Who Knows Where the Time Goes

▼長居植物園
koinobori170422

今年ほど桜の季節を惜しんだ年は無かった。次こそもっと良い写真を、と意気込んだ時にはすっかり散っていた。
ちょうど観賞中に、こいのぼりを揚げる準備場面に遭い、ここぞと連写。なかなか整然と風になびくショットが撮れない。鯉の腹ばっかり写ったり、余裕で構えられた時に限って、風になびかずずっとダラーンとしていたり。



ネトフリ『グレイス&フランキー シーズン3』を観終えた。何度も書くようだが、なんて優れた脚本なのだろう。頭良すぎるわ。たぶんチーム体制で書いてるとは思うけれど。
倉本さんのドラマにも期待しているが、あれはいかにも単独執筆という感はある。倉本さん自身を投影したようなものだし。でも、こっちの『グレイス・・・』は、パーソナリティが平らに描かれていて、人種問題はじめ、お互いの価値観の違いを実に注意深い視点から、コメディに仕立てる。

引退目前の悠々自適生活の夫同士が相思相愛~結婚へと発展、残された妻同士が女の友情を育む。ジェーン・フォンダらが、高齢者向けバイブレーターを開発し、俄然イキイキとし始める演技が滑稽かつ魅力的。
一方、新たな結婚生活に入った夫同士は、ゲイ・コミュニティに参加し、フォビア活動家に逆抗議運動を展開。ここで彼らの弁護士という役柄が活かされるのも、当初からの計算ずくだろう。

今シーズンの最終エピソードのエンディングは、グレイスとフランキーが熱気球に乗って舞い上がるシーンで終わる。そのバックに流れるのはサンディ・デニーの「時の流れを誰が知る」! 製作チームに拍手を送りたい! 惜しみない拍手は次シーズンまでとっておく。

▼Who Knows Where the Time Goes
https://youtu.be/5oBMDcLf6WA

倉本さんは猫嫌い

bicycle170409

週末の雨続きで桜が散ってしまうのでは、と合間の曇天に撮影に行ったが、やはり晴天に比べると写りは不利だなと思う。あえてアンダー気味に撮るとか、ホワイトバランス調整だとか、接写を試みたりと色々カバーしてみるけど、晴れるに越したことは無い。

期待の倉本ドラマ、一週目の放送の最後に、ようやく大女優が揃いました。それぞれ役名があらたまって付いてるが、実際大物女優なだけにいっそ実名のままのほうが分かりやすいような。覚えられるかな?
これと、ネトフリでは『グレイス&フランキー シーズン3』がイチオシ。

『徹子の部屋』をYoutubeで観たところ、倉本さんは犬好き・猫嫌いなんだね。猫の件で、またまた閉店バーのマスターとの会話を思い出した。
音楽好きといいつつ実のところ折り合わなかったマスターとぼくだが、残すは猫好きだけが共通点。うちの飼い猫も結構な歳なので、先のことを考えたくはないが、その後の処理について先に経験のあるマスターに、カウンター越しに問いかけた時のこと。
「近所の公園に埋めた」と。ぼく「エッ? それって、不法投棄に当たるんじゃないの?」と疑ったが、向こうはシレッとした表情。

会話の中で、考えが異なると向こうはいつも露骨に侮蔑の表情を浮かべるが、こちらはあまり表に出さず、帰宅してからあらためて行政のサイトを調べてみた。なるほど、引き取り手数料がかかるからそれで忌避したのだろう。
これも彼の音楽に対する取り組み態度と同じようなものだと、今では合点がいく。彼の経済観念が、何かにつけ発想を狭めていて、お金をかけずに自分は心を込めてやっている、と信じているのだ。愛猫の埋葬についても、それは手厚く施したことだろう。
人前で演奏するなら、まずは詰まらないことを目標にしないと。一度レッスンを受けたほうが良いと思うが。表現云々以前の課題。

シーズン1のみは無いのか?

horror170406

ネトフリ『レモニー・スニケットの世にも不幸なできごと』の一話目鑑賞。主演はニール・パトリック・ハリス。
ティム・バートンあたりを想起させるホラー仕立ての屋敷に、両親を亡くした3姉弟が引き取られ、天才役者を自負する主人にこき使われる。

