FC2ブログ
2018/12/08

シンフォニックのEP

light181217
Panasonic DC-G9 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 2018.11

先日購入の大貫さんの『カイエ』映像版、気に入ってリピート中。添付インタビューのやり取りにある通り、観てて恥ずかしくなるようなアーティストのPVが多い中、年月の経過に耐える作品だ。
通しで映像を視聴する時間が無い時も、流しながらふと見やるとTVモニターが、まるで小窓から見るパリがいつでも其処にあるような雰囲気。寄り添うような映像だ。



ポニキャニから2016年に発売されながら、購入見送りだった大貫さんの『TAEKO ONUKI meets AKIRA SENJU~Symphonic Concert 2016』が、SpotifyにEP盤扱いでラインナップされたので試聴。ライヴDVDのほうは持ってるけど、このスタジオ録音盤は当時、曲数が6曲と中途半端で、しかもうち2曲が千住氏によるインスト、価格設定も高かったのでスルーしていたのだ。

アレンジそのものは先にライヴ音源で聴けたので、スタジオ録音もあらためて良いな、とは思う。このアイテム、なぜフル・アルバム制作しなかったのだろう? 当初からこの内容予定だったのか。
ポップス・シンガーのフル・オーケストラのアルバムは難しいとは思った。ライヴ音源ではあまり感じなかった、スタジオ録音での、オケとヴォーカルの呼吸合わせが大変そう。声楽とダイナミズムの差があるからだろう。「Voyage」など間が持たない瞬間をたびたび感じた。ワルツ系の曲は違和感ないが。
ドラムスなどリズム隊を取り入れたほうが良かったかもしれない。

ジャンルは異なるが知りうる範囲では、ケルト系米在住アーティストの、コーニー・ドーヴァーが地元のチェンバー・オーケストラと組んだクリスマス・アルバムの失敗が頭を過ぎった。声量バランスがオケと違いすぎて、ミックスに限界が見受けられたのだ。大貫さんの、ライヴ音源のほうが自然に聴こえるのは、ホール音響とのミックスがスタジオより深く共鳴しているからではないか。
2018/12/05

再リイシュー「カイエ」

wood
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2018.11

写真もクオリティのみならず、質感というものを求めるならフィルムにも手を出すべきなのだろうけど、そこまでは経済的に無理。盛り上がりの一途をみせるフルサイズもよくよく検討してからにしなくては。
SNSで知り合ったアマの、高級カメラにグレードアップした写真を拝見する機会があるが、ボディを変えても撮り方が同じだねぇ、と感じたりもする。道具を持つほど表現の幅が広がる、とも限らないような。



大貫さんの誕生日に合わせてリイシューされた過去のアイテムの中から、映像作品『カイエ』を入手。再リイシューにして初鑑賞。
このリイシューは今年、マスタリング・エンジニアで知られるバーニー・グランドマンによる一連のラインナップの一環で唯一扱われたDVD。
なぜこれを選んだかというと、いずれもアナログ盤オンリーで、価格が高いから、という一言に尽きる。その中で唯一、このDVDが2000円ちょっとで買える。
特に『カイエ』については、アナログ盤と比較して映像版のほうがお得に感じた。収録内容が微妙に異なるようで、その点でも、彼女のシンフォニック・コンサートで初めて知った「幻惑」が、映像版のみ収録されていることも、個人的な購入ポイントとなったのだ。
実際のところ、インスト中心の作品とあって歌入り曲がどれだけあるのか不明だったが、「幻惑」「夏色の服」は、オリジナル・アルバムからの抜粋のようだ。
この2曲は最近の再録音でとても好きになった曲。しかし、当時の打ち込みの音には、昔も今も閉口する。タムタムの"ピュンッ"混じりの音色が変だ。

映像の作風は、驚くほど淡々としていて、何となくぼんやり見つめていると、音楽のエンディングには帳尻が合わせられていて、意外な幕引きが用意されているトラックもある。ほぼ全編モノクロで温黒調寄りの懐かしいトーン。本人出演は敢えて控えめに、しかし2曲分まるまるハンドマイクで歌う若い彼女をじっくり観られる。心象に沿うように、作為を込めないながらも意外性も感じられ、リピートする甲斐がある。

2018/11/17

スライス・オブ・ライフとの再会

bird181116
Panasonic DMC-G8 LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S 2018.03

ATPツアーファイナルでの錦織選手は、フェデラーには勝ち星をあげたものの総じてサーフェスやボールの感覚に馴染めないまま、あれよという間にリーグ敗退してしまった。観ているほうもつまらなくて、あれがジョコなら状況悪くても捻じ伏せるように勝ちに繋げるよなぁ、とボヤいてしまう。が、復帰組ではジョコは別格としても、錦織の成績はものの一年で安定した。ケガとランキング低下でもがく選手が多数いる中、大したものだ。



そのファイナルズの決勝トーナメント視聴待ちの間、大貫さんの旧作を。配信予定が遅れていた『コパン』以外のミディ時代の作品が、いつのまにかSpotifyに揃っていました。先日取り上げた『プリッシマ』も聴けるようになってますよ。

