スルーしていたチェット

tenpo70918
Panasonic DMC-G8 LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 2017.09

ジョアン・ジルベルトが歌ってた「エステート」、この曲をチェット・ベイカーが吹いているアルバムをSpotifyで探したが見当たらないので、ついでにチェットの他アルバムを、ジャケの雰囲気から選んでみた。『Someday My Prince Will Come』(1979)。



チェットは、かの名盤の歌唱が苦手で、受け付けないと彼自身のペットもろくに聴かず遠ざかったままでした。今般、聴くとすごいテクニック! 拍手が後から入ってライヴだと知る。ぼくの場合、インストは優先的に聴かないだけに、録音の感触に大きく左右されやすいのだが、ほとんど残響が入らないこの乾いたアンサンブルが好感触。

緊密な演奏だが、どこかほのぼのしたスムーズなイメージ。まぁ、どの演奏家もそうだが、とりわけチェットには独りでひたすら練習する絵が浮かぶ。
あああ、終盤で1曲歌っているのね。このヴォーカルにはどうも馴染めないが、このペットとのバランスが彼の芸風なのだ。

ジャズ・ヴォーカルに探す面影

hagi170915
Panasonic DMC-G8 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 2017.09

イリアーヌ・イリアスを調べていると、かつてやり取りした事のあるブロガーさんが、似たタイプとしてジャズとボッサ・ノーヴァをアルバム収録したシンガーを紹介する記事が見つかった。更新が途絶えたブロガーさんの消息は知れず。サスキア・ブルーイン『Step Inside Love』(2009)。

記事によればオランダ生まれのイギリス在住、なるほどイリアーヌの影響といわれれば頷ける。Spotify試聴で思わず音量を上げる。バンドとストリングスのアレンジも申し分ない。ヴォーカルは、ややハスキー&シルキー。優しい安定した歌い口。



しかし、ぼくの脳内ではコンテンポラリーな女性ジャズ・ヴォーカルといえば、常にカーリー・サイモンが回っている。カーリーはジャズ歌手では無いし、けして抜群に上手いというわけでは無いが、フィーリングが豊かで印象が強い。
イリアーヌのブラジリアン・アルバムを聴いた時と同じく、このアルバムを聴きながら、一方でカーリーの節回しをイメージしてしまったり。人生のアップ・ダウンまで反映させたようなスタンダードには、そうそう巡り合えないということか。

https://youtu.be/JVsw-IOfghU

メランコリック・カントリー

ame170914
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF2 R WR 2017.07

どこで見つけたか、ノスタルジックなジャケに惹かれて試聴。ニコール・アトキンス『GOODNIGHT RHONDA LEE』(2017)。
日本でもよく知られた人? 全く先入観無しで触れたところ、(ポップ)カントリーだった。コンテンポラリーな味付けもしつつ、エフェクトが素直で、ヴォーカルとバランスのいいオーセンティックなバンド・サウンド。
きっと本国ではアイドル的な存在でもあるのだろう(でもキャリアは長そう)。とても聴き易く、久々に音楽で寛いでいる。



https://youtu.be/_6G5UpbYre8

伊達選手の引退試合

ominaesi170912
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF1.4 R 2017.08

有明で行われているジャパン ウィメンズオープン、伊達公子選手の対クルニッツ(セルビア)戦をTV中継で観戦。これに勝たなければ、引退試合となる。雨による遅延が再々続き、ようやく開始。
ぼくは初期の全盛期の彼女の活躍については、もちろんニュースでは知っていたが、そのころまだテニスに関心が無かった。復帰以降のウィンブルドンでのセリーナ戦などの活躍が思い出される。セリーナには負けたが、本戦でまた戦えること自体すごいと感嘆したものだった。

今試合、膝の手術明けの彼女のプレーを久々に観られたが、フィジカルが落ちたなぁ、というのが率直な感想。自身、インタビューでも答えていたが、振られるともう足が追い付かない。まさかのダブル・ベーグル。1ゲームも取得できなかった。サーブは決意のきっかけとなった右肩の故障にしては、かなり調整してきたようだったが。
それでも幾つか、彼女らしいポイントを観ることはできた。観客は、初期からのファンが多く駆け付けたことだろう、暖かい声援が続いた。加齢と怪我によるフィジカルの低下に反し、彼女が自身、語ったように、復帰後のほうがメンタルは充実し、よりテニスを愛しているのが伝わった。

