初めてのディノ

izakaya170225

カラー撮影が上手くいかないと、モノクロ変換したりして表現を試してみるのですが、モノクロってほんとはそんな安直に捉えてはいけないんだろうね。モノクロの極意が解る日がいつか来るだろうか。



ディーン・マーティンの歌声のイメージは大体知ってたつもりですが、ちゃんと耳を傾けるのは初めて。『Like Never Before』(1961)を試聴。
この人、俳優のイメージが強かったが、もともと歌手から始まったのですね。Wikiにある通り、ビング・クロスビーの影響はありそう。ルックスほどの男臭い歌い口は感じさせず、メロディの魅力を実直に伝える。俳優にありがちな"雰囲気上手"では終わらない、クルーナーならではの美しいフレージングだ。

こういう甘いヴォーカル、今なら誰が聴かせてくれる? 最近の音楽は武装しすぎ、などとボヤき始めたら年寄り? いえ、いつどこに生まれ付いても、この年代のポピュラーは好んで聴いたと思います。

英国トラッドの横溢

key170225

Spotify再契約。少し更新が軽快になるかな。今年は珍しくCDを1点しか購入してません。レンズにかかってしまって・・・。CD買わない年にしてみるのもいいかなと思ってる。手持ちを整理しつつSpotifyで情報を仕入れる、と。



英国トラッド・シンガー、シャーリー・コリンズの新作『Lodestar』(2016)が出たと知り、早速試聴。
なんでも彼女のドキュメンタリー・フィルムの制作がなされたそうで、当初は伝説と化した彼女の足跡を辿る予定だったそうですが、新譜のレコーディングが久々に始まり、ドキュメンタリーもそちらへ方向転換したとか。何十年ぶりかの録音じゃないでしょうか?

さすがに加齢は隠せないシンギングで、若い頃の音源を知らずに、本作から聴いた人は首を傾げるかもしれない。が、たとえばアイリッシュ・トラッドの女王、ドロレス・ケーンがアルコールで不調をきたしたのとは違い、自然な老齢のシンギングの印象で、曲が進むにつれて、没入できる。ツボを押さえたバッキングもいい。浮遊感があるのに根を下ろしている、この感じは、やはり唯一無二の存在なのだ。

ゲルギエフのラヴェル

lamp170223

この写真は、ある料亭の前で。木に吊られた和灯の撮影は、光量差があって難しかった。3個だけでは何処か物足りない感じがしたので、右下端にもう一つ貼り付けた。



LSOのライヴシリーズSACDは、うちの環境では良く響かない、と過去記事に書きました。この盤、『ダフニスとクロエ』全曲、ボレロ、亡き王女のためのパヴァーヌ ゲルギエフ&ロンドン交響楽団、も記事にすることないまま、最後にもう一度聴いてから、中古に出そうかと思って流したら、、良かった。
少しドライ目のホールトーンに長い間馴染めなかったのだが、オーセンティックかつ情熱的な指揮が、新録音により購入当時よりダイレクトに届いた。

曲目は、
ラヴェル:
1. バレエ音楽『ダフニスとクロエ』全曲
2. ボレロ
3. 亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェルはクリュイタンスやモントゥーの印象が強いが、ラヴェルの管弦曲をSACDで聴ける録音はまだまだ限られるだけに、やはり手放せない。ラヴェルの管弦曲自体、作品点数が限られるが、どれだけの人々の記憶に刻まれていくことだろう。

シンフォニック・コンサートのダイジェスト映像

ume170221

今までほとんどjpegの撮って出し画像をアップしてたのだけど、初めてRAW現像ソフトを使用。きめ細かい補正が利くので、いろいろパターンがありすぎて悩ましいが楽しい。今や、カメラボディ側で撮った後から、フォーカス修正を変更したり出来る機種も出て、ほんとに時代は変わった。シャッターを切る一秒前の画も記録できるなんて、どういう仕組みなんだろう。これを進化と呼ぶのに抵抗のある御仁もいるのだろうね。
でも、少なくとも現像依頼しないで済むのはいい。初めての一眼で、夜景撮影に失敗した件、過去に書いたが、当時、現像出来を受け取りに行った時、苦々しい顔で写真を渡された。すると、傍に座って居た常連らしき客から「店主に撮影の仕方、教えてもらえ」と、いきなり横から言われ、気分悪かった。たぶん撮った写真を見せたのだろう。今では、個人管理できるようになって良かったと思う。



大貫さんの、例のビデオ作品のダイジェストが一部ですが出ました。このポニキャニの一連のジャケ・デザイン、これで最後にしてほしいな。オリジナル新作からは変わるだろうけど。
ヴォーカル処理をどうするか注目していたのだが、動画で聴く時点では、やはりホールトーンを吸わせた、柔らかな音場の空気を含んだミックスになってる。
いわば、通常のポップスのようなリップノイズまで聴こえるようなキレキレのミックスではないだろうと予想していた。バックが重厚だからね。千住氏の編曲の全貌も知りたいし、これはやはり"買い"ですね。

拍子の習い

bridal2

ワールド系サイトで知ったのだけど、Everson Moraes, Aquiles Moraes & Leonardo Mirandaの『Irineu de Almeida e o Oficleide 100 Anos Depois』が昨年のMM誌のラテン部門で年間ベスト2に選ばれたんだってね。納得。

蒸し返すようだが、このアルバムについて、音楽バーでバカにされたんだよね。変な音楽、とマスターに拍子抜けしたように肩を落とされたシーンを憶えている。
確かこのアルバムの話題をしてる際、マスターが2拍子と4拍子の違いが解らないと言い出した。えっ、今更なにを?と、こっちが拍子抜けした。
拍子の違いも解らずに、小遣稼ぎにギターを教えて金取ってたのか、と驚かされたものだった。
しかし、拍子について明確に認識出来ていないと、音楽が理解できないものだろうか? このラテン音楽を、拍子など特に気にせず、自然に魅かれた人は、沢山いるはず。アマチュア界では自ら演奏実践する人が、聴くだけの人よりも解ってない、というケースはあり得ると思う。

実際、生徒から2拍子と4拍子の違いの説明を求められたら何と答えるつもりだろう? 「同じと考えてよろしい」と答えるのか? あるいは「自分のフィーリングを信じていればよろしい」とか尤もらしく? 8分の6と4分の3の違いを訊かれても、「2で割ったら同じだよ」と答えていたら、恐ろしい。
もし、人から音楽を教えてくれる知り合い紹介を頼まれたら、ネットで探すほうがまだいい、とアドバイスするね。顔見知りであることが、けして信用に結びつくとは限らない例だ。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示