FC2ブログ
2019/04/15

ファルセット涼やかに

night190414
FUJIFILM X-Pro2 XF23mmF1.4 R 2019.03

CTスキャンの結果、投薬治療(抗生物質)で済みそう。ホッとした。てっきり鼻茸(ポリープ)でもできてるかと。いろいろ悩みある中、一つだけ片付いた気分。思ったより膿の量が少なく写っていたのは、これまでに相当自力で排膿してきたからだと思う。
結果を知れば、なんだもっと早く診てもらえば、といつも思う。しかも過去に手術してくれたその先生、偶然、ウチの目と鼻の先に数年前に開業出講してるんだよね。CTスキャンは大病院にあるからと、再び辺鄙なそちらまで電車・タクシー乗り付けて行ったが、以降は、自宅のすぐ傍で診てもらえる。同じ先生なのに紹介状を行き来させるという。

副鼻腔炎は風邪に伴いやすいから、リアルタイム検索すると他人の悩みもいっぱい出てくる。ネットはこういうとこ助かる。昔なら『家庭の医学』が頼みだったが、そこには同じ悩みを抱える他人の現況には触れられていない。
去年、「生活時間帯が合わないねー」と、一回こっきりのデートで終わった相手、以降たまにメールやり取りしていたが、ある時期からプッツリ途切れ、まぁそういうもんさと割り切っていたら、どうやらギックリ腰で一か月ほど辛かったそうだ。独り暮らしで困ったが、動けぬ間、ネットで調べまくってなんとか対処できた、と。



抗アレルギー薬で倦怠、生活もうガタガタよ。そんな時だから、こういう個性が出すぎないヴォーカルが合うのかも。ジェーン・モンハイトの『Surrender』(2008)。以前から試聴してはいた人ですが、少しずつ慣れて好意的になってきた。『ホーム』(2010)というアルバムで以前初めて拙記事にしました。
「ムーン・リヴァー」良し、ボッサ・ノーヴァ系のシンコペーションも良し、ファルセットの比重高い力の抜けたフレージングは涼やかで、夏ごろにまた聴き直してみたくなりそうです。
2019/04/04

Tempo Di Chet

april190403
FUJIFILM X-T30 XF23mmF1.4 R 2019.03

チェット・ベイカーを聴いていたら、Deezerが現代トリオによるアルバムを薦めてきました。Paolo Fresu, Dino Rubino, Marco Bardosciaによる『Tempo Di Chet』(2018)。



ふるい録音ばかり聴いてたせいもあって、まずこの音の響きの豊かさが新鮮。しっかり弾力があって疲れない、単にピカピカの最新録音だけでない、豊かさを感じた。
このトリオ、ネットでザッと検索したところ、日本語の出典は見つかりそうもない。デジタル・アイテムの取り扱いが国内Amazonではある。
チェットのトリビュート・アルバムの趣向でしょう、チェットのオリジナル録音との比較まで出来ないぼくですが、何も考えずに何度もリピートしました。
演奏側の立場でも、あれこれ考えながら弾いてるようじゃ、お客さんには通じないはず。緊張を超えて盤石に届けるためには、繰り返しリハしないと。なんて、そろそろ自分を戒めるか。
2019/03/28

アリソン

tubaki190327
FUJIFILM X-T30 XF56mmF1.2 R 2019.03

昨日、試し撮り(いつも試し撮りですけどね)に外出した揺り返しがちゃっかりきて悶絶の一日。腸の調子も悪い。次に撮りに出かけられるまではマニュアル読んで過ごすしかない。
そのX-T30はAFも速くなって、昨日撮った野良猫ちゃん、たぶん間に合わないだろうと思いつつ…、だったのだが、後でチェックすると全部ピントきてた。画質も明らかに良いし、これは従来のPro2、持ち出さなくなるかなぁ。プロじゃないからサブで待機させる必要もないし。



