ニコラ・コンテ

trumpet170622
FUJIFILM X-Pro2 XF56mmF1.2 R 2017.06

ある平日夕方から築港赤レンガ倉庫のクラシックカーのミュージアムを覗いてみました。もちろんスナップ目的。こんな場所があるのを知り得たのも写真に興味を持ったからで、自分が港湾寄りに住んでる実感がずっと無いまま暮らしてた。大阪港へのアクセスも市街からじゃなく、ニュートラムから中央線乗り換えで。途中、Amazonの大倉庫が車窓から見え、こんな近所にあると初めて気づいた。
元住友倉庫だったというこの目的地、しかし自分は車に全く関心が無いもので、どう撮ればいいやら。むしろ脇に添えてあるオブジェにフォーカスして、車はボカすという、とりとめもないスナップばかりになってしまったが雰囲気は味わえた。展示車によっては中のシートやハンドルにビニールが被せてあるままなのが不粋。



プライムお試しサービスが薦めてくるままにニコラ・コンテ『Modern Sound of Nicola Conte』(2009)を試聴。
いちおうヨーロピアン・ジャズの位置づけになるらしいが、コンテさん自身はマルチ・ミュージシャンらしい。ブルーノート来日も果たしている。
固定メンバーを持たないジャズ・コンボでの活動ということだが、どのトラックもシンガーもハイセンスとしか言いようのないパフォーマンス。BGMとして好むリスナーが多そうだ。BGMとは完璧をなして初めて愛されるものなんですねぇ。
フィーチャーされた男性シンガーのホセ・ジェイムズに興味あり。一枚だけプライムにあったので、これから聴く。

家具調トリオ?

ajisai170613
FUJIFILM X-Pro2 XF16mmF1.4 R WR 2017.06

今のブログ更新ペースだと、植物園で撮った季節の花が全部載せきれませんね。来年に回そうか。花撮りも結構難しい。でかい花は苦手で、ボタンとか、構図の取り方を持て余す。来月のハスの花の盛りには時間繰り上げて開園してくれるそうです。



前回のプライムお試しの時にやっと聴いたビル・エヴァンスのアルバム。登録データが残っていたので引き続き再生。いつか廉価盤を買おうと思いつつ。
なんというか、とても清潔なプレイでクラシック寄りに感じたほど。ワイルドにスウィングしないだけ、聴き易く感じる。音の隙間が、聴き手にも自由の余白を与えられたようで、飼い猫と寝転んでリラックス。なんか、サティに近いものも感じたのだけど、そういう感じ方はあり得無いのかな?

I Just Dropped By to Say Hello

utugi170524
Panasonic DMC-G8 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2017.05

ここ半年ほどで撮った写真の中から、試しに数点、ネット・プリントサービスに発注してみた。受け取り指定店に行ったところ、「お預かりしていません」とのこと。えっ? 確かに現像出来の連絡いただいたとこちらも言い張り、スタッフ総出で確認してもらった。が、見当たらず、こちらがもいちど帰宅してメール確認する羽目に。するとなんと、ぼくが"カメラのキタ〇ラ"と"カメラのナ〇ワ"を勘違いしていたのだった。一応、詫びのメールは送った。
それで正しい受取店でやっと現物確認したが、プリントサイズが小さいためか、それほど感動はなかった。自動補正無し指定のほうがイメージ通りに仕上がるかもしれない。
 


先日のマンシーニ集に収録されていたジョニー・ハートマンの「シャレード」収録アルバムがこれ。彼のインパルス録音は全部で3枚だったと思うが、試聴した中で一番の購入に選んだのは『コルトレーン&ハートマン』だった。ハートマンのヴォーカルをたっぷり聴くなら、本盤のほうだね。
最近のブラジル音楽試聴の流れで、シナトラとジョビンのコラボ盤を聴いたのだけど、シナトラがスター然(間違いなくスターだが)とした歌い口で、ボッサ・ノーヴァを歌うのが落ち着かなかった。ぼくにとってシナトラはドーシー時代限定だ。ジャズ歌手としても、ハートマンのほうが好きみたい。ジェントルで洗練されていて、人間臭い。
ハートマンの来日公演を観たという人の記事をどこかで読んだのだが、ジャズ・クラブで共演した白人女性歌手が、ハートマンを露骨に嫌っていた素振りだった、と書かれていたが、昔のことだからありがちとはいえ、公演中にそのような偏見を露にするシンガーがいるものなのだろうか? この素晴らしい歌手に対して?