実はぼくが初めて買った大貫さんのCDが『スライス・オブ・ライフ』でした。たしか高校時代、発売とほぼ同時に。この作品も今回ラインナップされ、実に約30年ぶりの再会となります。当時の盤は学生時代に売り払ってしまっていたので。
当時、そんなに気に入れなかった憶えがあります。それはぼくがポップスの旨味をまるで理解していなかったからでしょう。購入きっかけは多分「彼と彼女のソネット」が流行っていたから。今聴くと・・・いい曲ばかり。

亡くなられた大村さんには申し訳ないが、この作品にフィーチャーされるギター・サウンドが、必ずしも彼女のフィーリングに合ってるかどうか疑問。これは今般再聴しても意見は変わらない。でも、このギターがアルバムのサウンド・カラーの特徴になってるんですね。尤も演奏そのものは申し分なく、アコースティックなプログラムがリマスタの効果もあって心地よい。

「恋人たちの時刻」、懐かしい。映画の主題歌だったんだね。フレンチ映画のサントラみたいな美しさ。今のヴォーカルでも聴いてみたい。当時、達郎氏に「最近のター坊は、切って歌い過ぎ」とFM番組で指摘されていたのを記憶しているが、確かにピッチを気にするあまりか、言葉の連なりが伝わりづらい。このへんの改善に、ピュア・アコースティック活動がプラスに働いていると思います。
2018/11/01

Deezerにない手持ち盤(6)

cosmos181031
FUJIFILM X-Pro2 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2018.10

風邪は、ほぼ治っているけど、今回は痰がしつこいし、排膿量がとびきり多い。鼻の奥の何処にこんなに詰まっていたのかと。息を吸った時、ふいに鼻の奥の膿を飲み込んでしまい、胸の辺りに留まってしまう。洗面台に吐いて、そのしつこさに驚くよ、蛇口から水を流してもなかなか流れない。



ちょっと、大貫さんの年末の教会コンサート、従来の弦カルに加え、サキソフォン・カルテットなんですねぇ! 行きたいわぁ、やっぱりこうしたスペシャルな編成は、どうしても東京のみになるんですね。

ちょうどこの季節にぴったりな『プリッシマ』(1988)は、Spotifyで聴けるようになりましたが(訂正:Spotifyでも聴けません)Deezerには無し。所有盤は、ミディからの紙ジャケ再発。音質はとてもいい。
時代的に、このころにポップス界においてアコースティック・アルバムを制作したのは意義深いでしょうね。このころの若い尖った声も好きです。でも、音程は今のほうがいい。個人的には、『アトラクシオン』からシンガーとして完成されたと捉えている。『LUCY』でも、まだちょっとピッチ悪いんですね。ま、旧来ファンにいわせると、ぼくはニワカファンに当たるようですが。

本作、マーティ・ペイチ編曲のオープニングの余韻を活かして、ほぼしっとりした楽曲のプログラム。彼女のハーモニー感覚にじっくり付き合える名作だ。「Monochrome & Colours」のジャジーなかっこよさは勿論、「Voce e Bossanova」のボッサ・ノーヴァは、メロディは勿論、このコード扱いはなかなか作れる人は国内にいないんじゃないかと。ユーミンのボッサ・ノーヴァ・タイプの曲とは、また違います。ぼくはユーミン調なら、自分にも書けそうな気がするんですが、大貫さんのレベルはちょっと、、難易度高いですよ。
2018/10/21

Deezerにない手持ち盤(4)

dahlia181020
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.10

ようやく青っ洟が出るようになって風邪も治癒の兆し。白っ洟も混ざって、鼻の中どうなってんだか。後鼻漏の影響からか、近年の風邪症状は、胸詰まりを感じながら、ゲップと咳が交互に出たら、最後に巨大な痰を嘔吐する。



なんか大貫さんの新譜のライヴ・アルバム、辛口評価されてますね。
まず今回の作品、予期せぬ新譜だったと、ぼくは捉えています。たぶんNHKドラマの挿入歌がらみで、作曲家のサントラをリリースする縁で、コロムビアからもう一枚、大貫さんのライヴ音源をリリースする話を彼女サイドから持ち掛けたのでは?と推測しています。だからタナボタくらいでファンは喜ばないと。
純粋に新曲を聴きたい気持ちも理解できますが、彼女は働き者でもう充分に作品を発表してきているくらいです、海外アーティストと比べれば。

それから従来の彼女のポップス・ファンがピュア・アコースティック活動にどれだけ理解を示しているかにもよるでしょう。あの編成では、基本的に選曲の幅が限られてきます。それに生楽器との共鳴を非常に神経使って互いに聴き合って紡ぎ出すスタンスなので、同じ曲を何度も練り直すこと自体に意味を含みますし。
ピュア・アコースティックの全編ライヴ音源のCDは実は初めてではないでしょうか。ライヴ録音の聴感に慣れていない面もあるかもしれません。少なくとも、大貫さん自身が最近のインタビューでも発言しているとおり、今が一番しっかり歌えていると僕は思います。
ただ、過去記事にも触れましたが、キーが下がっているので、これに気づかず違和感を覚えた人がいるんじゃないでしょうか。

画像の『UTAU』は、ご存じ教授との共演作。このアルバムはSpotifyにはあるがDeezerでは聴けないので手元に置きます。またディスク2の教授のインストゥルメンタルは、サブスクリプションでは何れも聴けない筈です(追記:Spotifyでインストも込みで聴けます。訂正します。)。ピアノとヴォーカルが醸し出すアンビエントな湿り気が魅力。