FC2ブログ
2019/08/17

買い直し?

hanazono190816
Panasonic DC-G9 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2019.07

最近のDCモーター扇風機が欲しくなって、15年ほど使ってきた扇風機から買い替えてみた。さらなる微風設定により、これなら寝冷えしなくなるかな。静音で微風以下ならほぼ無音に等しく、音楽リスニングの邪魔にもならない。首振りスイッチもマイコン仕立てなんだねぇ。後ろの突起が無くなってるわぁ。一応、節電にはなるらしいんだが、一万超えの扇風機なんて初めて。



ポピュラーの試聴を積極的に進められていないので、これを。去年末のお気に入りアルバムに挙げた、フォー・フレッシュメンの『Four Freshmen & Live Trombones』、Deezerのリスニングがきっかけだったのですが、このアルバムも、何故か同じトラックの同一箇所で音飛びが発生するもので、わざわざ米Amazonのマケプレ利用して廃盤を中古入手した。単独ソフトとして買ったのは初めてですが、有料ストリーミングからの乗り換えということなので、いってみれば買い直しということになりますよね。

ちなみにDeezerでは現役有名アーティストを中心にリスニング可能な作品が時間帯によって異なる件について、質問メールしたところ、本来、国別非対応で聴けないらしいんですよ。それが一時、部分的に聴けてしまうのが有難いのか、不便なのか‥。
そうなると、うんと気に入ったアルバムなら、いっそのこと買っちゃえば?となりそうです。再生プレーヤー各種についても、手持ちのSACDプレーヤー、BDプレーヤーに比べ、ネットワークプレーヤーは未だ音質も若干劣る。常時契約でなければ、いつでも取り出して良い音で聴けるのは、やはりディスク、という結論に帰着してしまいますね。
2019/07/19

身近なオールド

port190717
FUJIFILM X-Pro2 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2019.01

期日前投票に行ってきた。政治家は漢字が読める人がいい。・・・・って、どういう次元なんだか。
最近は国内ニュースに目を通すのもばかばかしくなってきていて、ならばいっそ英語を学ぶかと英字新聞の契約を検討。ネットニュースでも仕入れられるが、ペーパーで普段から目に付くほうがいい。
辞書を引くのが面倒なら、最近は音声認識で手早く調べられる。さらにSNSと併用すれば少しは向上するかな。



音楽ライターさんのツイートから知った国内のビッグバンド、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド 。ライヴ・パフォーマンスもヴィジュアル含め徹底して楽しそうです。自分はSpotifyで画像アルバムを試聴。皆、若そうなのに統制とれてる。もっと知られたらいいのに。
日本語のトラックが出てくると、最初は違和感あったが、ハーモニー感覚はインスト同様に優れている。ただ、男性のヴォーカルが喉声で薄くて、ああ日本人の平坦な発声だな、と感じてしまう。ヴォーカルが入ると世代ギャップを感じるから、オール・インストのほうが好きかな。
2019/05/26

ピザレリのSACD

ジョン・ピザレリのSACDが中古で安く出ていたので入手してみた(1600円程度)。『Kisses in the Rain』(2001)。これは2ch収録。
今回たまたま買ったけど、ジャズを含むポピュラー全般については基本的にSACDで聴くつもりはなく、クラシックが対象。ですが、やはり音が澄んで空間性が出てる。こっちに慣れてしまうと、CDの音がガサついて聴こえてしまうのだ。このTelarcレーベル、クラシック録音のSACDも扱ってますね。
このリラックスしながら実力を発揮する彼のスタイル、つい聞き流しそうで為になる部分がたくさんある気がします。



どういう訳か、ピザレリを記事にしかけると、拙宅で断片的に記してきたバンド絡みの元マスターを思い出す。数十年来の顔見知りだっただけに、関りを続けるかどうか悩んだものだったが、どうやらあちらは一年も前に関東に移住したらしい。恐らく学友などには挨拶して行ったのだろう。実名で活動しているはずだったよな、と久々に検索してみると、"ぼくは演奏がうまい"と自画自賛しており相変わらず自信満々だ。演奏動画もアップされていたが、1年で5-6回くらいしか再生カウントされていない。数の問題ではけして実力は測れないものの、バー経営の頃と同じ思い込みを繰り返しているような気がしてしまう。