▼I Just Dropped By to Say Hello
https://youtu.be/z5K0wsdil_I

Swings Lightly

momiji170507
Panasonic DMC-G8 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 2017.05

今日は心斎橋にある富士フイルムのサービスステーションを初めて訪れた。ギャラリーに中判サイズの作品が並んでいて、いずれも綺麗な出来だった。
XF90mmレンズを少し試写させてもらい、年内発売予定のXF80mmマクロについて尋ねた。発売日は今のところ年内であるとしか分かっていない、手振れ補正付きである、とのことらしい。
まぁ、どのみち新製品の価格では手が届かないだろうから、発売してもしばらく様子見がてら待つしか・・・。



そういえば、今年の春も大阪で吉田美奈子さんのライヴがあった筈だけど、行けなかった。今回はベーシストも参加で関心あったのだけど。
Spotifyに吉田さんと渡辺香津美さんのデュオによるジャズ・スタンダード集があったので、試聴したのだが、なんだか無性にエラ・フィッツジェラルドで聴き直したくなった。吉田さんは、言うまでも無く素晴らしいヴォーカリストだが、歌い口がちょっと好きになれない。重たいというか。ライヴではただただ圧倒されるのだけど。ジャズ・ギターのことは全く分からないからなんとも言えないが。

エラの『ELLA SWINGS LIGHTLY』は未入手。試聴したところタイトル通り、バックも歌も軽めでドライな録音が良い。

▼Little Jazz
https://youtu.be/t4uzeGe08XU

ハートマン率高し

mitumata170505
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF2 R WR 2017.04

ミツマタという植物について、植物園に通うようになって初めて知った。この写真、オリジナルのデータはイメージと違っていて、後からアートフィルターをかけたらドラマティックになった。暴力的なまでに咲き乱れる感じ?



ミュージック・コンシェルジュ(こんな肩書きってあるんですね)による大貫さんへのインタビュー記事があって、彼女が愛したサントラ・ベスト10が載っていました。
これは、大貫さんのカテゴリーに書くべきだが、このインタビューの中で、音楽も写真も映像もアナログ時代が湿感があって良かった、という発言があり、「今の映像系はお金かけすぎ」という件が気になった。
こないだのシンフォニック・コンサートがDVDのみだったのは、他ならぬ彼女の意向だったのだろうか?と。てっきりレコード会社側の予算の都合だと思っていたが。しかし、ブルーレイ化を外したからといって、アナログ的な良さが作品に反映されてた訳でもなし、確かに手法がすっかりデジタルに様変わりしたことについての嘆きは理解できるのだが、彼女自身の映像作品について、どこまでイニシアティヴを取られているのか、知りたいところ。

さて、その記事のサントラ・ベスト第10位に選ばれた『マディソン郡の橋』のサントラをSpotifyで試聴してみました。この映画は公開当時、ぼくも観ましたが、内容はすっかり忘れた。二人のキス・シーンはあったっけ? プラトニックで終わったんだっけ?
サントラは初めて鑑賞したが、なんと近年ぼくが愛聴しているジョニー・ハートマンのトラックばかり。そんなに劇中に流れてたかな。他にダイナ・ワシントン、バーバラ・ルイスも入ってるがハートマン収録率が高い。誠実な大人の歌い口は確かにストーリーに合ってるよね。
結局、オリジナル・スコアは聞き流して、再びハートマンばかり繰り返す。CD持ってるっちゅうに。

▼Easy Living
https://youtu.be/6F4VWtWMN-I

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示