世の戴冠式をTV中継で視聴し、王室を揶揄しながらも、本来、王冠を継ぐ筈であったとの嫉妬と望郷の念がこぼれているのが人間臭い。「彼は隙間さえあれば、水銀のように入り込む男よ」と忌み嫌う王太后の口ぶりは見事な表現。

8ヶ月ぶりに再加入すると、オリジナルドラマの続編が次々と。1日1話観るだけでも元は取れる気分だ。いっぽう音楽ストリーミングの料金については、さほど実感が湧かないのは何故か。映像サービスは、ストーリー性を吸収する実感があるのだが、音楽は一度流しただけでは、せいぜい印象くらい、簡単に記憶に刻まれるものでもないからだろう。リピートするか、さらに次々聴き進めるか、迷ってしまうのだ。

narcos122216変わって、こちらは『ナルコス シーズン2』。コロンビア実在の麻薬王を中心としたフィクション。1話目を観終えた時点だが、明快な追跡劇からスタートするので、登場人物が多いが、すんなりシーズン1の続きに入ってゆける。最近、渋い役者だなぁ、と何気にウィキペディアで調べたら、自分より年下だったと判明することが増えた。

もう一本は『グレイス&フランキー シーズン2』。熟年男性同士が結婚宣言し、元妻たちとその家族を巻き込んだ騒乱ぶりを描くコメディ。長年秘密に育んだ男性同士の恋愛に対し、長年連れ添った元妻たちのほうが、彼らをよく知ってるところが抜き差しならなくて面白い。宗教の壁など反発しながら、やがて彼らを後押ししてゆく女性たちの悲哀や逞しさを、喜劇に巧く込めている。日本でも合法化すればクリエイティビティの幅ができるであろうに。ただ、これほどの脚本が実際書けるか?

女王の治世

ouka121216近所に新しくパン屋がオープン、初日は長蛇の列で住宅街は大混乱。店サイトを見ると、その列を動画に撮って嬉しげにアップしていた。だが、混雑の捌き方や購入制限の取り決めが行き当たりばったりだったために、案の定、対応へのクレーム投稿が次々と。「私の顔、勝手に載せないで!」とも。尤もだよね。
オーナーがエキサイトするのは一応解る。ブランド地へ乗り込んで一旗揚げる意気込みだったのだろう。だが、マネジメントの采配がまずく、結局、客も近隣も怒らせてしまった。ここ五年くらい遡るだけでも、ここの交差点付近でパン屋は3軒は潰れているはず。オープン景気経過後、どうなるやら。味は良いらしいが。

商売は難しい、と傍目にも思う。友人もミナミでの開店当初はテンション高かった。他の見知らぬ客と居合わせた時は、話のネタに恥をかかされたものだった。それも始め時だからと目をつむった。
だが客足は伸びず、赤を他のバイトで埋めるようになったあたりから、ゆるやかにトーンダウンしていった。敗因の自己分析を尋ねると、考えが甘かったことを自ら認めつつ、「客がソフトドリンクしか飲んでくれない」と。
いや、たぶん違うな。接客が悪いのだ。自分の意見や感覚と違った時に、彼はチェッ、という顔つきを露骨にする。こちらが目を逸らした隙に、ジーッとイヤな視線を送っている。人間の視界は、他者が思うより案外広いもので、見られているほうは気づいているものなのだ。何より、先に帰って行った客の悪口をいうなんて、ぼくが支払った後は、ぼくの悪口言ってんだろうと、想像が付いてしまう。かつて一緒に世話になった筈のバンドメンバーの噂を見知らぬ客に吹聴している場面など、居たたまれなくて、その客には悪いがその場で不快感を露にしたものだった。
客商売をするなら、文字通り客への視線は大事なのだろう。

  

Netflix再加入のお目当ては米英合作ネトフリ・オリジナルドラマ、イギリス女王エリザベス2世の治世を描く『ザ・クラウン』(2016)(画像はCD商品ページ)。

第1話を観終わった段階で、これは面白いと確信。オープニング回は、ジョージ6世を演じるジャレッド・ハリスが秀逸。この俳優、米ドラマ『マッドメン』において、財務担当の重役で帳簿の誤魔化しが発覚して、追い詰められるさまを印象強く演じていた。こちらでは名立たる英国王役と、ベテランが役柄の振幅を楽しんでいるようだ。

誰かが私を騙している?

susuki120616

Netflixに再加入。ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング主演映画『リピーテッド』(2014)を鑑賞。

  

ヒロインが目覚めると、隣で眠っている男性は夫だという。つまり彼女は、10年以上も前に何者かに殴打され、記憶障害から、眠るたびに毎朝、自分の年齢と目の前の夫の存在から教えられる。ある医者の手助けにより、毎晩、自分の記憶をカメラに録画するようになり、彼女は少しずつ記憶を取り戻してゆくが・・・。

評価があまり高くなさそうだが、展開は楽しめた。あとは説得力さえあればねぇ。何よりヒロインを心配して干渉してくる人がいなさ過ぎて、これ自体からして不自然。
過去を知る親友女性に久々に会うも、なぜか天文台で落ち合う。親友の住まいなら、いろいろ思い出せる糸口があるかもしれないのに。このように、スリラー構築のために、回避したシチュエーションから不自然さを露呈するポイントが幾つも存在。
ニコールもコリンも良い演技だが、コリンは作品にあまり恵まれないというか、本人は充実のプロの演技なのだけど。ニコールは加齢を感じさせつつ美しい。

のぞき部屋、2つのシーン

nanko120316

大阪南港ATC辺りをうろついた。コスプレイベントがあったようで、銀や緑色の髪の人たちが、あちこちでたむろしてた。逆光ばかりで、フレア・ゴーストが出ましたね。レンズフードなど遮光はしませんでした。



長年、機会を逃していた『パリ、テキサス』(1984)をゆうべTV放映でやっと鑑賞(以下、ネタバレあり)。ヴィム・ヴェンダース監督、ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー主演。もう30年以上前の作品なんだね。'90年代のころ、'60年代映画を観るときは、随分古い映像を観る感覚だったが。

この監督作品は『ベルリン・天使の詩』しか知らなかった。本作も詩情溢れる深い味わいだが、出来るだけ発表当時に近い時期に観ておくべきだったかな。
ラスト・シーンで男が孤独を選択するにあたって、子供は女親の元が良い、と判断するところが、少し今の感覚とはズレて見えてしまうからだ。
この抜き差しならぬ愛を描いた作品、観終わったばかりで、幾つか謎も残った。ぼくが大事な点を見逃してしまったのか。
・一度目ののぞき部屋での男女の再会シーン、のぞき部屋はマジックミラー仕様で、女から男の顔が見えない。男は、女が自分の声を聴いて、即座に反応してくれることを期待していた筈だったが、女は気づかず、そこで失望があった?
その後の二度目ののぞき部屋の再会シーンまでの男の内面について、今も考え中。
・居場所発見後、子供はどうしてすぐに母親に会いたがらなかったか?
・マジックミラーで、女の髪型に、男の顔が嵌り込んで映し出されるシーンは意図的だね?

歳の差のある男女の設定というところも、当時はもっと大きく捉えられていたのかな。ぼくは前半登場の弟が一番好きだな。兄貴の行状に怒っているようでも、日常的な振る舞いで優しい。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示