1日1曲(25)

元気になったことだし、そろそろ知らない音楽も聴いてみたいと思う。
今までサプリや漢方にかなり浪費したので、今年は年間ベスト3しか発表できないんじゃないかな。読者さんのほうが、よっぽど購入してると思う。

今日、久しぶりにエル・スールに注文問合せしたら、あれっ?ノー・リアクション。そーか、定休日だったか。

デ・ダナン "Teddy ONeill"
danann1
トラッドの名曲「テディ・オニール」は、このドロレス・ケーンの歌唱を凌ぐものは有り得ないと思うほど。楽器が黄金のように絡み合い、アイルランドがわが故郷のように思えてくるのだった。

↓スキンが反映されない場合、リロード願います

1日1曲(22)

もしや一連の症状の元凶は、顎関節にあるのでは?と、ハタと気づいた。
最近、あくびがまともに出来ない事を思い出したのだ。口が大きく開けられない。
そこで頬骨に沿って表情筋をマッサージすると、声が…出た!半年ぶりに。不完全ではあるけれど。しかも大人ニキビがたった一晩で全てカサブタに変わっている。

ネット検索すると顎関節症から神経症に進行していったケースはあるらしい(尤もネット検索はどんな事例でも必ずヒットするので眉唾ではある)。
筋肉と神経の関係ばかり調べていたが、そもそもは骨の歪みが原因??

今度通院時に医者に質問してみよう。なにせ、自分に関しては精神的な落ち込みというものが無いから。肉体的な限界ゆえ結果を出せないから落ち込んでいるだけなのだ。
臨床士や医者とは、
「不安になることがありますか?」僕「いいえ全然」、「人生が虚しいと感じることは?」僕「そんな、やりたい事てんこもりですから」、といった珍問答。
最後に「あなたはご自身の性格をどのように捉えていますか?」という質問には、「現実的で、楽観主義」と答えて、ハハハと笑われた。

フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ 「恋はくせもの」
doowop
ジョニ・ミッチェルのカヴァーで初めてこの曲の存在を知った。オリジナルのライモン君の歌声をどうぞ。

↓スキンが反映されない場合、リロード願います

1日1曲(21)

以前、体調悪くされて以来、更新ストップされていたブロガーさんからコメントいただき、ホッとしました。
ぼく自身、本当はネガティヴな発言をネット上に残したくはないのですが、最終的に趣味で繋がる人は、なんのかんのとアクセスして下さるのではと。あまり好感などに囚われ無くてもいいと思うようになった。

医者から処方された薬の効果が大体把握できたところで、止めていたサプリ等を我流で組み合わせる事に。ナボリンS、コエンザイムQ10、カルニチンなど。他に、あずき茶を出し殻と一緒に飲んでいる。

サンディ・デニー "Full Moon"
sd
ブリティッシュSSW、サンディ・デニーの曲。メアリー・ブラックの上手いカヴァーもいいですが、本家のユーモラスな雰囲気を愛聴。

↓スキンが反映されない場合、リロード願います

1日1曲(20)

百会(ひゃくえ)という頭頂部のツボにお灸をしようとしても、なかなか場所が自分では見つからなくて、ジリジリと髪の毛を焦がしてしまった。

別宅の再開は声が出るようになってからと思ってる。もしかしたらこのままダメになっちゃうかもしれないし、年数かけて良くなるかもしれない。
もし声がダメになっても、ニキビだけはなんとかしたいなぁ。一気に100個くらい顔に出来て、人が避けて通るほど。ひどい年だ。

ジェイムス・テイラー "A Merry Little Christmas"
jt2
僕の知る範囲で、JTのアルバムはこれが一番好き。ほとんどの方が'70年代を推すでしょうけど。この作品はボーナス・トラック追加盤がオススメです。

↓スキンが反映されない場合、リロード願います

1日1曲(17)

ブラ爺にはなりたくないが、ピンク爺には憧れたことがある。
むかし、さんちか(三宮地下街)の入口に謎の全身・真ピンクのお爺さんが佇んでいた。
ピアノを習うために六甲に通ってた頃、帰りに地下街にブラブラ降りれば、かなりの確率でその爺さんを見かけた。本当に頭から爪先までピンクの服装で、それがダンディなのだ。
その方、TV番組に取り上げられ、そのピンクの靴も自家製と知り感動。老人っていいな、と高校生心に思ったものだった。

オマーラ・ポルトゥオンド "Mueve la Cintura Mulato"
op
70代のオマーラが放った、ふくよかな女性の香りを放つ古きキューバン・ソング。キューバのミュージシャンを見てると、本当の元気を知らされる。

↓スキンが反映されない場合、リロード願います

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示