FC2ブログ
2019/05/18

続・マルチチャンネルの再検討

台湾で同性婚が認められました。養子縁組とか国際結婚等の詳細部分までは把握できていませんが、おめでとうと言いたい。先日、国内での訴訟の件につきクラウドファンディングの締め切りが迫っていたので、少額ですが振り込みました。もう欧米文化を引き合いに出来ませんね。

前記事でのマルチチャンネル環境、急ごしらえました。適当なラックが無いもので平積み。
deck190517

真ん中が新たに入手したブルーレイ・プレーヤー(ヤマハ)。これにCD&SACD再生が吸収されることになります。既存のデノンのSACDプレーヤーはもう少し温めて、手放すかどうか考える。2チャンネル単体再生としては、デノンのほうが上位機種になるだけに、ブルーレイに一本化していいものやら、まだ迷う。当面、音質比べをじっくりしてみたい。
ちなみに最上段が、去年Deezerを機に入手のネットワーク・プレーヤー(ヤマハ)。最下段がAVアンプ(マランツ)。

完全に手放す決断可能なのが、既存のブルーレイ・オンリーのプレーヤー。これはもう不要。
かねてから他にスリム化に踏み込めなかったのが、オンキョーのプリメイン・アンプ。どうもAVアンプに一纏めすると物足りなくなるので、今回のマルチチャンネル環境整備にあたっても、フロントスピーカー部のみアナログ出力でプリアンプに繋いでいます。

rear190517

そしてこちらがサラウンド用のリア・スピーカー。やっと揃いましたね。前カバーは購入時添付していますが、従来のフロント用ヤマハのモニター・スピーカーが裸なので、合わせて外すことにしました。
置き場所、・・・これが賃貸のウサギ小屋では辛いところで、使用用途につき毎度スライドして設置し直さないといけなくなるが、仕方ない。この設置画像も、持ち家の方のオーディオルームのようにスマートならば全体図でお見せできるんですが。

接続にしばらくすったもんだしましたが、結果的に半ば無用の長物と化していたAVアンプの端子がやっと活かせて、ここへきて元が取れた気分。音も文句ない。
自分が長らくユニバーサル・プレーヤーにオーディオ移行する気持ちになれなかったのが、映画用のキンキンした音質になるんじゃないか、という不安が漠然とあったからなのですが、このブルーレイ機では、ヤマハが独自にCD&SACDモードを付加し、ノイズ低減してくれるというので、買う気になれた(相変わらず試聴せずの即決だが)。

これで5ch環境が出来上がった。このままでも悪くないが、やはりサブウーファーも要るね。こちらも追加注文。いずれの製品も、安く買えたというネット・レビュー当時よりさらに低価格になっている。
2019/05/16

マルチチャンネルの再検討

shinsekai190515
Panasonic DC-G9 LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. 2019.05

現在、ミラーレス一眼機を3台所有しているが、先日から使用しているフジのX-T30をいたく気に入っているので、同X-Pro2は、もう下取りに出してもいいかな、と思い始めている。本来はPro2のほうが上位機種で防塵防滴仕様なんだけど。T30のほうが、自分のカメラという実感がある気がする。単なる新しもの好きなだけか?
この季節を考えると、体質的になかなか外出できない自分が、カメラを何台も持っていても仕方無い気がしてきた。ゆくゆくパナも一切売り払ってしまおうか、とも。パナも良いんだけど、色味に関しては、ほぼ現像ソフトで弄り倒してしまう。フジのフィルムシミュレーションを使った撮って出しの一発勝負のほうが楽しくなってきたのだ。
ま、下取りは急がないので、しばらく検討してみることとする。

TwitterでSACDの話題をしたところ、SACD愛好家の人達からアプローチがあり、それでSACDプレーヤー導入以来、何年も保留にしていたマルチチャンネル環境(サラウンド・システム)を再検討することに。
ぼくがSACD導入したのは確か2012年頃だったと思うが、久々にメーカーのラインナップをチェックすると様変わりしてますね。
当時、ぼくがマルチチャンネル対応のプレーヤーを新たに検討し始めた頃、目にとまったのがオッポのユニバーサル・プレーヤーだったのだが、このメーカー、既に一切の製品生産を中止しているらしい。
そこで今回、ネットワーク・プレーヤーの縁で、ヤマハのサイトを覗いたら、2016年発売のブルーレイ・プレーヤーが、CDおよびSA-CD再生の音質を向上させるCDモードを備えた手頃な価格だ。ついでにメイン(フロント)スピーカーを除く、センターとリア・スピーカーのパッケージ製品を扱っていて、こちらも安価なので、まとめて入手する手続きをしてしまった。なんせカメラにハマってから、激しく物々交換をしているので、感覚が変わってきているのか、即決できてしまった。
マランツのAVアンプが長年、持ち腐れ状態だったから、これでやっとマルチチャンネルが活かせる。これで映像ソフトもじっくり鑑賞するようになるだろうね。
2019/04/09

