ポール・ウィンター・ミーツ

momiji171116
Panasonic DMC-G8 LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. 2017.11

ウチのベランダの真下の駐車場での、パン職人の喫煙は強制的に止めさせる事ができないそうなので、結局こちらが妥協して、洗濯物は部屋干し中心に変えた。せめて夜から朝にかけて外に干しっぱなしにしたいところだが、朝5時台からもう階下でスパスパやってるから、直前に起きて取り込めない。このために乾燥機を買ってまで、ってのも口惜しいし。

上階の足音の件は、やっと治まった。管理会社からの貼り紙程度じゃ効果無いから、おたくの生活時間帯は把握してるよ、よって留守時間帯もね、と暗に知らせるための、あるサインを送ってみたら、少し効いたみたい。一人暮らしの盲点だね。



ポール・ウィンター・セクステット『ジャズ・ミーツ・ザ・ボサノヴァ』。これもLP盤で聴くと、コンガの抜けが気持ち良さそう。ソニーの紙ジャケ再発時の宣伝によれば、
【若手有望株として売り出し中だったポール・ウィンターが、アメリカ国務省の音楽文化交流使節としてブラジルを訪れ、そこで新しい音楽「ボサノヴァ」と出会い圧倒的な衝撃を受けて帰国したのち、その興奮冷めやらぬまま一気に録音したといういわくつきの1枚。より内省的で純文学的なボサノヴァ作品を生み出していくその後のキャリアの契機となった記念碑的作品。本作ではブラジル音楽との出会いに対する初々しい喜びに溢れ、軽やかに踊るようなジャズ・サンバのリズムを聴かせている。1962年作品。】

ディスコグラフィを把握していないが、後に"より内省的で純文学的なボサノヴァ"に取り組んだのが、カルロス・リラとの共同アルバムあたりか。となると、この盤が最も絢爛たるラテン・ジャズの爆発的瞬間を記録した作品にあたるのだろうか。

止まらないフォー・フレッシュメン

spiral171114
Panasonic DMC-G8 LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH. 2017.11

オーストラリアでの郵便投票による同性婚の可否について、多数支持により年内実現を目指すそうです。めでたいね(それでも、まだ3割不支持なのか) 。アイルランドなんてあんな小さい、敬虔なカトリック国なのに、あんなに早くに賛成されて、ぼくはアイルランドを直に旅したけど、ほんとド田舎だよ。家族愛の思想からだろうか。台湾も進んでるし、もはや島国=閉鎖社会なんて当てはまるのは、某国だけ?

ぼくはリアルでこの関連の話題をしたことがあまり無いんですが、かつてバンドを一緒にやって、後に音楽バーを立ち上げた男友達のマスターが、接客中、新顔の客に、かつて僕らの共通のバンド仲間で、楽器担当の奴にゲイ疑惑があったと、笑い話のネタに喋り出した。
「なっ?」と同調を求めるかのように、マスターはぼくに振ってきたのだが、今は付き合いが無いとはいえ、お互い関わった仲間のことを他人に軽口で話題にするシチュエーションにどうも居たたまれず、ムッとしてた。その後にマスターから不快にさせたと詫びメールが届いた。「ぼくは君のようにフラットに物事を見ることができないから」と。

いや、別に受け入れられない事も、その人の自由なんだからいいんじゃないの? ただ、アンタに初めてギター講師の口をくれたのは彼でしょうが。結局、ビジネス上で折り合わなくなり、袂をわけたとしても、相手をホモと馬鹿にしつつ、ご自分はその後も、資格もキャリアも無いまま、ちゃっかりギター講師の肩書きだけは使い回して(拍子の違いも分からずに!)、いい気なもんだと、ちょっと思ったね。

マスターは来店する若い女性で、化粧が濃い子には、「もっと薄いほうがいい」と言うんだと。ぼくに言わせれば、それ気持ち悪い。付き合う相手にだけ言えば?と思う。
こないだの倉本ドラマで、「君の化粧を施さない、深い皺こそが女性の美しさなんだ」という女性の本質を見出だす男の純なシーンが繰り返し描かれたが、そんなの人それぞれじゃない? 認知症予防に化粧やおしゃれを促進する日を設ける施設があると、現実に観たことがあるし、高齢者ドラマだと、尚更いろんな観点があった筈なのに、押しつけがましかったねぇ。持ってた理論社の倉本全集、全部捨てたくなったわ。



