FC2ブログ
2021/05/11

意外に楽しいツェルニー

近所の騒音を紛らす一環で、今までヘッドホンして弾いてきた電子ピアノの音を、スピーカーから出すことに。楽器を置いている部屋は、四畳にも満たないほどの狭さで、唯一、寝床を敷いた事が無かったが、どうもこの部屋が一番、パン機械音から遠ざかれるようで、いずれテント寝を管理人に止めさせられたら、都度ピアノ椅子を片付けて、この部屋で寝るしかなさそう。

20210510

部屋の片付けをしていると懐かしい譜面が出てくる。『ツェルニー40番練習曲』は、当時から大嫌いで、弾きづらく楽しくない記憶しかなかったが、一応暗譜を強いられただけに、久しぶりに弾き出すと旋律がスルスルと導かれるようで、ああ、こんな曲だったね、などと思い出す。

すっかり指がナマっているが、この一ヶ月、『ハノン教則本』を抜粋して毎日弾いてきたので、左手は比較的対応が良かったように思う。指定通りのテンポじゃ、自分はとても弾けないが。
その『ツェルニー40番...』から18番を選んでみた(画像)。見るからに左手の鍛錬向けで、見開きの最初から最後まで3連符が休みなく続く、対する右手は、簡素な8分音符の連続で、こちらは難しくは無いが、左手に囚われていると、つい弾き忘れてしまっていたり。右手の旋律を意識して弾くなら、ある程度テンポを上げる必要がある。

いかにも左手泣かせで、運指のパターンに慣れた頃、新手のパターンが出現、フェイント噛まされて間違え続出。今取り組んでみても、やっぱりいやらしいわ、と思うが、ただ頑張るしか無かった子供時代よりも、練習の意図を汲みがら曲想を楽しむ心が、年月を経て生まれたかもしれない。いや、余裕は無いんだけど。

巧い方のでどうぞ(Czerny op.299 No.18)
https://youtu.be/jXzzuGwzVq4
2021/05/07

アーティの子守歌

まるで持ちビルのように気取ったパン屋から渡された繰り上がりの勤務予定表は今月いっぱい迄のもので、来月以降の状況次第で、私のテント生活は確定する。既に長期化を見据えて、ポータブル電源も取り寄せ中。これから暑くなるしね。エアコンを点けっぱなしの時期になれば、自身の室外機の音で機械音が紛れるので、その頃には否が応でも室内に戻ると思う。
このところ毎回ブログで愚痴ってて、読者さんに申し訳ないが、獣の唸りのような軋み音を聴いてもらえば、こんなのしょっちゅう聞かされるの?と驚かれると思う。



先日試聴したアート・ガーファンクルのアルバム『レフティー』を、あらためてレンタルしようとしたが無かったので、近年出た2枚組ベスト『ザ・シンガー』を借りてみた。
S&Gの曲は要らないんじゃない?とは思ったけど、ダブリがあってもレンタルならベスト盤は気軽に手を出しやすい。
「Two Sleepy People」が絶品。この曲は今までカーリー・サイモンとジョン・トラボルタのデュエットでしか聴いたことなかった。
「男が女を愛する時」は、アーティのイメージから想像つかなかったが、環境音のようなソフトなアレンジで対応。彼のカラーになっていました。
昔、サンケイホールで観た彼のコンサートが残念な印象だったので、以降のソロ録音を追う事も無くなっていたが、あらためてプロデュースに恵まれた良質な音源群を堪能。

▼Two Sleepy People
https://youtu.be/hatYmfvMUDM
2021/05/05

振り返る旋律

Amazonで購入した一人用テントは、予想以上に気密性が高く、外気をシャットアウトして保温が効く。2日間テント寝してみたが、2日目は気温が下がり、薄着が祟って風邪気味になり、室内に戻ってストーブで温まった。
車通りの喧噪と引き換えになるが、機械音をシャットアウトするなら、この廊下キャンプしか手段が無いのだ。不便なのは、パン屋が出勤してから、テント移動する時に毛布やら引き連れて寝床を敷き直すうちに、目が冴えてしまう。はなから夜通しテント住まいのほうが、通しで眠れるかもしれないが、それでは部屋を借りて家賃を払う意味が・・・。
一応、同じフロアの住人さんで、たまたま出くわした高齢女性には、"こんなところでいきなり寝てて、びっくりされると思いますが、どうぞ無視してください"と挨拶した。矍鑠とされていて、ついでにコロナの話題になり、私が"大阪のコロナ対策は雑だから…"と言いさすと、"そうやで、雑、雑。気ィ付けな"と。この時期の病院通いを避けているそうだ。