試合直後、若いクルニッチが伊達選手に敬意を表して、ヘッドバンドを取り去り、日本式に深々一礼したのが、とても印象的だった。彼女は、往年のトップ・プレイヤー相手に手を抜くことなく、伊達選手を下した。この後、現役・引退選手の仲間がセレモニーに揃い、スポーツマンシップらしい笑顔で抱き合い、ときおり万感の思いに涙しつつ、伊達選手は女性が活躍できるスポーツとして力説もした。挨拶後、数々の人々とハグを交わし、虹をバックに、彼女はコートを去った。

『やすらぎ・・・』のインタビュー記事

kao170911
FUJIFILM X-Pro2 XF35mmF2 R WR 2017.06

畳が擦り減って荒れているのが白黒でも分かりますね。もうちょっとトリミングしても良かったけど、猫よりもサーキュレーターが目立ってしまうのでこのままに。

数ヶ月前から断続的に始まった蓄膿の排膿は、まだ続いている。明らかに鼻水とは違う異物感があり、疲れた時や、よく眠った後、俯いた拍子に、急に込み上げてくるのだ。
飽和状態だったのだろう、ピーク時のような頭のモヤモヤ感は徐々に薄れ、体が軽くなっていくのが分かる。6.7年かかった。その頭のモヤモヤの原因不明の時期に、タンスの引き出しの高さ位あるような聖書を知人から送られて困惑したのだった。
もちろん信仰はその人の自由ですが、入信するつもりが無いと見てとると態度が急変、先方のTwitterに"心が醜い"と書かれたのには怒った。なんというか、信心深い人の中には、極端な語彙で人を脅かす物言いする。
体調不良の愚痴さえも弱味として付け込まれるものなのか、と他にも参ったのは、姉からの大はしゃぎのメール。何千字も何通も届き、度肝を抜かれた。なるほど、父が死ぬとこういう事態になるのか、と思い知らされた。世間ではよくある話らしいが、それまで何の確執の憶えも無いだけ、ショックだった。結果こそ、蓄膿で済んだが、重篤であってももう気を抜いて打ち明けられない。
兄のほうも不要と感じる人について「あいつ、早よ、死んだらええのに」とポンと言い放つ性分。上ふたりはよく似ている。
逆に上から、重篤の報せがきた場合、心を寄せることができるだろうか?

いよいよクライマックス。老い、認知症、戦争、震災、性犯罪…まで 『やすらぎの郷』はどこに向かうのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimatafuyu/20170911-00075541/

フリーライターによるテレ朝『やすらぎの郷』のプロデューサーへの興味深いインタビュー記事が掲載。やはりあのレイプ・エピソードは反響があったんですね。
視聴者に意図が伝わらなかったのであれば我々の力量不足、とあるが、なにせ登場人物が多い中、限られた若者達の描写があれだったので、特異な立ち方をした感はある。実際、大立ち回りを老優達に演じさせる狙いがあった筈で、それまで悲喜劇を織り交ぜながらも、のんびりと観ていられたものだから、ぼくはこの後の2.3エピソードは上の空で見送ってしまった(佐々木すみ江の暴走あたりまで)。キャラクターへ試練を与える事自体、全く無問題だが、創作のセンスとして意見が分かれるところだろう。
視聴者はよく見ている。"菊村先生は、ハッピーのその後の様子に興味津々で店に集うのに、我が孫のプライバシーに関しては人目を気にして喫茶室を引き揚げ、自室のコテージに孫を閉じ込めるんですね"のツイートに同感。まぁ、出来た老人など居ないのだ。

Pagination

Utility

別宅のご案内

sake moge Flickr(オリジナル写真集)                   ●手さぐりのリボン結び(オリジナル楽曲集)

プロフィール

 シャケ/YASUHISA

Author: シャケ/YASUHISA
男性 昭和40年代生まれ

愛猫カオ(ロシアンブルー)と同居
常にマイブームがないと生きていけない

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示