フォー・フレッシュメンは、録音点数が膨大なので、2枚組コンピだけ買って締めようかと計画していたが、一枚モノのオリジナル盤を試聴すれば、コンピに入ってない名唱がザクザク出てくる。ブライアン・ウィルソンは、このグループから影響を受けたらしいが、オリジナルの新しいポップスの生産を強いられたビーチボーイズより、フォー・フレッシュメンのスタンダードの山を聴き漁るほうが、今のぼくには充実している。これは、コンピから入るかバラから入るか、悩みますねぇ。

▼Polka Dots and Moonbeams
https://youtu.be/Z6nnlRdPSf8

From Paris to Rio

wine171106
FUJIFILM X-Pro2 Lensbaby Composer Pro II with Sweet 50 50mm F2.5 2017.11

カーリン・アリソンというシンガーを初めて聴いた。グラミー・ノミネートの実力派だそうです。



動機は、やはりボッサ・ノーヴァ。ジョアン・ジルベルトの歌唱で親しんだ「O Barquinho」を検索、他の様々な歌手で連続試聴。ナラ・レオンは手が伸びそうで、ちょっと趣味が違うなぁと思いながら、次に出てきたのが彼女。
ちょうどこの曲、「男と女」と雰囲気似てない?など思っていたところ、収録アルバムもいかにもなタイトルで、これはいけるかもと一通り聴いてみた。

声質は一言で表すならハスキー&キュートといったところか。フレンチらしいデカダンスも表現しつつ、よく弾んで本質的に歌うたいの明るさを持ってる人みたいだ。大好きなアコもフィーチャーされてるし、ハリス・アレクシーウが歌ってた曲も取り上げてる。ラストは映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のモリコーネ作品に英詞を付けたもの。

▼O Barquinho
https://youtu.be/jRoRiCLve_c

We'll Be Together Again

konchiin171029
FUJIFILM X-Pro2 XF10-24mmF4 R OIS 2017.10

お寺さん回りは、結構拝観料がかかるねぇ。京都のことは知らないくせに距離感的にあんまり遠出の実感が湧かないもので、ふだんの渋ちん感覚に囚われる。それに内部撮影禁止箇所が予想以上に多い。



フォー・フレッシュメンの48曲入りコンピレーションをSpotify試聴。盛大にシャッフルしまくって、ボーッといつまでも聴いていたいジャズ・ハーモニー。彼らの廉価コンピは、このジャスミン・レコードか、リアル・ゴーンのシリーズあたりがCD入手しやすそうです。金欠のぼくが、年末までに唯一買うとするならこのグループが最優先かな。

https://youtu.be/vXqXxxEm0qw

シナトラ&ジョビン

port171024
Panasonic DMC-G8 LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 2017.09

先日の夜中の暴風雨にガラス戸を少し開けると、草木の青い匂いが鼻をついた。街なかの住宅街が自然に還されていくようだった。初めて避難所が何処かネットで確認しようとしたが、この辺りの住所に未だ疎く、一覧を見ても最寄りが何処なのか分からずじまい。



ピザレリのヴォーカルは、ボッサ・ノーヴァのリズムが合う。新作『Sinatra & Jobim at 50』はSpotifyでは2曲しか聴けないが、Youtubeで全曲聴けてしまった。
タイトル通り、ジョビンの名曲とシナトラの名唱で知られるジャズ・スタンダードで構成されているようだ。プロデュースはピザレリ本人、共同プロデュースにバック・ヴォーカルも務めるジェシカ・モラスキー。

例のアルバム『Bossa Nova』がヘビロテの域に達しつつあるので、思い入れついでにもう一枚買うなら、この新作かな、などと思案中。ピザレリ自身『Bossa Nova』はお気に入りのようで、いつか自身の手で再トライしたい想いがあったりしたのかな。

▼フル試聴可
https://youtu.be/bo4tCEKs_uk

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示