ヘッドフォンの新調

port190408
FUJIFILM X-T30 XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2019.04

例の中古CD購入者には、返金を申し出たところ、詫びが届くとは思わなかったようで、「これで充分です。問題無いです。」と返答された。たぶん今では貴重盤だから、手放したくはない、といったところか。どうも1000円台の価格帯よりも、10円とか数百円で購入する方のほうが、意外と手厳しいかも。一応、今後またお世話になります、とも返して下さったが、また巡り合うとバツが悪いので、ケルト関係のCDは一旦出品リストから外して、元の私物に戻すことにした。急いて売りさばく必要も無いし。



昨日の寒暖差で症状が悪化し、最寄りの内科で診てもらった。舌下投薬の治療について尋ねてみたところ、あれは耳鼻科専門らしい。今年の桜撮りは諦めた。もう完全に鼻が壊れた。
自分の鼻かむ音がうるさくて、音楽もまともに聴けないので、機器類の記事を。久方ぶりのヘッドフォンの新調。今まで6千円クラス止まりだったが、初めて2万ほどのクラスを選んでみた。中古購入。4-5万くらいのやつって、どんな音なんだろうね。今回も試聴もせず価格帯で適当に見繕った。オーディオ機器は、大体価格帯に見合ったクオリティなので。
実際に聴いてみると、スピーカーから出る音とのバランスのギャップを感じず、なかなかナチュラルだ。もっと以前から思い切ってこのクラスのに手を出しておけば良かった。
2019/04/08

検盤の見落とし

park190407
FUJIFILM X-T30 XF23mmF1.4 R 2019.03

ストリーミング利用するようになって、重複する所有CDをネット上で中古取引を始めたのだが、初めてクレームと辛い評価が付いた。説明にある盤の擦れ痕の度合いが、もっと酷いものだ、と。今まで100点満点だったが、この1件で93点に下がってしまった。
本来、いったん盤を引き取り直し、再チェックの上、その後のやりとりをはかるべきなのだが、実は心当たりがあった。
その出品当時は、一貫して検盤を自然光に当てて行っていたので、反射が強く、レースのカーテンが映り込んで、よく見えていなかったのだ。
ごく最近になって、蛍光灯の下で検盤するほうが、よりスクラッチの状態が見えるようになると気づき、これは、既出の出品物は、一斉に再チェックしたほうが良いのでは、とうすうす気にしてた筈だったのだ。
基本的に、ほぼ投げ売りの価格帯なので、つい底値同様だから、それで購入者も相殺してくれる、などといつしか甘く考えていたようだ。
かつて下取りに持って行ったリアル中古屋はとうに潰れて、ブコフはまた極端な買取値で、あんまりだから、個人で捌き始めたのだが、いかんせん自己査定にはムラが生じがちだ。気を付けよう。
2018/05/15

デッキで聴くDeezer

yamaha180514

ヤマハは、モニター・スピーカーを使ってきましたが、オーディオ・デッキ類は初めてで、かつてはアンプやらホームシアター・システムなど憧れたものだったが、まさかネットワーク・プレイヤーに縁があるとは。
今回のDeezerの他、あらゆる音源をまとめてコントロールするアプリがヤマハ独自のアプリ、MusicCastで、タブレットを介して聴けるということで、追ってタブレットも安すぎない程度に探してHUAWEIに落ち着いた。液晶きれいだ。これから操作性に慣れないと。
アプリはけして使い易い印象では無いが、バージョン・アップなど対応していくだろう。

mary180514

音響のほうは、ONKYOのエントリー・モデルのアンプを通して。いいんじゃないでしょうか。SACDプレーヤーの時のような感動は無いけど。CDと同質だから。ネットワーク・プレイヤーは今後さらにDeezer対応モデルが増え、ハイグレード・モデルも出るだろうが、それはその時で。なんかまだ不思議な感覚だ。盤のような振動が起きないだけに、安定してるわけですよねぇ。
これで本命アルバムも試聴アルバムも同条件で聴けます。終わってみれば難しくなかった。手持ちのダブリCDは、特に急いで手放す事もないので、ぼちぼち。メアリーの直筆サイン付きなどは、さすがに残しておきたい。
疑問点として、同一アーティストのラインナップがデスクトップとヤマハのアプリと大幅に異なる場合が少なからずあり、いずれMAXのデータに統一されるのかどうか。また、同タイトルでも、CDはリマスタだけどDeezerは通常盤というか、盤おこしの極端にボリュームが低いものもあるので、念の為じっくり照合したほうが良さそう。