ジョン・ピザレリ『ダブル・エクスポージャー』(2012)。リッチな編成でいつものピザレリのやんちゃで正統派のヴォーカルがリラックスして楽しめる。
わりと最近、ビートルズ・カヴァー集も出してるが、ビートルズのファンあたりが食い足りないというレビューを書いてる。が、どだいジャンルが違う訳で。聴く側が、聴き方を切り替えないと。演奏側は自分の決めた音楽ジャンルしか進めないけど、聴くだけなら、いろいろ受け入れるアンテナ持たないとねぇ。
でも、この人の場合、ぼくは聴いててシンコペーションのリズムが一番マッチしているように感じる。いっそボッサ・ノーヴァ歌手になっちゃっても良いんじゃないか。
2019/03/26

チェットのセクステット

kao190325
Panasonic DC-G9 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2018.07

X-T30が明日届く。これで自分の中の平成は終わった(?)。候補だったGRⅢは、フジを既に使ってる者としては飛びつきにくかったのと、ファインダーに慣れてきた頃なので、今更無いのは辛いかと。軽量は何よりだが、撮りに行く日はがっつりカメラだけ背負って出かけるので、あそこまでスリムな必要なし。荷物の多い会社帰りの人向きかと。
他にライカQ2は、どだい入手不可能な価格帯だが、カメラ屋の作例を見てあんまり心動かなかった。やっぱりフィルムのほうが断然味がある感じ。これはメーカーに拘わらず言えることなのだろうけど。
パナはマイクロフォーサーズの新機を出すんだね。G8後継機だとか。G9よりこちらが先に出てくれたら買ってたかもね。S1Rは高嶺の花でいいや。



ヤマハからもらったDeezerの3ヶ月トライアルコード、利用時に入力すると無効扱いにされてしまうので、別途問い合わせ。日本語の解読に時間がかかったのか、数日経って"コード番号とヤマハ機器のレシートの画像を送ってくれ"とのこと。面倒はかかったが、無事有効となった。
ふと聴いてみたのはチェット・ベイカー『Chet Baker Sextet』。1950年代録音だそう。なんとなく編成的に自分好みかと思って拾ったのだが、当たった。ディスコグラフィの中では、比較的地味な位置にいるみたいだが。
今こんな体調だけに、先鋭的な演奏を聴きたくないので、このほのぼの感は体質的にも合う。管同士の聴き合いが好き。ヴォーカル・トラックさえなけりゃ、チェットのアルバムは何でもイケそうな気がしてきた。
2019/03/24

現在メンバーによるクリスマス

dotonbori190323
Panasonic DC-G9 M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 2018.12

やっぱりX-T30買うことに。どうも花粉症期の外出不可能な状態の時に、衝動買いしてしまう。近日に届く筈だけど、いつ撮りに行けるのやら。しばらくそのカメラ眺めてますか? それとも開封の儀でもねちっこく記事にしますか? 馬鹿じゃないの、自分w
昨日、ほんの半日だけ6000円くらい下がってた時にポチッ。現在はまた値上がりしてるようだ。相変わらず実機も触らずの即決。
これでフジはX-Pro2との2台体制となるが、上位モデルに当たるPro2より、最新だけにスペックが上回るのが魅力だ。特にフィルムシミュレーションのエテルナと、チルト液晶が地味に嬉しい。もし、Pro3が出ても、この固定液晶のポリシーは変えないのではないか、と予想するので、植物撮りが多い自分には、いずれローアングルは必要なんだね。画素数は数百万上がるが、自分には判らないだろうね。
それで、新モデルを手に入れてしまうと、旧モデルを放置してしまうのではないか?との懸念があるが、手持ちフジノンレンズで最も重くて嵩張る80mmマクロに、X-T30はバランス悪そうだし、センサー新旧の味わいの違いもあるかもしれないから、Pro2は多分残しておくでしょう。これでPro3は出ても当分買わないと思う。いや、買わないようにしなければw



フォー・フレッシュメンは、メンバーが代替わりしてもハズレなし。現在メンバー(既に入れ替わりあるかもしれない)による近作のクリスマス・アルバム『Snowfall』(2007)も抑えた編成で控えめながら絶品だ。
どの名曲も名唱。特に「Have Yourself A Merry Little Christmas」は、ぜひ聴いてみて。4人のハーモニーが沁み入るラスト曲。
Amazonでは廃盤のためかMP3はあるがディスク取り扱いなし。こういう時、Deezerが強味を発揮する。