(画像のみ)
netflix170406

ネトフリドラマはどれも面白そうだが、シーズン1のみで終了する作品は無いのかな。どれもバラバラ観始めると収拾つかなくなりそう。まぁそれが継続視聴させる狙いなんだろうけど、絞って選ばないとどれも途中リタイアしそう。人気によりシーズン延長も結構だが、逆に単発ドラマや映画が恋しくなるね。映画も一部アップされてることだし、一ヶ月プランを練らなくては。

やすらぎのみゆき?

virginia170403

テレ朝の昼おびに倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの郷』がスタート。録画で第1話を観ました。月~金の毎日20分放送で、一日遅れでBS朝日の朝の時間帯でも放送するそうです。
ドラマ主題歌用に書き下ろされた中島みゆき「慕情」が1コーラスしっかり流れました。これは週頭だけでなく、毎日流れるんでしょうか。
倉本氏の作品で、みゆきさんの曲が挿入されることは度々あったが、オファーによるタッグは初めてでは? 「慕情」なんて、'80年代くらいまでの彼女のイメージからは意外なタイトルですが、ドラマに則して考え抜かれたのでしょう。♪もいちどはじめから ただあなたに尽くしたい 、なんて60代の彼女が歌うと説得力があります。彼女にしては淡白なメロディで控えめな歌唱。なんとなく'80年代のシングル「ひとり」を思い出した。当時、彼女の歌が嫌いな人が、この曲だけ好きと言ってたのを思い出す。

肝心のドラマ内容は、妻の認知症死を機に引退を決意したシナリオ・ライターが、TV界の貢献者のみが集う老人ホームへ入所し、さまざまな出来事が描かれる、というものらしい。なんといっても主演、石坂浩二をはじめ、浅丘ルリ子、加賀まりこ・・・他、数え切れないくらいの大女優が揃い踏み。見応えありそう。

倉本氏のドラマは『"悲別"』くらいまでは熱心に観てたが、すっかりご無沙汰になってた。それまでのシナリオならかなり読んでいる。今回の脚本は前編のみ先行発売されているので、久々に読んでみたいな。
最近、国内ドラマにはすっかりそっぽを向いてしまっている。こないだも気まぐれに点けたNHKの深夜ドラマなども、芝居が軽くて観ていられなかった。演技がうわっすべりというか、それ以前に俳優の素地にある言語感覚が、各人バラバラで同じ国語を聴いているような気がしない。視覚要素は最も重要だろうが、言葉に対する素地を培うメソードが求められるのじゃないだろうか?

直情のムーンライト(2)

ukiyo170402

『ムーンライト』を観る前に、雨に濡れたミナミを収めておこうと、早目に繰り出した。道頓堀川沿いの風景を撮っていると、ちょうどクルーズ船が近付いて、歓送迎会のサラリーマンとおぼしき乗船客達がぼくに手を振りまくってくる。外人観光客じゃあるまいに、と呆れつつ酔客どもに手を振って応えると、向こうは「撮って撮って~」と大騒ぎに。こっちも調子に乗ってきてフェンスから身を乗り出してカメラを構えてやると、もう大喜び! お互い何やってんだかねぇ。

『ムーンライト』は、後からの印象が強い。ストーリーの反芻よりも、映像のほう。やはりリスキーな脚本だと思う。俳優と撮影の条件が合わないと、どうなっていたか。個人的には、まだ若い制作陣なのだろうな、と感じる面もあるが、ただ一点だけを見詰めて、そこに辿り着くまでを、クライマックスを抑制して描写する方法は、ネトフリなどドラマが台頭する時代に、今一度映画ならではの表現に取り組んだ一本といえるのかもしれない。

主役の三期にそれぞれ、富士フイルム・アグファフィルム・コダックを使い分けたらしく、幼年期の肌の色を活かすべくフジを採用したのは興味深い。
フジの色味にも関心があり、こないだついに2機目のカメラ入手しちゃったんだよね。こういうの、かつてのストーリーテリングのみに固執していた自分なら着目する機会も無かったことだろう。

参考:http://www.club-typhoon.com/archives/14109348.html

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示