彼がバーを開く以前、彼の行きつけのライヴバーでゲスト出演しないかと声掛けられた事があった。2-3曲分の持ち時間をくれたので弾き歌いの練習して行った。すると本番直後、お客さん達に向かって彼が何故かぼくを指差し「こいつ、退職後で時間があります。」と言い放ったのだ。
えっ???と固まってしまった。場も一斉にぼくを振り向く。何故、今、ここでそんなこと言うの?とピンと来ないまま、その場はなんとか流して、後のメールやり取りで「なんであんなこと、わざわざ人前でいうわけ?」と訊いてみたら、「いや、なんとなく」と濁されてしまった。
この件についてよくよく出来事を思い出してみると、どう考えてもこちらが、奴の予想以上に練習してきたもので、引き立て役にするつもりだったのが思惑が外れたからではないか?としか結論が出ない。実際、中盤にぼくに演らせた後、もう一度、奴の出番が控えてた筈だったのが、予定曲を急遽外して終了してしまった。
いずれにせよ、共演者を脅かすほどの演奏など出来ていない自覚はあったので、どのような真相でも構わないが、この時、(もしかしてこいつ、人間ちっさい?)という疑いが芽生えた。
その後のバー通いの付き合いで、確信は増した。奴は音楽より世話してくれる女を見つけるのがうまい。
2019/05/14

さよならドリス・デイさん

water190512
FUJIFILM X-T30 Carl Zeiss Touit 1.8/32 X-mount 2019.05

ドリス・デイが亡くなった。もうかなりのお歳だったし、時々思い出しては今ごろ動物を愛でてるのかな、と浮かべたりしてた。奇しくもアンドレ・プレヴィンも今年亡くなっている。
二人が共演を果たした1961年録音盤『デュエット』は、拙宅にて随分前に取り上げた。ほぼ全編、プレヴィンのピアノに、ドリスのヴォーカルのみ。他に数曲、ドラムスとベースを加えたトリオでのバッキング。泣き別れステレオになっていて、右からドリス、左からプレヴィン。



'50-'60年代頃のドリスから入ったぼくにとって、後にエル・スール絡みで知った蒲田氏の、ドリス・デイは初期がいい、'60年代以降は全然ダメ(うろ憶え)、というブログ記述にショックを受けたが、遡って'40年代の彼女をよくよく聴くと納得。これはどの歌手にも言えることだが、キャリアの長いシンガーほど、後年のベテラン域の歌唱より、初期の清廉さがかえってイキイキと際立って聴こえる。喉も荒れていないしね。
シナトラなどもそうだが、エンタメ性とともに貫禄づいてはいくのだが、トミー・ドーシーのトロンボーンから歌を教わった、あの初期が抑制がきいて上品だった。ペギー・リーもグッドマンとの'40年代が良かったように。

それでも、このドリスとプレヴィンとの本盤、多忙な二人が合間を縫って、密やかな逢瀬を味わうかのようなセッションで、いつまでも記憶にしみつく。歌唱もむろん悪いわけはなく、チャーミングな歌い口で、プレヴィンのバックアップも美しい。

▼Close Your Eyes
https://youtu.be/xnw5143wwnw
2019/05/12

P.S. ミスター・コール

rose190511
FUJIFILM X-T30 XF56mmF1.2 R 2019.05

週末、再び長居植物園を訪れ、ポピーとバラを中心に撮影してきた。ポピーは風に翻りやすいので、タイミングを狙わないと、ヒラヒラと薄っぺらいワケのわからない写りをする。逆にバラは、ボタン同様、デカくてこれはこれで難しい。何を主役にするか考えながらあれこれ試みる。

この日、森の中で結婚式を挙げていた。園内でこんなこともやるんだ。日本人女性と白人男性のカップルで、通りがかった入場客も微笑ましそうに見つめている。
これがもし、女性同士や男性同士なら周囲は・・・、と想像してみるが。台湾は今月からだっけ?
【追記:まぁ、関西ではまだこういう次元ですから。ゲストコメンテーターの苦言によってニュースになったのがまだ救いか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000019-asahi-soci



引き続きピザレリをDeezerで。こちらコール・ポーター作品を取り上げた『P.S. Mr. Cole』(1999)。ピザレリのヴォーカル&ギター、ピアノ、ベース、ドラムスの編成。オマケにピザレリが一人ビーチボーイズなんてやってる。
このアルバムの前に『Dear Mr. Cole』が1994年に発売されていて、そちらは先日、中古CDで入手してみた。いずれもRCAからのリリースで録音時期も集中しているようだ。
ディスクで聴く『Dear・・・』は、ウチのオーディオではベースの音量が強調され過ぎて、ヴォーカルが霞んでしまうので、内容以前にちょっと失敗だったかな、と。
いっぽう『P.S.・・・』は、バランス良いので、この2作品はどうやらストリーミングで聴くほうが適当。演奏はリラックスしていて、ピザレリのヴォーカルは、やや音程が気にかかる箇所はあるものの、けして歌唱力を見せつけるような嫌味はなく、男性性をことさら強調しない、むしろ中性的な声質に好感が持てる。張り上げて振り向かせる、なんてあざとさは無い。音楽性と語り口で聴かせるのだ。