20210504

寝場所の試行錯誤で、なけなしの幾つかの部屋を順に回りながら、邪魔な物をどけているうち、乱雑になってしまった。規格の古い機器などを片付けながら、去年末買ったマリア・ジョアン・ピレシュのBOXを流す。
モーツァルトのヴァイオリン・ソナタは、シェリング&ヘブラーのフィリップス録音で親しんできたが、こちらのデュメイ&ピレシュは最近録音とあって、音像がダイナミック。
ケッヘル304番ホ短調のテンポ・ディ・メヌエットが流れると、乍らで聴いてた手が止まる。美しい。

https://youtu.be/RpnojwdkLbA
2021/05/02

10話目の現実

20210501

午前3時にまでパン屋の操業が繰り上がり、機械音のみならず大量の強力粉の搬入でもしてるのか、"ドッスーン"という物音が床下から寝床に響く。こういう事情なので、退避用に使っていたマンション廊下にテントを張ることにした。向かいの空室側までお邪魔することになるが、私のせいではない。先日のGW初日、マンション内での人の往来が増え、廊下で無防備に寝ている私を、皆、怪訝そうに見つめて通るのが分かる。こちらはアイマスクしてぐったりしているから開き直っているが、天井のライトも眩しいし、いっそテント張っちゃえと。この一ヶ月で寝袋やら、アウトドアグッズを一気に買い込んだ。
アウトドアの良い予行演習になるわ、と腐りながらテントを設営始めたところ、説明図ではてんで組み立て方が解らず。ユーザーレビューには素人でも5分で組み立てられた、などと書かれているのに、こちとらさっぱりだ。ただでさえ友達少ないのに、張り方を伝授してくれるようなアウトドア系のリアル知り合いなど無論いない。
途方に暮れていると、ふとYouTubeで、同メーカーの組み立て方法を伝授してくれる一般人の動画を見つけた。これに助けられて、すぐに完成。地中に杭を打ち込めないが、一応自立できるようだ。

画像のみ
20210501(1)

久々のネトフリ契約は一ヶ月で終了。最後に駆け込みでベルギー・ドラマ『警部補ジョアン・ペーテルス』のシーズン1を視聴。
田舎町のサッカー・リーグ所属のアフリカ出身の選手が川で死亡しているのが発見。当初、自殺とみられたが、故郷に戻ってきた主人公警部の鋭い捜査勘によって、他殺が認められる。そして互いがすべて顔見知りである小さな村内の秘密が明らかに・・・。

暗い。とにかく警部補の主人公が過去を背負い、薬物中毒の設定なので表情が暗くてしんどかった。が、とっつきにくそうな村人達のキャラクターが謎を煽って良い。皆、なかなかに愚かしく冷酷で人間臭い描かれ方。
捜査の物語は既に過去のものであり、主人公が誰かを殺して記憶喪失のまま精神病棟でカウンセリングを受けるシーンと交差させながら、エピソード10話目にして経緯が全て明らかになり、ようやくドラマが現在進行形となる。ここまで多少の辛抱を強いられるが、脱落せずに最後まで観ると、結果として見応えはあった。
2021/04/29

遠く離れても

今回の近隣騒音の件で、パン屋と隣り合わせるとこういう事が起こる、と誰かの参考にしてもらえれば良いが、ウチ独特の事情として、彼らが地域ブランドを求めて開店したというのも、状況が悪くなった原因の一つであると思ってる。
高級住宅地で評判を上げ、たった数年で次々、豊中~広尾(東京)と支店を出してきただけの実力はあるのだろう。その矜持が、今さら近所の一住人の申し入れなど寄せ付けなくなっているのだ。元々のオーナーの気質ももちろんある。

問題を放置された状態のまま、当てもなくネット検索していると、やはり近所で有名な老舗のケーキ屋で、創業当初から勤続の職人の談話を見つけた。これが明らかに品格の違いを感じさせる内容で、まず地域密着型であるのが、例のパン屋との大きなスタンスの違い。そういえばあのケーキ屋、名高いのにデパート出店もしてなかったな。
そのケーキ職人は、昭和の高度経済成長期に寮の仲間と寝起きを共にしながら研鑽したという。私の階下では、元ヤン風のパン職人たちが、私が掲げた禁煙プレートに腹を立て、ウチの窓に向かってボロクソ罵る始末。この店の変遷をどう見届けようか。

画像のみ
20210428

38年ぶり共演になるというロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダのNetflix映画『夜が明けるまで』を視聴。互いに伴侶に先立たれた田舎町のご近所同士が、添い寝を提案し性的関係抜きに夜を共に過ごすようになり・・・。

ジェーン・フォンダは同じくネトフリドラマ『グレイス&フランキー』でコメディ演技が楽しめるが、こちらはロマンティック。美しい容姿はそのままに、芝居のトーンが打って変わるのが凄い。ロバート・レッドフォードも歳を取ってもかっこいいが、目の表情が皺で解りづらいシーンも。
二人は結局、孫の世話などで遠距離付き合いとなってしまうが、モバイル機器で夜のひと時は繋がれる。テクノロジーの恩恵は大きい。